GATEN職|建設業界・土木・ガテン系の求人サイト

20代男性が転職成功をするためには?経験から見る確実にいい企業に転職するコツ

20代男性が転職成功をするためには? 20代の転職

20代男性の転職は市場からの需要も高く、また異業種などへの挑戦もしやすい時期と言えます。

しかし20代の働き盛りの男性だからといって、何の目的もなく対策もしないで転職活動を行っても、納得のいく転職にたどり着けません。

その結果、また転職活動に逆戻り…なんてことになっても、転職回数が増えてくるごとに内定を得ることが難しくなるのも事実です。

そこで今回は20代男性にフォーカスを当て、20代男性の転職市場や、転職を成功させるためのコツなどを徹底的に解説をしていきます。

またサイト独自に調査を行い、実際に転職活動経験のある20代男性の体験談なども解説していきます。

21歳で転職するには?ニートやフリーターから正社員になる方法やポイントを解説
  1. 20代男性は本当に転職にいい時期なのか
    1. 転職成功のゴールをどこに置くか
    2. 20代男性としての強みをアピールできるか
    3. 人手不足や市場が拡大しているの業界ほど転職成功する可能性は高い
    4. 資格がなくとも『バイタリティー』で戦えるか
  2. 20代男性の転職には年齢も大きく影響する
  3. 20代前半の転職事情4選
    1. ①第二新卒者枠で転職しやすい
    2. ②社会人になってから身につけたスキルでなくても評価されやすい
    3. ➂未経験の仕事へも転職しやすい
    4. ④キャリアアップの転職は難しい
  4. 20代後半の転職事情4選
    1. ①未経験の仕事への転職は厳しい
    2. ②具体的な実績が求められる
    3. ➂即戦力になるだけのスキルがなければ厳しい
    4. ④キャリアアップが狙いやすい
  5. 20代男性が陥りやすい転職失敗の経験談
    1. 思っていた仕事じゃなかった
    2. よく企業研究をせずに転職してしまう
    3. やめる目的になり、次のステップが明確になっていない
    4. 目先の利益しか考えていない
    5. 前職をやめてから転職活動を始めた
    6. 自分一人で転職活動を進めている
  6. 20代男性の転職は戦略的に進めることが大切
    1. 拡大している業界などに目を向ける
    2. 資格の取得
  7. 20代男性が転職を成功させるためには
    1. 転職をする目的を明確にする
    2. 優先順位を付けておく
    3. キャリアビジョンをしっかり考える
    4. 自分の市場価値を理解する
      1. 市場価値を知るには
    5. 自己分析をしっかりとおこなう
    6. 仕事をつづけながら転職活動を進める
    7. エントリー数を増やす
    8. 転職エージェントなどプロの力を借りる
      1. プロの立場からフィードバックを受けることができる
      2. 企業とのやりとりを代わりに担当してくれる
      3. 独占求人などもチェックができる
  8. 20代男性にオススメの転職エージェント
    1. doda
    2. 第二新卒ならハタラクティブ
    3. Liberty
    4. マイナビエージェント
    5. キャリトレ
    6. リクルートエージェント
  9. 20代男性が転職しやすいお仕事5選
    1. ①営業職
    2. ②運送ドライバー
    3. ➂介護職
    4. ④製造職
    5. ⑤建築業
  10. 20代男性が転職を考えたときによくある質問
    1. 転職するときは何から始めるべき?
    2. 転職サービスは無料で利用できる?
  11. 20代男性の転職活動は戦略的に進めることが大切

20代男性は本当に転職にいい時期なのか

20代男性は本当に転職にいい時期なのか

20代男性は転職にいい時期なのは、本当なのでしょうか。

結論から申しますと、20代男性は転職市場から十分需要があると言えます。

しかし一概に「20代の男性ならどんな職種でも転職成功をすることができる」という訳ではありません。

年齢や経験、業種、異業種からの転職かどうかなど、自分の状況によって大きく異なります。

20歳の転職は難しい?新たなキャリアを築くためのステップガイド

転職成功のゴールをどこに置くか

まずは、転職の成功地点をどこに置くかが大切です。

成功地点が明確でないと、そもそも何をもって転職成功と言えるのかがわかりません。

例えば、下記のようなゴール設定方法があります。

今は契約社員で働いているから、同じような職種で正社員転職を目指す!

結婚するし、同じ条件で完全週休2日制の職場に転職する

上記のように、自分が転職活動を行うにあたり、ゴール地点をどこに置くかを明確にすることが大切です。

20代男性としての強みをアピールできるか

そもそもなぜ、20代の男性が転職市場において需要が高いのかを考えてみましょう。

20代が転職市場において求められる要因として、下記のようなものがあります。

  • 未経験でもポテンシャルでどうにかなる
  • 戦力となる人材を長期的に教育できる

つまり、20代の人材は若い=吸収力がある・元気・ガッツがあるとされています。いわばそういう人材が求められているのです。

確かに若いだけにあぐらをかいているだけでは転職成功に近づくことは難しいですが、20代が求められているポイントをしっかり理解して、アピールすることが大切です。

そういうアピールがしっかりできれば、転職活動も引く手あまたでしょう。

人手不足や市場が拡大しているの業界ほど転職成功する可能性は高い

人材不足や市場が拡大している業界程、転職成功する可能性が高くなります。

20代男性だからといって人気の職種に丸腰で挑んだところで、転職成功となる可能性は低いでしょう。

それでは、人材不足の業界とはどのような業界があるのでしょうか。

  • 飲食
  • 人材
  • 介護
  • 宿泊業界

この辺は、人材不足の業界と言われています。そのため、正社員としての転職を目的とするなら、こういう業界を狙うのも転職成功に近づけると言えるでしょう。

接客業はちょっと…いう人は、拡大している業界を狙うことがおススメです。

例えばIT企業などでは、市場は拡大しているのにも関わらず、そこに人材が追い付いていない業界とも言えます。

そのため、高給を狙えるエンジニア職などでも、未経験OKでの求人が見つかることも多いです。

そういうコアな部分を狙い撃ちしていくことも、20代男性が転職を成功させるための近道と言えます。

資格がなくとも『バイタリティー』で戦えるか

20代男性が転職活動を成功させるためには、バイタリティーで戦える職種であるかも重要なポイントです。

例えば20代男性が既卒から公務員へ転職をする場合、成功率は高いのでしょうか。

すでに合格しているけど、卒業後は民間に就職した、といったようなケースであれば需要はあるでしょう。

しかし全くの未経験で、1から勉強をする場合、少々ハードルが高いことも事実です。

試験合格のための勉強も必要ですし、公務員試験は30歳までしか受けられないため、タイムリミットも刻一刻と近づいています。

そこで未経験でも1から戦える職種を狙い撃ちすることが大切です。

接客業の経験があり対人にそこまで抵抗がない人・ガンガン稼ぎたい人は営業職、コツコツと頑張りたい人はITでエンジニア職など、未経験でも取り組みやすい職種を利用することが大切です。

20代男性の転職には年齢も大きく影響する

20代男性と一括りにしても、実は20代ほど、年齢によって転職の事情が大きく異なります。

20代前半と後半とでは、転職市場から求められるポイントも少しずつ異なるのです。

それぞれのポイントを押さえないと、転職活動が難航するばかりではなく、内定獲得さえも怪しくなります

20代の転職は、その後のキャリアプランや人生にとって大きなターニングポイントです。

確実に20代での転職を成功させるために、20代前半と20代後半の転職事情についてしっかりと押さえてください。

20代の仕事選びで押さえるべきポイントは?何がしたいかわからない人必見!

20代前半の転職事情4選

まずは20代前半の方の転職事情について見ていきましょう。

20代前半の転職者に対しては、年齢的に考えても社会人としての目覚ましい実績は望めません

そのため、企業に対しては違う面からアプローチをかける必要があります。

以上の点を踏まえ、以下に挙げるポイントを見てみましょう。

20代前半の転職事情

  • 第二新卒者枠で転職しやすい
  • 社会人として身につけたスキルでなくても評価されやすい
  • 未経験の仕事へも転職しやすい
  • キャリアアップの転職は難しい

20代前半の転職は若さを活かせば成功しやすい一方、こうした転職事情を把握していないと、思わぬところでつまづきかねません。

せっかくの若さを無駄にしないためにも、それぞれの内容をよく理解して下さい。

20代が転職活動を成功させるには?20代転職でどこに注意しておくべきか

①第二新卒者枠で転職しやすい

20代前半の場合、それこそポテンシャルを重視した需要が高いと言えるでしょう。

年齢的にも第二新卒枠での応募もしやすい環境にあり、穴場の大手求人なども見つけやすいと言えます。

第二新卒とは既卒3年以内の求職者のことを指します。

第二新卒の場合、一回は社会人経験があるケースが多く、社会人としての本当の基礎は出来上がっていることが多いです。

そのため採用後は新卒のようにマナー研修などを行うコストがかからず、実践的な業務レクチャーにすぐに取り掛かることができるため、企業からも需要が高い枠と言えるでしょう。

20代前半の場合、第二新卒枠を駆使することでより納得のいく転職活動に進められる可能性が高いです。

第二新卒の転職で役立つ転職サイト・エージェントランキング

②社会人になってから身につけたスキルでなくても評価されやすい

社会人は、日々の仕事をこなす一方でさまざまなスキルの習得が求められます。

しかし20代前半は、年齢的に考えても社会人経験が充実していないケースがほとんどです。

そのため、企業は学生時代やアルバイト時代など、社会人になる前に身につけたスキルにも関心を寄せます。

社会人経験が習熟しきっていない20代前半の方に対しては、仕事に即時活かせる程のスキルを望むのは難しいため、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなど、年齢にかかわらず習得できるスキルを求めるのです。

したがって、社会人経験が浅いからといって転職を不安に思う必要はありません。

部活動やサークル活動で意識していたことや、アルバイト時代にもっていたこだわりなど、アピールできるものはどんどんアピールしてください。

➂未経験の仕事へも転職しやすい

未経験の仕事に転職しやすいのも、20代の転職事情の1つです。

20代前半の方は社会人経験が浅い一方、体力が充実していた李学習能力が高かったりと、大きなポテンシャルを秘めています。

こうした人材に対しては、企業はコストをかける価値があると判断して、充実した研修を提供してくれるケースが多いのです。

20代前半で未経験の仕事に転職することは大きな挑戦ですが、同時にやりがいも大きいです。

自分の可能性を信じて新たなキャリアを築きたいと考えている方は、ぜひ未経験の仕事への転職も視野に入れましょう。

④キャリアアップの転職は難しい

ここまで20代前半の方の転職事情について解説しましたが、どれも良いものばかりでした。

一方で、キャリアアップを狙った転職は難しい一面もあります。

度々触れている様に、20代前半の方は年長者と比べると社会人経験が乏しいです。

そのため、キャリアアップが狙えるほどの高いスキルや実績が身についていない人もたくさんいます。

実績やキャリアが不十分なうちは、キャリアアップを狙った転職は難しいのです。

20代後半の転職事情4選

次は、20代後半の転職事情です。

20代後半の方の転職シーンでは、30代の方ほどの経験や実績は求められません。

そのため「これまでの経験を生かしてステップアップしたい」という意欲がある場合には、むしろ最適なタイミングと言えます。

ただし、20代後半になると、20代前半~半ばに比べて採用される確率は低下する傾向があります。

スキルや実績が全くない場合、理想に100%合致する職場への転職は厳しいと言わざるを得ません。

以下の項目を見てください。

20代後半の転職事情4選

  1. 未経験の仕事への転職は厳しい
  2. 具体的な実績が求められる
  3. 即戦力になるだけのスキルがなければ厳しい
  4. キャリアアップが狙いやすい

同じ20代という括りであっても、20代前半と20代後半では、押さえるべきポイントや転職の難易度は異なります。
20代後半ならではの注意点や強みをよく理解しましょう。

①未経験の仕事への転職は厳しい

20代後半ともなると、より具体的なスキルを求められます。

3年~4年程度企業での実務経験があるため、より特化したスキルを保有しているケースが高いです。

その上、20代前半でもまだまだ若い枠。

ポテンシャルなども十分に期待でき、ジャンルによってはとても重宝される人材でしょう。

逆に20代後半で未経験のお仕事に挑戦する場合、「30代直前までなにやってたの?」と、普通の企業では敬遠される傾向にあります。

もちろんそこでポテンシャルを前面に押し出したり、挑戦するジャンルを戦略的に決めることも良いでしょう。

②具体的な実績が求められる

20代後半の転職事情の一つとして、具体的な実績の重要性が挙げられます。

これは、20代後半になると社会人経験が充実し、一定の成果を上げることが期待されるためです。

具体的な実績をアピールする際には、これまでの仕事で達成した成果を具体的に説明しましょう。

数値やデータを交えて自身の成果を客観的に示す方法も有効です。

また、転職先でどのように自身の成果を活かし、貢献できるかを明確に伝えることも重要です。

➂即戦力になるだけのスキルがなければ厳しい

20代後半の転職事情の1つとして、即戦力となるスキルの重要性も見逃せません。

採用した人間を一人前の社員に育て上げるには、企業は莫大な費用と時間をかけて研修する必要があります。

20代後半の方に向けてこうした研修を提供するのは、コスト面で不適切と考える企業も少なくありません。

つまり、未経験への転職は20代前半の方と比べるとグンと難易度があがるのです。

確実に内定をゲットするには、即戦力となれるだけのスキルが活かせる職場への転職が無難と言えます。

④キャリアアップが狙いやすい

 

一見するとデメリットばかりにも思える20代後半の転職ですが、一方でキャリアアップの可能性が高まるという点が挙げられます。

これは20代後半になると、社会人経験や専門知識が豊富になり、さらなるスキルや経験を身につけるための土台が整っているからです。

また、20代後半はまだ若く、将来のキャリアパスを模索しやすい時期でもあります。

自分の興味や適性に合った分野に転職することで、より充実したキャリアプランを描けますよ。

20代男性が陥りやすい転職失敗の経験談

20代男性が陥りやすい転職失敗の経験談

20代男性は選択肢が多く、転職成功をしやすいイメージです。

しかしきちんと戦略的に転職活動を進めていかないと、せっかく内定をでたのに転職失敗してしまった…!何てことになりかねません。

それでも20代男性が転職失敗に陥りがちの理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは実際の経験談などを元に、転職失敗にありがちな理由を解説していきます。

  • 思っていた仕事じゃなかった
  • よく企業研究をせずに転職してしまう
  • やめる目的になり、次のステップが明確になっていない
  • 目先の利益しか考えていない
  • 前職をやめてから転職活動を始めた
  • 自分一人で転職活動を進めている
20代が仕事にもとめるものとは?さまざまな調査結果をもとに分析します

思っていた仕事じゃなかった

風通しのいい職場でガンガンキャリアを積み重ねていきたい…!と思って居たのに、思ってた仕事内容と違った…!

上記のように、自分が実際に思い描いていたイメージとギャップがあり、転職失敗してしまった…なんてことも転職失敗によくある理由です。

特に初めての転職活動ということが多い20代の場合、あまり市場がわからず進めてしまった、なんてことも多いのです。

理想の職場に転職できたと思えたのに、あまり上手くいかなかった…なんなら前の職場の方がよかったかも…なんて思ってしまうのは非常にもったいないですよね。

よく企業研究をせずに転職してしまう

よく企業研究を行わずに転職をしてしまったなんてことも20代が転職失敗してしまったと感じる原因にあげられます。

特に異業種への転職となる場合、しっかりと企業研究を行う必要があるでしょう。

よく考えずに転職活動を進めてしまい、蓋を開けてみるとブラックで有名な企業だった…なんてことになりかねません。

少なくとも今後数年は働く企業となるのですから、入社前に慎重に企業研究を行っておくことで、内定後と入社後のギャップを埋めておくことができるでしょう。

失敗をしてしまうたびに転職を繰り返してしまっていたら、その度に時間とお金がかかるだけではありません。

一般的に転職回数が多いと、転職時にあまりいいイメージをもたれないため、できるだけ回数は少なめに留めておきたいところ。

転職失敗のリスクを少しでも回避するためにも、応募する企業の研究はしっかりと行っておくことが大切です。

やめる目的になり、次のステップが明確になっていない

転職の目的スキルアップや環境改善など、次のステップに進むための理由でないと、転職失敗へのリスクが高まります。

やめることが目的となってしまっており、転職自体はその目的遂行のための手段となってしまうと、転職先の条件や環境などは二の次になってしまいます。

そのため前職をやめることは出来ても、新たに入社した会社の条件があまりいいとはいえない環境下だった場合、「やめない方が良かったかも…。」なんてことになりかねないのです。

目先の利益しか考えていない

転職後もしかすると、その企業で一生働き続けるかもしれませんよね。

そうなった場合、今後もその企業で働き続けることを見据えて、転職活動をしなければなりません。

しかし「福利厚生が充実しているから」「週休二日制だから週末は休める!」といったように、目先の利益だけに飛びついて転職を決めてしまうのは、非常に危険です。

福利厚生が充実しているように見えても実は利用自体はしづらい環境だった、週休二日制を土日休みと勘違いをしていた、なんてことになってしまうと、せっかく入社しても「失敗したかもしれない…!」なんてことになりかねません。

もちろん重視したいポイントを決めて転職活動を行うことも大切ですが、他の優先すべきポイントとの兼ね合いや、実際に働き続けることを考慮しながら、しっかりと企業研究を進めていきましょう。

前職をやめてから転職活動を始めた

前職をやめてから転職活動を行うのも、非常に危険なやり方です。

一見すると自分の時間を最大限に転職活動に充てることができるため、退職をしてから行ったほうがいい気もしますよね。

しかし転職活動がそう簡単に進むとは限りません。

転職活動が何カ月も進んでしまうと、その間にも生活費が発生しますし、職務経歴上にもブランクの期間がとても大きくなってしまいます。

とてもリスクが高いため、「転職なんて意気込んだけど、実は判断を誤ってしまったのでは…?」

なんてことになりかねません。

仕事との両立は大変ではありますが、出来れば前職を続けたまま転職活動を進めることをおすすめします。

「仕事が激務で、その上転職活動も並行なんてできないよ…!」

なんてかたは、より戦略的に転職活動を進めていくことが大切。次のトピックで併せて解説を行っているため、併せてチェックしてみて下さい。

自分一人で転職活動を進めている

自分一人で転職活動を進めている場合も、転職失敗のリスクが高まってしまいます。

特に20代での転職活動をなる場合、初めての転職活動の人も多いですよね。

そのため闇雲に活動を進めてしまったり、新卒の就職活動の転職活動と同じノリで進めてしまっては、なかなか思うように進まない…なんてことも。

特に市場がアツい20代こそ、常にアンテナを張りながら同じ時期に転職活動を行っている仲間と話したり、プロの力を借りながら、客観的な意見を取り入れて活動を行うことが大切。

客観的な意見を取り入れることで、より選考に通過しやすくなったりすることも多いです。

20代の転職活動こそ、一人きりではなく色々サポートを受けながら転職活動を進めていき来ましょう。

20代男性の転職は戦略的に進めることが大切

20代男性の転職を成功させるには、転職活動を戦略的に進めることが大切です。

戦略的に進めることで、転職成功確率も高まってきます。

そこでここでは、戦略的に進めるためのポイントを解説していきます。

  • 拡大している業界などに目を向ける
  • 資格を取得する
20代が仕事をがむしゃらにすることで得られることは?メリットデメリットを徹底紹介

拡大している業界などに目を向ける

環境を変えたいけど、業種や職種全然決まらない…。

そんな時は、20代男性でも入りやすい業界などに目をむけることが大切です。

特にITやWEBなどでは事業拡大が進んでいるのにも関わらず、人材が圧倒的に足りていない業界です。

そういった業界に狙いを定めて、転職活動を進めていくこともオススメでしょう。

資格の取得

資格の取得などを行うことも、より良い転職を目指す上では大切です。

資格を持っているだけで選択肢が広がりますし、中には資格手当などが発生することも嬉しいポイントです。

特につぎのステップなどは決まっていない場合、何かしらの資格を取得してから転職に打ち込むことも良いでしょう。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!

20代男性が転職を成功させるためには

20代男性が転職を成功させるためには

20代男性が転職活動を成功させるためには、転職活動を成功させるためのコツを使うことが大切。

そこで今回は、20代の男性の転職活動を成功させるためのコツを解説していきます。

  • 転職をする目的を明確にする
  • 優先順位を付けておく
  • キャリアビジョンをしっかり考える
  • 自分の市場価値を理解する
  • 自己分析をしっかりとおこなう
  • 仕事をつづけながら転職活動を進める
  • エントリー数を増やす
  • プロの力を借りる
20代後半の転職は厳しいってホント?転職成功の秘訣7選を解説!

転職をする目的を明確にする

自分が転職をする目的を、明確にして活動を行いましょう。

これが転職活動の軸となります。

「ただ何となく一回くらい転職してみるか~。」

「今の会社なんとなくあってないし、とにかく今の会社さえ辞められればどこでもいいや~」

というようなテンションで転職活動を進めてしまっても、転職失敗の事例にもあったように「もしかして退職するの、時期早々だったかも…」なんてことになりかねません。

今の会社ではキャリアアップが見込めないから、もう少しスキルを磨きながらキャリアアップを目指せる会社を目指したい。

それなりにポジションも確立して、スキルも磨き続けているけど、どうにも給料が低い。将来的には独立もしたいし、自分の市場価値を上げ続けるためにも、もう少し待遇がいい環境に移りたい。

自分が何を目的をして転職活動を行うのかをあらためて明確にした上で、転職活動を進めていきましょう。

優先順位を付けておく

転職活動の目的がイマイチぶれてきている…。

そんな時は、転職時に自分が優先したい項目を洗いだし、優先順位を付けていきましょう。

例えば一例ですが、下記のように自分の希望を書き出して、そこから優先順位を付けていく、というやり方でも良いでしょう。

  • 家から電車で30分以内
  • 住宅手当が出るか
  • 希望する業種・職種
  • キャリアアップは見込めるか
  • スキルアップのための福利厚生が充実しているか
  • 社内の風通しは良いか

他にもExcel等でチェックシートを作り、気になっている企業をシートのチェックリストに記入していくのも一つの方法です。

A社 B社 C社
家から電車で30分以内 電車15分+徒歩10分 電車40分、駅直結 電車5分+徒歩7分程度
住宅手当が出るか × 勤務地から半径2キロ以内でアリ 定額支給アリ
希望する業種・職種 〇、面談によっては半年間は営業の可能性あり
キャリアアップは見込めるか 要チェック
スキルアップのための福利厚生が充実しているか 資格取得で給料+α アリ※詳しく記載なし 資格補助アリ

優先順位を決めるとより良いですが、いくつかある場合は上記のように表にして、見比べていくこともおススメです。

キャリアビジョンをしっかり考える

自分のキャリアビジョンをしっかりと考えた上で、転職活動を進めていきましょう。

転職をする目的や優先順位に少し重なってくる部分がありますが、この部分が固まっていることで、よりスムーズに転職活動が進みやすくなっていきます。

将来的にどのようになりたいのか、何歳までにどのようなことができるようになっていたいのかなど、今後の自分自身のキャリアについても、一度しっかりと考えてみましょう。

自分の市場価値を理解する

20代男性の転職活動では、自分の市場価値を正しく理解することも大切です。

自分の市場価値を理解せず「今よりも給料が高い会社へ!」「給料も高くて残業なし!完全週休2日制しか無理!」というように理想の高いものばかり並べているのは転職活動を失敗しやすいと言えるでしょう。

そのため自分の市場価値をしっかりと理解した上で、転職活動を進めていくことが大切です。

市場価値を知るには

しかし「市場価値を知る」と言っても、どのような方法で市場価値を判断すれば良いのでしょうか?

方法としては、二つあります。

  • 転職サイトの診断ツールを活用する
  • プロにチェックしてもらう

大手転職サイトのdoda内で利用できる「年収査定」、パソナキャリアの「年収診断・年収査定シュミレーション」などを利用することで、自分の年収が市場ではどのくらいの評価になるのかなどをチェックすることができます。

ひとつの指標として利用することで、企業選びもより効率的に進めることができるでしょう。

他にも、自分の状況をプロも目線からチェックをして貰うことも良いでしょう。

転職エージェントなどでは、これまでの多くの転職支援実績や、各企業との繋がりなどでより正確に市場価値を判断して貰えるでしょう。

より確実に進めていくためには、プロの力を借りることも大切です。

自己分析をしっかりとおこなう

そもそも自分にはどのようなスキルがあって、どのような仕事をしたいと思っているのか、はっきりと言えるでしょうか?

転職活動を進めるうえで、一番大事なのは自分の理解度です。

自分のことがわからないのに転職活動を進めたとしても、転職後に公開してしまう可能性が高くなります。

自分自身が何をしたいと思っているのか、将来的にやっていたい仕事は何なのか、はっきりさせておくのがおすすめです。

どのように自己分析をすればいいのかわからない場合には、まず紙に書き出してみるのがおすすめです。

仕事に関する考え方や将来的にやりたいことなどを書き出してみましょう。

人に相談することでも考え方がクリアになることもあるのでおすすめです!

友人や知人に相談するのが苦手であれば、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントではキャリアアドバイザーが真摯に対応してくれるため、非常に役立ちますよ!

もちろん無料なので安心してくださいね。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

仕事をつづけながら転職活動を進める

転職活動を進めるときに、仕事を辞めてから始める方が多いです。

しかし仕事を辞めてから転職活動を始めることは、かなりリスクが高いのでやめましょう。

転職活動は仕事をしながらでも進められるので、仕事を辞める前に転職活動を始めたほうがリスクが少なくなります。

基本的に転職活動を始めてから実際に働き始めるまでにかかる時間は3か月程度かかるといわれています。

3か月もかかるとなると、その期間の収入がなくなってしまうということに…。

リスクが大きいので、仕事を辞める前に転職活動を始めましょう。

エントリー数を増やす

転職活動を進めるとなると、活動を進めていても落とされてしまうことは多いです。

新卒のときと同様に、たくさんエントリーして内定をもらうのがおすすめ。

また20代の中でも前半の男性だと、第二新卒として雇ってもらえる可能性があります。

第二新卒枠をねらうのであれば、多くの企業にエントリーするのがおすすめです。

転職エージェントなどプロの力を借りる

20代男性がより転職活動をよりスムーズに進めていくためには、プロの力を借りることも大切です。

転職サイトなどを利用して、自分一つ一つの求人に応募を行うのでももちろん良いでしょう。

そこで転職エージェントを利用して転職活動を進めていくことが大切。

より20代男性が戦略的に転職活動を進めていくためには、支援実績があるプロの力を借りながら進めていくことでよりスピードを上げて活動に打ち込むことができます。

具体的には、下記のようなメリットがあります。

プロの手を借りることのメリット

  • プロの立場からフィードバックを受けることができる
  • 企業とのやりとりを代わりに担当してくれる
  • 独占求人などもチェックができる

プロの立場からフィードバックを受けることができる

転職エージェントを利用することのメリット一つ目は、プロの立場からフィードバックを受けることができる点です。

例えば自分で見つけた求人に応募した求人であると、選考に落ちた場合、何が原因で落ちてしまったのかがわからないですよね。

転職エージェントの場合、仮に選考に落ちてしまったとしてもエージェントのが企業側にヒアリングを行っています。

そのため自分が選考に落ちた理由がわかるため、次の企業を受ける時により明確に対策を行うことができます。

また実践的な面接の練習や、提出する書類の添削なども受けることができるため、20代男性の初めての転職時ほど、利用しておきたいと言えるでしょう。

企業とのやりとりを代わりに担当してくれる

転職エージェントを利用するメリットの一つには、企業との連絡を代行してもらえる点です。

自分一人で転職活動を進めていくとなると、求人探しに各企業との連絡やりとりの他にも、企業ごとの履歴書や経歴書など、やらなければならないことが多すぎてしまいキャパオーバーになってしまいます。

筆者も就職・転職活動時には、応募企業のスケジュール連絡管理だけで骨の折れる作業でした…。加えて働きながらの場合、企業からの連絡に対応することも難しいですよね。

そこで、転職エージェントを利用することが大切。

基本的に企業側への連絡はエージェントスタッフが行うため、自分が連絡管理を行う必要がありません。

求人紹介を受けて応募したい企業が決まった後は、自分は書類や面接対策に集中することができます。その練習も対応して貰えるのも嬉しいポイントですよね。

このように自分の作業確保を取ることができるため、現職で働きながらでも安心して転職活動に打ち込むことができます。

独占求人などもチェックができる

転職エージェントを利用のメリット、3つ目は転職エージェントが保有している独占求人をチェックすることがで切ることです。

転職エージェントでは各企業への転職支援実績があるため、企業からの独占求人が回ってくることも多いです。

公には回らずにエージェントだけで公開している求人を持っていることも多いため、エージェントを利用するだけで自分の持ち駒の選択肢を広げることができます。

よりいい案件の求人を紹介してもらうためにも、積極的に転職エージェントを利用をオススメします。

中小企業への転職は後悔に終わることがほとんど?リスクを回避して成功させるのコツとは

20代男性にオススメの転職エージェント

ここまでは20代男性の転職を成功させるためのコツをご紹介してまいりました、

しかし実際に転職エージェントを利用していくとなるとどこの転職エージェントがおススメなのかわからないですよね。

そこでここでは、20代の男性でも利用しやすいオススメの転職エージェントを紹介していきます。

doda

求人数 約15万件
対象エリア 全国
総合評価 5.0
スタッフの質 5.0
地方求人 5.0

dodaエージェントの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaは転職サイトのイメージが強いですが、エージェントサービスとしても利用をすることができます。

キャリアアドバイザーは自分の専任担当として面倒をみてもらえるため、企業とのやりとりはもちろんのこと、書類の添削や面接指導なども親身になって聞いてもらえます。

また20代向けの求人も豊富に取り扱っているため、安心して利用することができるのも嬉しいですよね。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

第二新卒ならハタラクティブ

ハタラクティブ

求人数 約10万件
対象エリア 全国
総合評価 5.0
スタッフの質 5.0
地方求人 4.5

ハタラクティブの特徴

  • 経歴に自信がなくても転職成功できる
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • LINEでのカウンセリングが可能

20代第前半の男性なら、第二新卒の枠を狙って転職活動を行うこともおススメです。

しかしdodaやリクルートなどの総合転職サイトと言われる様々な年齢層・業種・職種が混在している転職サービスの場合、少々使いづらい部分があります。

そこで第二新卒の転職支援に特化したハタラクティブであれば、そもそも取り扱い求人が第二新卒や若年層向けのものが多いため、効率的に転職活動を進めていくことができるのです。

狙いを定めて効率的に第二新卒枠を狙うのであれば、ハタラクティブがおススメです。

Liberty

Liberty概要

Libertyの特徴

  • 20代に向けた転職支援
  • エージェントランキングNo.1
  • 高い転職後定着率
  • 利用者の面談満足度96%

Libertyは、20代に特化した転職支援をおこなっている転職エージェントです。

若手の方々のニーズやキャリア目標に合わせた求人情報を提供し、転職活動をサポートしてくれます。

さらに、Libertyを利用した方々の面談満足度は96%と非常に高い評価を受けています。

Libertyは利用者との面談に力を入れており、一般的におこなわれる面談よりもかなり多くの時間を割いてくれるのです。

ただし求人は東京都に集中しているため、地方にお住いの20代の方は他の転職エージェントも併用してください。

Liberty(リバティ)の評判は良い?利用者の口コミやサービスの特徴を解説します!

マイナビエージェント

求人数
対象エリア 全国
総合評価 4.5
スタッフの質 4.5
地方求人 4.5

マイナビエージェントの特徴

  • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
  • 非公開求人が多い
  • サービスが充実している
  • 20代など若者の転職に強い

マイナビエージェントは、人材大手のマイナビが提供している転職エージェントです。

マイナビでは特に20代のような若年層の転職支援実績が多く、新卒で有名なマイナビの他にも第二新卒に特化したマイナビジョブ20’sなど、若年層向けのサービスだけでも豊富な選択肢があります。

初めての転職活動だから手取り足取り丁寧にサポートして貰えるところがいい…という20代男性にオススメの転職エージェントです。

とりあえず入っておく、という使い方でも良いでしょう。

キャリトレ

キャリトレ

求人数 約10万件
対象エリア 全国
総合評価 5.0
スタッフの質 5.0
地方求人 4.5

今の職場よりも好条件で働きたい!キャリア・スキルをアップさせたいという人には、若手採用に特化したキャリトレがおススメです。

キャリトレのおススメポイント

  • 若年層の優秀な若手に特化しているので求人の質がとても高い
  • 若年層へのサポート体制が充実

キャリトレは、あの有名なビズリーチが運営しているサービスで、ビズリーチよりも若い優秀な世代向けの転職支援サービスです。

転職エージェントのように専任のアドバイザーがつくわけでは無く、自分でマッチングを図りながら仕事を探したり、スカウトを待つ方式での転職活動とはなります。

他の転職支援サービスに比べても求人の質がとても高く、今よりもキャリアやスキルをアップさせたい!という人にはとてもおススメしたいサービスです。

キャリトレ(キャリアトレック)の口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査

リクルートエージェント

求人数 約20万件
対象エリア 全国
総合評価 5.0
スタッフの質 5.0
地方求人 4.5

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 人材大手のリクルートのため安心感
  • 取り扱い求人数は業界最大級の20万件
  • 土日や平日の夜など面談時間も融通が利きやすい

リクルートエージェントは、人材大手のリクルートが提供する転職エージェントです。

取り扱い求人数は業界最大を誇ることから、とにかく沢山の求人をチェックしたい人にはおススメの転職エージェントと言えるでしょう。

またコンサルタントの面談対応時間も、土日や平日夜でも柔軟に対応して貰うことが可能のため、安心して転職活動に打ち込むことができるでしょう。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

20代男性が転職しやすいお仕事5選

次に、20代の男性が転職しやすいお仕事を5つ紹介します。

20代はポテンシャル採用が狙える年齢のため、未経験の分野への転職も夢ではありません。

ただし、すぐにでも企業の戦力になりたい場合には、経験のあるお仕事への転職をおすすめします。

この記事では20代男性が転職しやすいお仕事として、以下の5つのお仕事を解説します。

20代男性が転職しやすいお仕事5選

  1. 営業職
  2. 運送ドライバー
  3. 介護職
  4. 製造職
  5. 建築業

興味のあるお仕事があれば、求人広告に目を通す、転職エージェントに相談する、などしてどのような業務内容なのかをチェックしましょう。

こちらの記事も要チェックです。

20歳の方の転職事情について、詳しく解説しています。

 

20歳の転職は難しい?新たなキャリアを築くためのステップガイド

①営業職

営業職は、20代の男性にとって魅力的な転職先の1つです。

営業職は、積極的なコミュニケーションや説得力のあるプレゼンテーションなど、自己表現能力が求められる職種で、若い男性にとっては、自身の能力を発揮し、成果を上げるチャンスが豊富にあります。

また、営業職は成果に直結して報酬も得られる場合が多いため、自身の努力次第で年収を大幅に増やしたり、高いモチベーションを維持したりできるのです。

さらに営業職は幅広い業界で求人があるので、多様な分野への挑戦もできます。

自身の興味や適性に合わせて、営業職の中でも特定の業界に特化できるのです。

営業職は人との関わりが多いため、人脈も広げられますよ!

ビジネスの場でのコミュニケーションスキルや交渉力は、将来のキャリアにおいても大きなアドバンテージとなるでしょう。

②運送ドライバー

運送ドライバーは多くの業界で需要があり、安定した雇用を狙いたい20代の男性にピッタリです。

特に物流業界の成長に伴い、需要はますます高まっています。

運送ドライバーは、大型トラックやバンを運転しながら商品や貨物を配送するお仕事です。

自動車の運転に慣れている20代の男性であれば、長時間の運転や作業にも耐えられる体力があるため適しています。

また、運送ドライバーの仕事はフィールドでの活動が中心であり、自由な働き方ができる点も魅力の一つです。

移動しながら仕事を進めるため、毎日同じ場所に拘束されることなく、新しい場所や景色を楽しみながら働けますよ

さらに配送量や距離に応じて報酬が変動するため、頑張り次第で収入をアップさせられます。

興味を持った方はこちらの記事も参考にしてください。

ドライバーについてより深く掘り下げて解説しています。

運送ドライバーへ転職したい人必見!転職事情やお仕事の特徴を解説

➂介護職

転職のしやすさで選ぶなら、介護職もおすすめです。

介護職は高齢化社会の進展に伴い、需要が増え続けています。

介護職の魅力は、やりがいのある仕事という点です。

誰かの力になることができる喜びや、人とのつながりを感じられることが大きな魅力となります。

また、介護職は人手不足のため需要が高くなっています。

そのため転職先としての安定性も高く、長期的な雇用を期待できるのです。

さらに、介護職は幅広い業務があり、経験を積むことでキャリアアップの可能性も広がります。

介護技術の向上や管理職へのステップアップなど、自身の成長を追求できる環境が整っています。

④製造職

製造業は、商品の生産・製造を行う産業分野であり、幅広い業種が存在します。

製造業では、生産ラインでの機械操作や組み立て作業など、具体的な製造業務に従事します。

製品を作り上げる過程に携わることで、自身の手で作り出したものに誇りを感じられるのが魅力です。

また、製造業は現場主義が求められる職種なので、実務経験を重ねることでスキルや専門知識を磨くことができます。

技術的なスキルや生産管理の能力を向上させることで、キャリアの幅も広がりますよ。

さらに、製造業は国内外において高い需要があり、経済の基盤産業として重要な役割を果たしています。

そのため転職先としての安定性も高く、長期的な雇用を期待できるのです。

⑤建築業

建築業は建物や構造物の設計や施工を行う産業分野であり、建築現場での実務に従事します。

20代の男性にとっては、若さを活かして身体を動かす仕事や創造性を発揮する仕事として魅力的です。

この職種では、建築図面の作成や建設現場の監督、施工作業の実施など、建築プロジェクトの様々な段階に関わります。

自身のアイデアや技術を活かして、実際の建物を造り上げることができます。

建築業の魅力は、自身の手で建物を創り上げることで、長く残る成果物を生み出せる点です。

建築物が完成したときには自身の努力が具体的な形で見えるため、達成感を得られますよ。

また、建築業は技術と知識が重要な要素となるため、経験を重ねることでスキルを高めることができます。

建築の専門知識や施工技術を磨くことで、自身のキャリアの発展につなげられるのです。

20代男性が転職を考えたときによくある質問

20代男性が転職を考えたときによくある質問

最後に20代男性が転職を考えたときによくある質問をまとめます。

具体的には以下の通りです。

  • 転職するときは何から始めるべき?
  • 転職サービスは無料で利用できる?

これらについてそれぞれ解説します。

20代後半に差し掛かっての手取り18万円は少ない!手取りを増やすための方法まとめ

転職するときは何から始めるべき?

転職を検討しているのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

特に20代の場合には転職回数が少なく、一人で転職活動をするのに不安を感じる方が多いです。

そのため転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーに相談できる環境を作るのがおすすめですよ。

転職サービスは無料で利用できる?

ほとんどの転職サービスは無料で利用できます。

この記事で紹介している転職エージェントはすべて無料なので安心して利用してくださいね。

20代男性の転職活動は戦略的に進めることが大切

今回は、20代男性の転職市場の動向や、転職失敗にありがちな事例・また転職を成功させるた目のコツなどを解説してまいりました。

20代男性は転職市場からは需要が高いものの、「なぜ需要が高いのか」を理解していないと全く意味がないのですね。

自分が求められているものを理解した上で、20代男性が転職活動時に陥りやすい失敗談などを頭に入れておくと良いでしょう。

またより転職成功をさせるためにも、成功するコツを駆使していくことが大切です。

  • 転職をする目的を明確にする
  • 優先順位を付けておく
  • キャリアビジョンをしっかり考える
  • 自分の市場価値を理解する
  • プロの力を借りる

あなたの転職活動が上手くいくことを願っています。

20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング
タイトルとURLをコピーしました