全国掲載数 4,912 件 (11/30更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 4,912 件 (11月30日更新)

営業に向いている人の特徴とは?営業職に転職したい方必見!

営業の悩み

自社のサービスや商品を世の中に広めていくために、営業は非常に重要なお仕事です。

営業の成績は、会社の業績に直結するといっても過言ではありません。

そんな大切なお仕事である営業ですが、営業職に転職したい人にとっては、どのような人が向いているのか気になるところですよね。

この記事では、営業に向いている人の特徴や歓迎される能力を詳しく解説していきます。

営業のお仕事に興味がある人はもちろん、これから営業職への転職を考えている人にも役立つ情報をたくさん解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント! キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。

営業に向いている人の特徴10選!

会社にとって非常に重要なお仕事である「営業」。

そんな営業にはどの様な人がむいているのでしょうか。

営業に求められるスキルは非常にさまざまありますが、実力次第でいくらでもキャリアアップが可能なお仕事です。

一つ一つ詳しく解説していきますので、しっかり押さえておきましょうね!

  • コミュニケーションが好き
  • 相手の立場になって物事を考えられる
  • いろいろなことに興味がある
  • 自分で目標設定・管理ができる
  • ひたすら努力できる
  • 自信がある
  • 謙虚な対応ができる
  • 粘り強く仕事ができる
  • 論理的な思考回路を持っている
  • 課題解決能力が高い

では、順番に見ていきましょう!

コミュニケーションが好き

営業において最も求められる人物像は、やはり「コミュニケーションが好きな人」と言えるでしょう。

営業の方法には電話営業、飛び込み営業など様々ありますが、いずれの手段も、必ず人とのコミュニケーションをとる機会があります。

特に新規顧客獲得にむけた営業では、まったく面識や接点のない相手と会話する事も多いです。

「沢山の人とつながりを持ちたい!」、「幅ひろい人とコミュニケーションをとりたい!」と考える人には、営業はまさにうってつけのお仕事といえます。

相手の立場になって物事を考えられる

営業の仕事ときくと、自社のサービスや商品を積極的に相手に提案する場面を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

確かに、営業の仕事に提案はつきものです。

しかし、相手が望むものを無視した営業トークを続けていては、契約が成立しないばかりか、煙たがられてしまう事も…。

営業の仕事で大切なのはトーク力よりもむしろヒアリング力であると言えます。

「お客様がどのような商品を望んでいるのか」「取引先が改善したい問題にはどの様なサービスを提案すべきか」といったように、話すことよりも聴くことを重視することで、より長期的な信頼を勝ち得ることができるのです。
加えて、相手が常に話し上手な人とは限りません。

相手の話したい事をうまく引き出せる人も営業として優秀といえます。

このように、相手の立場に立って物事を考えられる人は、営業としての基礎が身についているといっても良いでしょう。

いろいろなことに興味がある

営業のお仕事は、サービスや商品の内容はもちろん、市場のトレンドや業界の動向など、学校で学んできた知識とは違った知識が求められる機会も多いです。

そのため、こういったさまざまな事に興味をもてる人は、営業のお仕事でもその好奇心を活かすことができるでしょう。

特に長い営業活動の中では、思うように契約がとれなかったり、なかなか営業テクニックが向上しなかったりと、悩んでしまう時期もくるはずです。

そんな時、旺盛な好奇心を活かして様々なことに目を向けることで、意外な解決策が見つかることもあるでしょう。

そもそも一口に営業といっても、より実績をつむためには、心理学や社会情勢にいたるまで幅広い知識が必要です。

好奇心旺盛で色々な事に興味を持てる人は、営業活動においても様々な要素から営業テクニックを身につける事が期待できます。

自分で目標設定・管理ができる

営業というお仕事にはノルマが課せられる事がほとんどです。

そのノルマにむかって自分で計画的な目標設定をたてられたり、進捗状況をきちんと管理できたりする能力は、営業に携わるうえで欠かせないものの1つと言えます。

ノルマ達成に向けて無理のない仕事をするためには、具体的な数字を明らかにして計画を立案・管理する能力が不可欠なのです。

たとえば「週に50人の相手に営業をかける場合は、週5日出勤するとして1日あたり10人の相手に営業活動をする必要がある」といった具合です。

上司からの指示を待っているだけではスピーディに仕事をすることはできません。

また、自分の仕事も管理できないようでは社内からの信頼を得る事もむずかしいですよね。

目標設定やスケジュール管理などに長けている人は、営業の現場でもスムーズに仕事ができますよ!

ひたすら努力できる

営業界において優秀な人物に共通する要素として、「物事に対してひたすら努力を重ねられる人」という要素が挙げられます。

営業には絶対の正解は存在しません。

マニュアルに沿って営業活動を続けるだけでは、必ず限界が来るでしょう。

そのためやり取りをする相手によって、さまざまな営業テクニックを駆使する必要があるのです。

そんな営業テクニックを磨く努力を、怠らずにひたすら続けられる人は優秀な営業として大切な要素を備えていると言えます。

エリアで一番の成績を叩き出したとある営業マンの家の本棚には、営業に関する本や心理学に関する本がびっしりと並んでいたという話もあるほどです!

良い成績を残した営業活動の背景には、必ず努力の影があります。

現状に満足せずに努力を続けられる人は、営業に大変向いていますよ!

自信がある

自社のサービスを自信満々に提案してくれる人と、どこか自信なさげにサービスを提案してくれる人とでは、どちらの人の方がより説得力を感じるでしょうか?

自社のサービスを提案する以上、サービスの内容や自分の提案方法に絶対の自信をもって堂々とプレゼンテーションをしてくれる人の方が、より頼もしく思えますよね。

また、体中に満ち溢れた自信は言葉遣いにも大きく影響します。

自信のない人がサービスを提供する場合、「〜〜だと思います」「〜〜の方が無難です」といったようなどこか頼りない言葉遣いになりがちです。

一方、自信がある人の場合は「〜〜の方が効果的です」「〜〜が有効です」といったように、言葉の端々に頼もしさがにじむものです。

自信に満ちた堂々とした態度は、提案する相手の目に頼もしく映る点で重要といえるでしょう。

謙虚な対応ができる

上では「自信がある人が向いている」と解説しましたが、同時に謙虚な対応も営業職にはかかせません。

ここで大切なのは、「自信がある事」と「思い上がった態度」は全くの別物ということです。

特に新規顧客開拓に向けた営業では、「自分はまだ相手の事を理解しきれていない」という心構えが大切です。

「もう十分に相手の事が理解できた!」と思いあがってしまうと、見当違いの提案をしてしまったり、最悪の場合思い上がりが態度に出てしまい、失礼なやりとりになってしまう事すらあります。

逆に「自分は相手の事をまだまだ理解しきれていない」という前提で営業活動を心掛けていれば、相手は「この人は自分の事をもっと理解しようと努力してくれている」と好意的に捉えてくれるでしょう。

営業は常に人と接するお仕事です。

思い上がった態度で人と接することは営業に携わるうえでは厳禁ですよ!

粘り強く仕事ができる

粘り強さに自信がある人も、営業に大変向いているでしょう。

どんなに優秀な人でも、今まで一度も契約を断られた事がない人などいないのではないでしょうか。

特に、新規顧客獲得に向けた営業でいきなり契約を成立させることは非常に困難です。

時には厳しい言葉を投げかけられたり、提案を無下に断られてしまったりと、心が折れそうになることもあるでしょう。

それでもめげずに、粘り強く何度も繰り返される営業活動は、優秀な営業を語る上では必要不可欠な要素です。

一度契約を断られたからと言ってへこたれない精神力を武器に、粘り強く営業活動を続けられる人は営業の現場で重宝されますよ!

論理的な思考回路を持っている

営業職には、論理的な思考回路、いわゆる「ロジカルシンキング」が非常に重要です。

論理的な思考とは、得られた情報から道筋をたてて物事を解決に導く考え方の事です。

A:企業の売り上げが伸び悩んでいる→B:既存のサービスでは成長は見込めない→C:ニーズに沿った新たなサービスを導入する必要がある

といったように、問題の定義から解決方法までを順序だてて考えることで、より具体的な解決策を模索することができます。

闇雲にサービスや商品を提案するだけでは、営業トークに説得力を持たせることはできません。

また、単に取引先や顧客からヒアリングを行うだけでは、問題解決にはつながりませんよね。

物事を論理的な思考で考えられる人は、営業職では大変歓迎されます。

課題解決能力が高い

営業は、つねに課題解決を迫られるお仕事とも言えます。

たとえば、「取引先を回れば時間がかかりすぎる。どの様なルートを選べば、より効率的に回れるか」や、「ノルマ達成に向けてどの様な営業テクニックを使うべきか」といったような内容です。

上で解説した「論理的な思考回路」を用いながら問題解決の方法を模索する事が出来れば、質の高いソリューションを導き出すことができるでしょう。

また、解決すべきなのは自分の業務に関するものだけではありません。

取引先がどのような事にこまっていて、それを解決するためにはどのようなサービスを提供するべきかを的確に導くことも求められます。

高い課題解決能力は、営業の現場でもっとも歓迎される能力の1つです。

営業に向いていない人の特徴10選!

ここまでは、営業に向いている人の10の特徴を解説してきました。

では逆に、営業に向いていない人はどのような人なのでしょうか。

優れた営業職には様々な能力や強みが求められるのと同じく、営業にむかない特徴もさまざまあります。

ここでは、その中でも特に営業に向かない人の代表的な特徴を10個挙げてみました。

  • コミュニケーションが苦手
  • プレッシャーに弱い
  • 体力がない
  • 目標を立てるのが苦手
  • 成長への意欲がない
  • スケジュール管理ができない
  • プライドが高い
  • 自分へのメリットばかり考えてしまう
  • 清潔感がない
  • フットワークが重い

順番に解説していきます。

コミュニケーションが苦手

営業のお仕事は、日々コミュニケーションの連続です。

そのため、人とコミュニケーションを取ることが苦手なひとは営業向きとはいえません。

また、たとえ人と話すことが好きな人であっても、営業は聞き上手でなければ務まりません。

上でも解説した通り、営業活動においては「トーク力」よりも「ヒアリング力」の方が重要なのです。

そのためコミュニケーションが苦手な人でも、いわゆる「話し下手の聞き上手」な人であれば活躍できる可能性もあります。

しかし、基本的にコミュニケーションを取ることが苦手な人は営業職は避けておくのがよいでしょう。

プレッシャーに弱い

これまで何度か触れてきた通り、営業のお仕事にはノルマがつきものです。

ノルマを課す背景には、会社の業績向上を図るという理由ももちろんありますが、社員に適度なプレッシャーを与える事でモチベーションの向上を狙う意図もあります。

そのためプレッシャーに弱い人には、この意図が裏目に出てしまう事が少なくないのです。

また営業活動は、相手から門前払いをされたり、厳しい言葉を投げかけられたりと決して楽しいことばかりではありません。

日々プレッシャーと共に仕事をする自信がない人は、営業には不向きです。

体力がない

「営業のお仕事は体力勝負」とイメージしている人もいるかもしれません。

たしかに、営業活動の手段はWEB上で行うものや電話で行うものなど、昔と比較した場合多様化してきましたが、やはり体力が非常に重要な要素であることは変わりありません。

取引先を回るための移動や、大事な取引に向けての体調管理など、体力を消耗する機会は非常に多いのです。

また、仕事の進捗状況や取引先の事情によっては、残業や休日出勤をする場合もあるでしょう。

これらのことから、体力に自信のない人がバリバリと営業活動を行う事は難しいと言わざるを得ません。

目標を立てるのが苦手

営業職に向かない人の特徴として、「目標を立てるのが苦手」というものがあります。

目標がぼんやりしていて、とりあえず達成できたという形になっていることはないでしょうか?

営業職は数字で結果を出していく仕事がほとんどです。

明確な目標設定をする必要があるため、目標を上手く立てられない方は向いていないといえます。

とはいえ、長期的・短期的どちらにしても目標設定の力は地道に身につけていけるものです。

日々の業務における目標設定を意識して、改善していきましょう。

成長への意欲がない

成長への意欲がない方も、営業職には向いていないといえます。

営業職には、成功だけでなく失敗も多く発生してくるものです。

相手との商談がうまくいかないこともしばしば。

そんな時に「どこが悪かったのか」「次はどうすればいいのか」を考え、成長につなげられなければ同じ失敗を繰り返すことになります。

自分でPDCAを回せるかどうかが、営業職として成長できるかを左右するのです。

モチベーションを自分で管理できるかも重要というわけですね。

スケジュール管理ができない

営業職は、毎日のように予定が詰まっている可能性が高いです。

スケジュールの管理が下手な方は、営業職に向いていないといえます。

次から次へと追加されていく予定を、適切に振り分けて実行していかなければなりません。

毎日の業務にかかわる問題ですから、スケジュールを日ごろからきちんと管理しておきましょう。

プライドが高い

プライドが高い方も、営業職には不向きといえます。

営業職では、相手への適切な対応を求められる場面が多々あります。

プライドが高い場合、何か失敗が起きたとしても自分ではなく原因は相手にあるのだと考えてしまう可能性があります。

営業職として成長していくには、自省することも重要です。

ミスをしっかり認められる方でなければ、営業職として大きくなっていけないわけですね。

自分へのメリットばかり考えてしまう

自分へのメリットばかり考えてしまう方も、営業職にはあまり向いていません。

営業をする以上、自社への利益だけでなく相手の利益も考える必要があります。

顧客に寄り添った思考をできるかどうかが重要なのです。

相手の立場に立って考えられるか、そのうえで自社のメリットも意識できるかどうかで、営業職としてのポテンシャルが決まってくるといえますね。

清潔感がない

営業職は清潔感も重要です。

見た目だけでも、その後の商談を大きく左右する可能性はあります。

清潔感がない方は、営業職に向いているとはいえません。

もちろん改善しやすいポイントでもありますし、営業職に限らず清潔感はあった方がプラスです。

日常的に意識していきたいですね。

フットワークが重い

フットワークが重い方は、営業職に向いているとはいえません。

急なトラブルや注文にもすぐに対応できるフットワークの軽さは、営業職において重要なポイントです。

さまざまな変更や期限があるなかで、フットワークが重ければどんどん仕事は溜まっていってしまいます。

結果精神への負担になったり、商談が流れてしまったりすることも。

営業職では、テキパキこなせるフットワークが求められるわけですね。

営業職から転職するためのポイントとは?おすすめの転職先も解説

営業職に向いている人が伸ばすべき能力

営業職には、数字としての結果が求められます。

いわゆる「ノルマ」というやつですね。

ノルマを達成するためにも、伸ばすべき能力をまとめました。

  • コミュニケーション能力
  • ヒアリング力
  • ロジカルシンキング
  • 課題発見力
  • タイムマネジメント能力
  • マーケティング能力
  • 交渉力
  • クロージング能力

一つずつ解説していきます。

コミュニケーション能力

まず伸ばしておきたいのが、コミュニケーション能力です。

営業職に限らず求められやすい能力ですが、なかでも営業では必須能力の一つ。

人とのやり取りが土台となる営業職では、コミュニケーション能力が高ければ円滑に進められる可能性が高くなります。

顧客との関係性を構築するためにも、メール・電話・対面どのシチュエーションにも発揮できるコミュニケーション能力を身につけておきましょう。

ヒアリング力

営業職で求められるヒアリング力は、「ただ聴く」能力ではありません。

いかに相手から「聞き出すことができるか」、そこが重要です。

相手が話していないことを聞き出し、商談を有利に進めていく力が求められるわけですね。

また相手が話しやすい空気づくりも営業では重要となります。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングの力も、営業職なら身につけておきたい能力です。

論理的に考えられるかどうかで、解決へのスピードが変わってきます。

営業職の場合、問題の解決だけでなく「顧客を納得させる」ことが重要です。

ロジカルシンキングできれば、物事を筋道立てて解決・説明することができます。

スムーズに仕事をこなしていくうえで、ロジカルシンキングは重要なのです。

課題発見力

顧客に合わせた提案をするためにも、課題発見力を身につけましょう。

営業をしていく中で、商談を成立させるために顧客へのメリットを提示する必要があります。

顧客の中には「課題に気付いていない」ケースも多いもの。

課題発見力を磨いて、潜在的な課題を見つけ出し解決策を提示するのです。

コミュニケーション能力やヒアリング力と密接に関係してくる能力ですね。

タイムマネジメント能力

タイムマネジメントができるかどうかは、営業職の生産性に直結するといえます。

限られた時間でノルマを達成するためには、時間の管理が重要です。

さまざまな業務に追われる中で、やるべき業務をやるべき日時までにこなせるかどうか。

時間配分をベストな状態にすることで、より大きな成果に結びつけられるでしょう。

マーケティング能力

マーケティングのスキルも、営業職に役立ちます。

自分自身の経験ももちろん大切ですが、マーケティングのフレームワークや手法を活用することで、さまざまな戦略を立てられるように。

自社分析・顧客分析にも活かせるでしょう。

交渉力

たびたび交渉力を求められるのも、営業職ならではといえます。

商談が成立するかどうかを左右する能力ですから、ぜひとも磨いておきたいですね。

自社が通したいオーダーと、顧客が通したいオーダー、それぞれが納得のいく形で交渉を進めていかなくてはなりません。

交渉力を身につけて、商談をコントロールできるようになりましょう。

クロージング能力

クロージング能力は、実際に受注できるかどうかのカギを握ります。

営業のなかでも重要なポイントであり、ノルマ達成には欠かせない要素です。

あと一押しという場面できっちり決められるかどうかは、クロージング能力次第というわけですね。

他にも営業職ではさまざまな能力が必要となってきます。

総合力のある営業職を目指しましょう。

営業職への転職は未経験でも可能?仕事内容や転職する方法について解説

営業職に転職するためのステップ

いざ営業職に転職を決意しても、無鉄砲に事を起こすことは厳禁です。

まずは営業職に転職するためのステップを一つ一つ確認しましょう!

下にオススメのステップを順番に挙げてみました。

  • そもそも営業職に向いているのか分析する
  • いろいろな業界の営業を調べる
  • 転職サイト・転職エージェントを利用する

それぞれ解説していきます!

そもそも営業職に向いているのか分析する

ここまでで、営業職に向いている人と向いていない人の特徴を解説してきました。

営業職への転職を考えている人は、この解説と今の自分とを照らし合わせて「自分が本当に営業職に向いているかどうか」を分析してみましょう。

ここで注意したいのは、「営業として向いている人の特徴よりも向いていない人の特徴を重点的に考える」ということです。

先程営業職に向いている人の特徴として10の例をあげましたが、全てに当てはまる人は稀です。

そのため、10の特徴全てをそなえていなければ営業職に転職できないというわけでは決してありません。

しかし、向いていない人の特徴を多く具えている人は、改善していける自信がない場合でない限り、営業の現場で活躍することは難しいです。

向いている特徴と向いていない特徴とを比較して、自分が営業として活躍できるかどうかをよく分析してください。

いろいろな業界の営業を調べる

営業と一口にいっても、携わる業界は非常に多岐にわたります。

自社の製品を売り込むメーカーの営業から、転職エージェントや新卒就職支援といった就職サポートまで、営業が活躍する業界はさまざまです。

営業にはどのような業界や業種があるかを理解しておくことは、営業職に転職する上で欠かせない要素です。

自分がどのような業界で、どのような営業活動をしたいのか明確にできていないと、そもそも求人広告に目を通しても、応募のしようがないですよね。

単に営業といっても、さまざまな働き方がある事をまず理解したうえで、自分のキャリアプランを描きましょう!

転職サイト・転職エージェントを利用する

転職活動をする上では、「転職活動は在職中に行う」ということがベストです。

というのも退職後に転職活動をはじめると、収入がないことのあせりから自分の思い描いていた理想とは程遠い仕事に就職してしまう事があるからです。

しかし、仕事をしながらの転職活動は非常に労力がかかります。

それだけではなく、膨大な時間も必要でしょう。

そんな問題を解決してくれるのが、「転職エージェント」や「転職サービス」です。

転職活動の効率が大幅にアップするだけではなく、自分では気づかなかった強みやアピールポイントなども見つかることもあります。

ぜひ活用しましょう!

転職の成功率を倍にする転職エージェント活用術

営業職に転職するなら転職サイト・転職エージェントを利用しよう

上では転職エージェントや転職サイトを利用することの有用性を解説しました。

そこでここでは、営業への転職にオススメな転職サービスを3つご紹介します。

ここで大切な事は、「転職サービスは1つだけではなく複数利用する」と言うことです。

複数の転職サービスを利用することで転職の幅が広がるだけではなく、時間も大きく節約できるでしょう!

doda

dodaエージェントの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

一つ目にオススメする転職エージェントは、こちらの「doda」です!

幅広い業界の求人を豊富に用意されていて、営業の求人も多数掲載されています。

面接を通過するためのコツや、履歴書の添削なども丁寧に指導してくれるため、転職が初めてという人にもオススメです!

最短60秒で登録完了!

マイナビエージェント

マイナビエージェント00_トップページ

マイナビエージェントの特徴

  • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
  • 非公開求人が多い
  • サービスが充実している
  • 20代など若者の転職に強い

「営業職に転職したいけど、未経験だから不安…。」という方にはこちらの「マイナビエージェント」がオススメです。

20代の転職に特に強く、未経験や無資格でも応募できる求人が充実していますよ!

無資格・未経験でも転職可能!

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • ヘッドハンターの質がいい
  • コンサルティングのサポート体制も丁寧
  • 無料で利用可能
  • 自分でも求人検索が可能

企業から直接スカウトを受けることが出来る転職サイトとしてオススメなのが、こちらの「リクルートダイレクトスカウト」です!

上で挙げた転職サービスのように自分で求人を探すことも可能ですが、主な活用方法は企業からのオファーをまつスカウト機能です。

自分の経歴を登録しておけば、企業からオファーを待つだけで良いので、なかなか時間が取れない人にオススメですよ!

3分で登録可能!

【まとめ】営業職はマインドが大切

この記事では、営業として活躍できる人の特徴や転職する上でのポイントなどを解説してきました。

営業は実力がものをいう世界です。

常に向上心を忘れずに日々努力を心掛けることが、営業として成功するカギと言えるでしょう。

また、失敗をしてしまったりなかなか契約がとれなかったりする時でも、常に気持ちを切り替えて仕事に臨むことが大切です。

このように、営業として活躍するためにはマインドが非常に大切といえます。

解説してきた特徴と自分とをしっかり照らし合わせて、営業として活躍できるかどうかを深く分析しましょうね!

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!
初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント!
キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。
キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました