全国掲載数 5,046 件 (01/28更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 5,046 件 (01月28日更新)

40代の手取り30万円は少ないのか?平均年収や手取りについて解説

40代で手取り30ってどう? 40代の転職

働き盛りとされることが多い40代。

社会人経験もそれなりに豊富で、仕事にも慣れていることでしょう。

長く仕事をしていて疑問に感じるのが給料の手取りです。

手取りで30万円ほどの給料の場合、平均と比べて少ないのか?と不安に感じてしまうものです。

将来のためにも、今貰っている給料が多いのか少ないのかをハッキリさせて、必要であれば転職を考える必要が出てくるかもしれません。

そこで今回は、40代で手取り30万円は少ないのかどうか、転職をすべきかどうかについて紹介していきます。

40代で転職するあなたが転職を成功させるためのコツは?公務員への転職は可能?

  1. 40代の平均年収と手取りはどれくらい?
    1. 男女別平均年収・手取り
      1. 男性の平均年収・手取り
      2. 女性の平均年収・手取り
  2. 同じ40代でも平均年収の幅は大きい
    1. 業種・勤務先による年収の違い
      1. 低い場合は年収300万円以下
      2. 高い場合は700万円以上
  3. 40代手取り30万円でも家族構成や生活水準でも感じ方は違う
    1. 子どもがいる場合・いない場合
      1. 子どもがいる場合
      2. 子どもがいない場合
    2. 親と同居の場合や住宅ローンがある場合
      1. 親と同居の場合
      2. 住宅ローンがある場合
  4. 40代手取り30万円から給与アップが見込めるか考えてみる
    1. 資格取得制度を利用
    2. 副業を考える
    3. ハローワークなどで相談する方法も
  5. 40代手取り30万円の額面年収はどのくらい?
    1. 手取り30万円を超えた頃から年収は500万円台に
  6. 40代手取り30万円の生活
    1. 手取り30万円の年収は450万
    2. 一人暮らしなら余裕ある豊かな生活を送れる
    3. 二人暮らし以上でもぜいたくしなければ十分貯金ありきの生活ができる
    4. 手取り30万は決して裕福ではない!上手に節約しながら生活を
      1. 家計簿をつける
      2. 削れる出費は削る
      3. 副業する
  7. 40代手取り30万円が少ないと感じる場合には転職もアリ?
    1. 転職を成功させるにはどうするか?
    2. 転職への一番の近道は「転職エージェントの利用」
    3. まずは自分が転職できるかどうかを考えるところから
  8. 40代で手取りを増やしたい方におすすめの転職サイト・転職エージェント
    1. ビズリーチ
    2. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)
    3. dodaエージェント
  9. 【まとめ】40代で手取り30万は平均くらい
    1. 【番外編】実は派遣も結構稼げる
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!
初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント! キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。

40代の平均年収と手取りはどれくらい?

まずは40代の平均年収と手取りを確認していきましょう。

国税庁の民間給与実態統計調査を確認すると40代前半の平均年収は460万円となっているようです。

基本的に会社の賞与(ボーナス)は年2回の3ヶ月分なので、それを含めると月収の総支給額は30万7千円ほどになります。

給料から各種税金(健康保険料や所得税など)を引いた手取りは月収で25万円程度です。

ただし、控除額は前年度の年収や家族構成で変わるため、手取り額は推定となります。

平均年収と手取りは、正社員以外のパートや派遣社員なども含まれています。

男女別平均年収・手取り

平均年収と手取りを性別別で確認すると収入に違いがあります。

下記表で、年代・男女別の年収をまとめているので、自分の性別と照らし合わせて確認してください。

年代別 男性 女性
20代前半 277万円 241万円
20代後半 393万円 316万円
30代前半 458万円 309万円
30代後半 518万円 311万円
40代前半 571万円 317万円
40代後半 621万円 321万円
50代前半 656万円 319万円
50代後半 668万円 311万円
60代前半 521万円 257万円
60代後半 421万円 208万円
70歳以上 327万円 191万円

参照:賃金構造基本統計調査

男性の平均年収・手取り

40代前半の男性平均年収は563万円です。

賞与を年2回の3ヶ月分とすると総支給額が37万5千円、手取りは31万円となります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、40代前半男性の賃金は35万9千円、手取りは30万円程度です。

女性の平均年収・手取り

40代前半の女性平均年収は302万円です。

賞与を年2回の3ヶ月分とすると総支給額が20万1千円、手取りは17万円となります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、40代前半女性の賃金は26万2千円、手取りは22万円程度です。

日本の年収の中央値は約400万円!平均年収との違いを解説

同じ40代でも平均年収の幅は大きい

他の40代の人はどれぐらいの収入があるんだろう、と気になっている人も多いことでしょう。

ここでは、業種や勤務先の規模による年収の差について紹介していきます。

業種・勤務先による年収の違い

40代の平均年収を確認すると、業種・勤務先の規模によって違いがあります。

規模の大きい企業に勤めているほど平均年収は高くなる傾向にあるようです。

大企業だと平均年収が高いだけでなく、福利厚生もしっかりと整えられているので働きやすい環境だと言えます。

40代前半の平均年収460万円に近いのが、「運輸業・郵便業443万円」や「複合サービス業477万円」などです。

40代後半になると平均年収が大きく変わる業種もあるようです。

低い場合は年収300万円以下

業種によっては年収が300万円を切っているものもあります。

最低水準とされているのが「宿泊業・飲食サービス業」です。

40代前半の平均年収は291万円となっています。

40代後半になると267万円まで下がってしまうので、年齢を重ねるごとに厳しくなっていくようです。

高い場合は700万円以上

業種によっては700万円を超えているケースもあります。

40代の前半の平均年収で「電気・ガス・熱供給・水道業」が774万円と、業種別では最も高いことが分かります。

40代後半になると平均年収が906万円というかなりの高水準となります。

40代手取り30万円でも家族構成や生活水準でも感じ方は違う

40代で手取り30万円だと、平均年収から見ると決して低い収入だとは言えません。

ただし、家族構成や生活水準によっては給料が足りないと感じるかもしれません。

子どもがいる場合・いない場合

子どもがいる場合といない場合では、支出に大きな違いが出ます。

手取り30万円をどう感じるのか考えてみましょう。

子どもがいる場合

子どもがいる場合は、まず養育費が必要となります。

食事や衣類の購入、場合によってはおもちゃなども必要となり、子どもを育てるうえで必要な費用となります。

次に必要なのが教育費です。

これは、子供を学校に通わせたり習い事をさせたりなど、子どもの教育全般に必要な費用を指します。

進学させる学校が公立・私立のどちらを選んだかによって必要費用が変わりますが、大学まで進学させた場合、子ども一人だとしても最低でも1000万円以上必要となります。

手取り30万円だと厳しい状況かもしれません。

子どもがいない場合

子どもがいない場合だと、養育費・教育費を全く必要としません。

結婚して夫婦二人暮らしだとしても、多少の余裕を感じる生活を送ることができます。

生活水準によっては、老後のための貯蓄に充てることもできるかもしれません。

親と同居の場合や住宅ローンがある場合

親と同居している場合や住宅ローンがある場合、手取り30万円でやっていけるのか確認していきましょう。

親と同居の場合

親と同居していた場合、金銭的な不安を解消できる可能性があります。

親の持ち家で生活すれば家賃を支払う必要がなく、場合によっては光熱費や食費など、生活に必要な費用は親が払ってくれるかもしれません。

30万円の手取りでも余裕のある生活ができて、貯蓄もできることでしょう。

ただし、親と同居していても生活に必要な費用は全て負担しなくてはいけないこともあります。

病気や怪我、高齢によって働けなくなった親の代わりに金銭の負担をする場合があるからです。

住宅ローンがある場合

住宅ローンがある場合、毎月の支払いに困るかもしれません。

銀行は、税込年収に対して返済利率25%から最大35%までを貸してくれます。

毎月の支払い額が多いと、手取り30万円では足りないと感じるかもしれません。

住宅ローンの支払いに追われて、厳しい生活を強いられる可能性があります。

40代手取り30万円から給与アップが見込めるか考えてみる

40代で30万円の手取りが少ないと感じたら、現状でできる給与アップの方法を考えてみてもいいでしょう。

資格取得制度を利用

企業の中には資格取得制度を導入していることがあります。

これは、専門資格を取ることで毎月の給与に上乗せされて支払われる手当のことです。

資格取得の際には企業がバックアップをしてくれる場合があり、セミナーや口座などの資格取得に必要な費用を負担してくれます。

自己負担をせずに収入を増やせる手段として有効です。

副業を考える

勤務時間が短い会社であれば、副業を考えて自分に合った仕事を探すのも良いですね。

企業によっては副業を認めているので、堂々と収入を増やすことができます。

副業によっては報酬が高額になるものがあり、本業以上の収入になることも少なくありません。

ハローワークなどで相談する方法も

平日が休みの場合は、ハローワークで相談するのもいいかもしれません。

ハローワークに相談することで、自分のスキルや年収などの情報を元に適切な職を紹介してくれる可能性があります

地域に根差した企業の求人が多くあるので、引っ越しをせずに給与が上がる職探しに向いています。

求人サイトなどを見て、実際にどんな仕事があるか検討するとイメージしやすいものです。

漠然とした考えでは、自分が納得のいく収入を見込める仕事を探すことが難しいと言えます。

求人サイトだと全国の求人情報を確認することができます。

募集要項や給与体系など詳しい情報が掲載されているので、自分に合った職探しをすることができます。

誰かに相談することで給与アップを実現できるかもしれません。

40代手取り30万円の額面年収はどのくらい?

手取り30万円もらっている人は、結果的に年収換算だといくらになってるのか?

手取り30万の年収額面も調べておきましょう。

あくまで今回は、手取り30万円は額面35万円だと仮定した場合の、年収条件を調べてみましょう。

そしてボーナスは年2回。

一回のボーナスで支給額が3ヶ月分だとした場合の年収。

額面にするとおよそ「540万円」となります。

つまり、手取り30万円の人の年収はおおよそ「540万円」だということです。

手取り30万円を超えた頃から年収は500万円台に

手取り30万円を超えたころより、年収が500万円台になってきます。

手取り31万円の年収はおよそ558万円。

手取り35万円にもなると、額面41万円、年収は630万円にもなります。

日本のサラリーマンとしては、ひとつ上のステージに上ることができるのではないでしょうか?

エンジニア転職は40代が最後のラストチャンス!キャリアの分岐点とは?

40代手取り30万円の生活

手取り30万円もらっている人はどんな生活をしているのか?

給与から税金等色々引かれた結果手取り30万円に落ち着いている人の、生活水準、支払いや貯金の内訳を調べてみましょう。

手取り30万円の年収は450万

まず、手取り30万円の人の年収から調べてみましょう。

手取り30万円はだいたい総支給額でいえば年収は、だいたい年収450万円程度。

そこから社会保険料、所得税や住民税など引かれて、年間の手取りはここからさらに100万円ほど引かれた350万円が実際の手取りでしょうか。

そもそも年収450万円は、日本の平均所得を上回る額です。

日本国内にいる限り、十分生活位できないわけがないです。

ここから想定するのは、「40代の手取り30万円」です。

だいたいの生活をイメージして、かかるお金を割り出します。

一人暮らしなら余裕ある豊かな生活を送れる

仮に一人暮らしだったとしたら、手取り30万円の生活は豊かです。

だいたい30万円の生活をイメージすると以下の通り。

家賃 10万
水道・光熱費 1万円
食費 4万円
日用品・雑費 2万円
通信費 1.5万円
交際費 3万円

これでも22万円程度。

手取り30万円と考えると、ここから貯金も捻出できそうですね…。

二人暮らし以上でもぜいたくしなければ十分貯金ありきの生活ができる

手取り30万円あれば、二人暮らしでもぜいたくしなければ十分貯金ありきの生活が可能です。

家賃 10万
水道・光熱費 1.5万円
食費 6万円
日用品・雑費 3万円
通信費 1.5万円
交際費 3万円
趣味 3万円

この生活で28万円。

毎月1万円程度は貯金に回せそうですね。

節約して生活すれば、さらに良い生活ができるはずです。

手取り30万は決して裕福ではない!上手に節約しながら生活を

手取り30万円の生活は、日本の平均年収を超えているので、十分生活することができます。

しかし手取り30万円は、決して裕福な生活とは言い切れません、。

余裕のある生活を送っている人はもっと多くの手取り収入がありますし、もっと余裕のある生活を送っています。

しかし収入を変えずに、豊かな生活をおくることができます。

その方法は、「節約すること」です。

家計簿をつける

まずは、自分の出費がどこからどれくらい出ているか把握するところからです。

家計簿といっても、最近は帳簿に出費を書くものではなく、スマートフォンアプリから簡単に家計簿をつけることができます。

自分の出費の中から無駄なものがあると感じたなら、それを無くすことも必ずできます。

削れる出費は削る

家計簿のなかで無駄な出費が見つかったなら、それを削る努力をしてください。

例えば保険料。

例えば携帯電話料金。

その他簡単に削れるものはすべて削ってください。

副業する

メインの収入源を増やせないなら、副業で収入を得るのが一番手っ取り早いです。

自分の特技を使って、副業での収入を得られれば、手取りの金額は間違いなくあがります。

そうすれば、自ずと生活も豊かになっていくはずです。

40代手取り30万円が少ないと感じる場合には転職もアリ?

手取りが少ないと感じたら思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか。

勤続年数に対して給与アップが見込めない場合は、転職を検討するのもアリです。

同じ会社に長くいても給与が上がる可能性が低いため、より良い条件の会社を選びましょう。

ただし、退職金など福利厚生で優遇されているなどの場合は、安易に決めないことも重要です。

退職金は勤続年数に応じて増えていくので、中途半端な時期に辞めると少ない額しかもらえません。

それに、必ずしも転職先の会社が以前勤めていた会社よりも福利厚生が整っているとは限りません。

株式公開を控えているなどの場合も、慎重に考えましょう。

会社ごとの状況を踏まえたうえで転職時期を決める必要があるので、安易な考えで会社を辞めることはリスクが高いと言えます。

転職するべき人と現職に留まるべき人の違い

転職を成功させるにはどうするか?

40代で転職するときには、今後続けていける仕事を考えるのが重要です。

今まで積み重ねてきた経験やスキルを活かした仕事見つけるのか、それとも全く違う分野に挑戦するのか、今後の人生を左右するうえで慎重に考えなくてはいけません。

資格が取れるもの、独立できるものを考えて探すのもいいでしょう。

資格取得制度がある会社なら、働きながら資格も取れるので、自分のスキルを上げながら給与が高い会社に転職することも可能です。

独立すると会社勤めをしてきたときは違う条件で働くことになります。

最初は戸惑うかもしれませんが、仕事の幅が広がり、成果が直接返ってくるのが特徴的です。

成功によるハイリターンを望めるので、独立して自分の裁量内で仕事をしてみるのもいいですね。

転職への一番の近道は「転職エージェントの利用」

「手取りが少ないので転職で年収アップしたい」と思った方がやるべきなのが、「転職エージェントの活用」です。

転職エージェントにはキャリアコンサルタントがいるので、キャリアコンサルタントと協力しながら転職活動を行うことが可能です。

キャリアコンサルタントに転職の要望を伝えることで、その要望のためにどのように転職活動を進めることができるか、そのアドバイスをくれるのです。

一人で「どうすれば今より手取りを増やせるのか」を家で思い悩むくらいなら、転職エージェントのサービスへ申し込み、キャリアコンサルタントと相談の末転職活動を行ってください。

40代のキャリアアップ転職なら、求人の幅が広く、40代にぴったりの求人も多く抱えている「type転職エージェント」がおすすめです。

まずは自分が転職できるかどうかを考えるところから

何歳の転職であってもまずやるべきは、「スキルの棚卸し」です。

自分が今までどんなことをやってきて、どんなスキルを身に着けてきたのか、まずは自己分析するところからです。

スキルの棚卸しをやってみて、実際に自分は転職できる、転職してキャリアや年収アップできると思ったときは、実際に転職活動に踏み切りましょう。

⇒キャリアコンサルタント監修!40代におすすめの転職エージェントランキングはこちら

40代で手取りを増やしたい方におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代で手取り30万円の方が転職をするなら、転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです!

具体的におすすめの転職サイト・転職エージェントは以下の通りです。

  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)
  • doda

これらの転職エージェントについてそれぞれ解説します。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

ビズリーチはハイクラス転職におすすめの転職エージェントです。

年収600万円以上の求人を紹介してもらえるため、手取り30万円以上になること間違いなしです!

40代ともなれば、スキルや経験が豊富なのでハイクラス求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

ただビズリーチはハイクラス向けの求人のみを扱っているため、だれでも利用できるわけではありません。

ビズリーチに登録するには審査に通過する必要があります。

書類審査のみなのでとりあえず審査をしてみるのがおすすめですよ。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • ヘッドハンターの質がいい
  • コンサルティングのサポート体制も丁寧
  • 無料で利用可能
  • 自分でも求人検索が可能

リクルートダイレクトスカウトもビズリーチと同様にハイクラス向けの転職エージェントです。

リクルートダイレクトスカウトに登録されているコンサルタントの質に定評があり、サポートの質が高いといわれています。

ビズリーチと同様にコンサルタントにスカウトしてもらうこともできますし、自分で求人を探すこともできます。

そのためビズリーチよりも柔軟な転職活動ができますね!

もちろん無料で利用できるので、ぜひ登録してみてくださいね。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判の真相は?サポートの充実性や口コミも解説

dodaエージェント

dodaエージェントの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaはハイクラス向けの求人を扱っているわけではありませんが、求人量が豊富なので利用するべき転職エージェントです。

取り扱っている求人数が10万件以上あるため、自分に合った求人を見つけられる可能性が高いです!

特にエンジニア・技術職・営業の求人が多いので、これらの業種に転職したいと考えている方は、ぜひ利用してみてくださいね。

他にも面接対策などのエージェントサービスも手厚かったり、年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実していたりと、非常におすすめできます。

多くの求人の中から転職先を見つけたいと考えている方は、ぜひdodaを利用してみてくださいね!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

【まとめ】40代で手取り30万は平均くらい

40代で手取り30万円は低いかどうか、また転職するべきかを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?40代で手取り30万円は平均的だと言えます。

ただし、上を目指すのは良いことなので、自分の可能性を探してみるのもいいかもしれません。

転職や独立をした場合、働く環境がガラッと変わる点に留意しておきましょう。

40代の転職は20~30代と比べると多少厳しいものがあります。

しかし、諦めずに転職活動を行うことで転職を実現できるので努力を怠ってはいけません。

手取り30万円が低いと感じるかは生活水準や環境によっても変わります。

自分の将来を見据えて手取りをアップするための行動を起こすことも時には必要です。

より良い将来設計をするために、一度立ち止まって真剣に考えてみることをお勧めします。

【番外編】実は派遣も結構稼げる

実は収入を上げるのに「派遣」も有効な働き方なんです。

正社員とは違った魅力的なメリットも多く、「意外と派遣ってイイじゃん」と思われる方も多いのが実情。

派遣のメリットは以下の通りです

  • 時給換算だと正社員より稼げることも
  • プライベートの時間を確保しやすい
  • 正社員並みの福利厚生を受けられる
  • 残業は少ないorほぼ無い

最短60秒で登録完了!dodaの登録はこちら

40代が仕事を辞めたいと感じたら、どう対処すべきなのか?

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント! キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました