全国掲載数 5,046 件 (01/28更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 5,046 件 (01月28日更新)

30代でも大工に転職できる?具体的な方法やポイントを解説します!

30代でも大工に転職できる? ガテン系の転職

さまざまな背景やきっかけで、30代で大工への転職を考える人は少なくありません。

30代になってから大工の道を志す理由は人それぞれですが、年齢を考えるとなかなか踏ん切りがつかない人もいます。

専門的な技術や強靭な体力が要求されそうな大工ですが、30代でも転職は可能なのか気になるところですよね。

この記事では大工に転職したい30代の人に向けて、具体的な転職法を解説します。

記事の終わりには押さえるべきポイントも解説するので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

型枠大工の平均年収は410万円?年収を上げる秘訣4選を解説

ガテン系の求人を見つけるなら「GATEN職」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ガテン系の転職におすすめ!

30代でも大工に転職可能!

30代でも大工に転職可能!

結論から言うと、30代でも大工に転職することは可能です!

以下に挙げる2つの理由を見てください。

30代でも大工に転職可能!

  • 年齢がネックになりづらい
  • 人手不足
  • 未経験OKの求人が多い

それぞれ詳しく解説します。

鳶(とび)職と大工の違いとは?特徴や仕事内容の違いを分かりやすく解説!

ガテン系転職におすすめ!GATEN職の登録はこちら

年齢がネックになりづらい

大工で何より大切なのは職人としての腕前です。

還暦を超えてもなお第一線で活躍するベテラン大工も少なくありません。

また、高齢で第一線を退いても後世に技術を伝えることもできるのです。

しかし一方で、大工の世界では職人の高齢化が進んでおり、後継者不足に頭を抱えるケースもたくさんいます。

彼らのような職人からすれば30代はまだまだ若い人材なのです。

そもそも大工には定年がないため、確かな腕前や実績・信用があれば体力の続く限り働けるため、大工に転職する上では30代という年齢がネックになることはまずありません。

人手不足

2つめに挙げる理由は建築業界が抱える「人手不足」です。

実は現在、建築業界は深刻な人手不足にあえいでいます。

労働環境や仕事内容の過酷さなどの理由から新たな人材が確保できないだけでなく、建築業界から去る人も多いのです。

国土交通省がまとめた調査によると、2023年には約21万人も建築業界の人材は不足すると考えられています。

出典:国土交通省 建設業を巡る最近の状況

こうした結果とは裏腹に、大阪万博やリニア中央新幹線開通を前に建築業界の需要は高まりをみせており、人材不足にますます拍車がかかっているのです。

各方面から懸念の声があがっていますが、大工へ転職したい30代にとってはむしろ好機といえます。

チャンスを逃さず、一歩を踏み出してみましょう!

未経験OKの求人が多い

上でも解説した通り、建設業界は現在大変な人手不足です。

建設会社は1人でも多くの人材確保を狙っています。

そのため、完全未経験でも応募できる求人が数多くあるので求人集めに困ることは稀です。

OJTで技術を習得できる職場がほとんどなので、未経験であっても尻込みする必要はありません。

ただし、全ての求人が「未経験OK」ではありません。

中には経験者のみを募集している求人もあるので、応募要件をしっかり確認しましょう。

30代の大工への転職に役立つ資格

専門的な技術が要求される大工ですが、30代が転職する上では必須の資格はありません。

企業によっては特定の関連資格を応募条件に定めている場合もありますが、多くのケースでは無資格・未経験でも応募が可能です。

もちろん、「二級建築士」や「建築大工技能士」、「木造建築士」など、大工への転職を強力に後押ししてくれる資格もありますが、これらはいずれも受験資格に一定の学歴や実務経験が設けられているので、未経験者にはおススメできません。

30代が難易度の高い資格を取得してから大工を目指すと、時間がかかりすぎてしまいます。

もし転職をより確かなものにしようと資格取得を目指すなら、「玉掛け技能講習」や「とび技能士3級」など、未経験者でも受験・受講できるものを選びましょう。

また、建設会社の中には入社後に資格の取得をサポートしてくれる会社もあるので、キャリアアップを目指す場合は資格取得を目指してください。

ガテン系転職におすすめ!GATEN職の登録はこちら

大工に必要なスキル3選

大工に必要なスキル3選

上では、大工の転職に必須の資格はないと解説しました。

とはいえ、求められるスキルが無いわけではありません。

ここでは30代が大工へ転職する上で持っておくべきスキルを3つ解説します。

大工に必要なスキル3選

  1. 体力
  2. コミュニケーション能力
  3. 柔軟な発想力

それぞれ見ていきましょう!

建築業界に向いている人とは?建築業界でもとめられるスキルや仕事内容

①体力

30代の人が大工に転職する上では、なんといっても体力が要求されます。

大工は真冬の寒空や炎天下での作業が当たり前です。

重量物の運搬も日常茶飯事で、ひ弱な人には向いていません。

さらに、建築のプロとして工期には絶対に間に合わせる必要があります。

時には悪天候による作業中止や、突然の欠員など突発的なトラブルで予定が大幅に遅れる時も…。

そうした遅れを取り戻すために、早出や残業をせざるを得ない日もあるのです。

日常的な肉体の酷使に加え、時間外の作業が発生すれば疲労はさらに増えます。

建設現場にはさまざまな分野の職人が集まりますが、大工は特に肉体的疲労が大きいお仕事と言えるのです。

②コミュニケーション能力

大工に「寡黙な職人」というイメージを持つ人もいることでしょう。

しかし現実は違います。

先ほども触れた通り、建設現場には多様な分野の職人が集まります。

さまざまな分野のプロが一丸となって、工事を完結させるのです。

当然周囲とのやり取り不足は全体の足並みの乱れに直結し、工事の進捗にも大きな影響を与えます。

建築工事が大工のみでは完結できない以上、高いコミュニケーション能力は必須のスキルなのです。

③柔軟な発想力

建築工事は、あらかじめ作成された図面にそって進められます。

ところが、工事がいつも図面通りに進むわけではありません。

図面上では組み立てられたはずのパーツが、実際の建築現場では組み立てられないことも多いのです。

特に階段や隠し収納などの複雑な部分は図面通りにいかない事が多く、ケースバイケースで対応しなければなりません。

また図面を見た段階で不具合が見つかれば、その都度設計者や依頼主に代替案を示す必要があります。

図面はものづくりの世界では非常に重要なアイテムですが、図面通りに作業するだけが大工の仕事ではありません。

図面や工事に問題が発生した場合には、状況に応じた柔軟な発想力が不可欠なのです。

30代で大工に転職する注意点2選

先ほども解説した通り、30代でも大工への転職は十分に可能です。

しかし、注意すべき点もあります。

転職が容易な点にのみ注目すると、実際の業務と転職前に抱いていたイメージとの間にギャップを感じてしまうので気をつけましょう。

ここでは、30代で大工に転職する上での注意点を2つ解説します。

30代で大工に転職する注意点2選

  1. 一人前になるのは大変
  2. 上下関係が厳しい

順番に解説します。

建築業界でホワイトな働き方をしたい方へ!〜オススメの職種や企業〜

①一人前になるのは大変

確かな技術が求められる職人の世界で一人前になるのは大変です。

大工の場合も例外ではありません。

転職直後は見習い期間として大工の修行に打ち込む日々が続きます。

自分の判断で作業を進めるケースはほとんどなく、主に道具の手入れや現場の片づけといった雑用を任されます。

少し前は大工の見習い期間は最低でも10年は必要と言われていましたが、道具の進歩や機械化などの影響で、最近ではおおよそ5年で修業期間が開ける場合が多いです。

とはいえ、5年間もの間見習いを続けるには相当な精神力や体力が要求されます。

厳しい見習い期間に耐えられず、一人前になる前に大工を辞める人も少なくありません。

一般的なサラリーマンであれば5年間も働けばプロジェクトリーダーなどを任される事もありますが、大工の世界ではまだまだ半人前です。

30代で大工に転職する際には、相応の覚悟をもって臨みましょう。

②上下関係が厳しい

大工の世界には、厳しい師弟関係がつきものです。

30代で大工に転職する場合、たとえ先輩が年下であっても素直な態度で接しなければなりません。

中卒や高卒で大工になる人も多いので、後輩との年齢差が非常に大きいケースも多いです。

前職で部下に指示を出す立場にあった30代の場合、年下の先輩からの指示出しにストレスを抱えることもあります。

そんな中でもじっと辛抱して、上下関係の厳しい環境を耐え抜く必要があるのです。

また、昔気質な人も多い大工の世界では、大声で叱責されることも珍しくありません。

ストレス耐性の低い人は、こうした環境に適応できずに再び転職活動を始めるケースも多いのです。

たとえ見習い期間が明けても、師弟関係は続きます。

厳しい上下関係に耐えられる自信がなければ、大工の世界はつとまりません。

30代が大工に転職する方法2選

30代が大工に転職する方法2選

では、30代が大工になるには具体的にどのような方法があるのでしょうか?

尊敬する大工がいる場合、直接弟子入りを申し込むこともできますが、ここではより現実的な方法として以下の2つの手段を紹介します。

30代が大工に転職する方法2選

  1. ハローワークを利用する
  2. 転職エージェント・転職サイトを活用する

上から見ていきましょう。

鳶職人に必要な道具12選!道具選びのポイントも解説

①ハローワークを利用する

一つ目は、ハローワークの利用です。

未経験でも転職しやすい大工ですが、知識や経験が全くない状態での挑戦は勇気がいりますよね。

ハローワークが紹介する職業訓練校に通えば、大工に必要な実践的な技術を現役の大工が直接指導してくれます。

さらに、条件を満たせば職業訓練給付金が受給できるのも大きなメリットです。

技術を身につければ、大工への転職はより確かなものになりますよ!

②転職エージェント・転職サイトを活用する

2つめの方法は、転職エージェントや転職エージェントの活用です。

転職活動にハローワークを利用する人は多いですが、企業に関する情報が少なかったり転職のサポート体制が不十分だったりと、満足度の高い転職には難易度が高いです。

特に転職が初めての場合、プロのサポートがない転職活動には不安が残ります。

転職サイトを利用すれば企業に関する詳しい情報を得られるだけでなく、企業から直接オファーをもらえる場合もあるので、転職活動がよりスムーズになるのです。

また転職エージェントを活用すれば、転職のプロによるサポートを受けられるので、内定獲得の確立が大きくアップします。

満足度の高い転職を叶えたい場合は、転職エージェントや転職サイトを利用しましょう。

30代が大工に転職する上で役立つ転職サイト・転職エージェント3選

上では、転職エージェントや転職サイト利用の有効性を解説しました。

ここでは、数ある転職支援サービスの中から、30代の大工への転職に特に役立つものを3つに厳選し紹介します。

是非活用してください!

30代が大工に転職する上で役立つ転職サイト・転職エージェント3選

  • GATEN職
  • 建職バンク
  • doda

それぞれ紹介していきます。

未経験者でも建築士に転職できる?方法やポイントなどを解説します

GATEN職

gaten職

  • GATEN職の特徴現場系のお仕事全般の求人を掲載している
  • 建築業界の求人だけで1,000件以上掲載されている
  • 正社員からアルバイトまで様々な雇用形態の求人を見つけられる
  • 希望条件を詳細まで絞って検索できる
  • 動画から求人を探すことができる

「GATEN職」は、現場系のお仕事を専門に扱う転職サイトです。

建築業界の求人だけでも1,000件以上のボリュームを誇り、大工の求人も数多く掲載しています。

もちろん、大工の求人も充実しているのでぜひ登録してみましょう!

また、契約社員やアルバイトといった正社員以外の求人も多いため、ライフスタイルに合わせたお仕事が探せますよ!

建職バンク

建職バンク

  • 建職バンクの特徴建設業界に特化した転職・求人サイト
  • 業界最大の求人数
  • 建設業のプロによるサポートがある
  • 履歴書作成や面接もサポートしてもらえる

プロによるサポートが欲しい場合は、「建職バンク」がおススメです。

建設業界に特化した転職エージェントで、経験者・未経験者を問わず質の高い求人がたくさんそろっています。

建築業界に詳しいエージェントによるサポートも好評で、履歴書の作成や面接対策なども丁寧に後押ししてくれますよ!

登録手続きも最短3分で済むシンプルなものなので、まずは気軽に登録してみましょう!

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が約20万件
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

求人数を多く確保したい場合、「doda」の活用もおススメです。

飲食業や介護業などさまざまなお仕事を取り扱う転職エージェントで、建築業界の求人もたくさんあります。

大きなメリットの1つが、腕利きのエージェントによるサポートです。

応募書類の添削や面接対策、利用者の適性に合わせた求人紹介など、大工への転職を強力にバックアップしてくれますよ!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

まとめ~30代でも大工への転職は可能!~

この記事では、30代で大工へ転職したい人に向け、転職が十分可能な理由と転職方法、転職上の注意点などを解説しました。

大工に限らず、建築業界は人手不足が深刻なため転職はしやすいです。

一方で大工の世界には厳しい上下関係が存在し、長い見習い期間を耐えきるためには相応の覚悟もいります。

肉体的・精神的タフさが要求されるので、半端な気持ちでの転職はおススメしません。

とはいえ、将来性もやりがいも大きいお仕事です。

30代で大工へ転職したい場合は、紹介した転職エージェントや転職サイトなども有効活用して、ぜひ挑戦してみましょう!

おすすめ転職エージェントの比較ランキング!【2023年最新版】

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント! キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました