高卒でもホワイト企業に転職したい方へ!方法や見つけ方などのヒント

ホワイト企業の転職

「せっかく就職した企業がブラック企業で転職したい・・・。」と考えている方はいませんか?

過酷な労働環境や、頑張りが評価されないような職場から、よりよい職場に転職したいと考えるのは当然のことです。

しかし人によっては「高卒の自分にはホワイト企業への転職なんか無理かも・・・。」と不安になってしまいますよね。

この記事では、高卒でホワイト企業への転職を考えている方に向けて、やるべきことや転職を成功させるヒントなどを詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

  1. 高卒でもホワイト企業への転職は可能!
  2. 高卒でホワイト企業へ転職する際の注意点!
    1. 転職活動は早めに!
    2. 高望みは厳禁!
    3. 転職エージェントの活用は必須!
    4. 大手企業は難しい!
  3. 高卒就職者の良い所
    1. 大卒就職者よりも社会人経験が長い
    2. 習得した技術を早く活かせる
  4. 高卒の方がホワイト企業へ転職するための第一歩
    1. 「ホワイト企業」とは何かを理解する
    2. 今の職場の何が不満なのかを考え直す
    3. 働きながらできることにも取り掛かる
    4. 転職エージェントに登録する
  5. 求人広告からブラック企業を見抜こう!
    1. 頻繁にみかける求人には要注意!
    2. 抽象的な募集文句には要注意!
    3. 極端に低いor高い給料には要注意!
    4. 年間休日数は必ずチェック!
  6. タイプ別!高卒の方にオススメのホワイトな仕事
    1. 年収を増やしたい!
      1. 建設業界
      2. 営業職
    2. やりがいのある仕事がしたい!
      1. 介護職
      2. 宿泊業界
    3. 体力を使わない仕事がしたい!
      1. 工場での手仕上げ作業
      2. プログラマー
    4. 残業が少ない仕事がしたい!
      1. 事務職
      2. 営業アシスタント
      3. 休日も収入もしっかり確保したい!
      4. 技術系大学職員
      5. 地方公務員
  7. 高卒から無事ホワイト企業へ転職出来たら?
    1. 職場の雰囲気に早く慣れよう!
    2. 気を緩めないように気を付けよう!
    3. ブラック企業での経験を糧に!
  8. 高卒からホワイト企業へ転職するにはプロの手も借りよう!
      1. ビズリーチ
      2. doda
      3. ハタラクティブ
      4. リクルートエージェント
  9. まとめ〜高卒でホワイト企業へ転職したい方へ〜
登録者数の多い人気の転職サイト
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!初めての転職でも安心して利用できる!
dodaの無料登録へ

高卒でもホワイト企業への転職は可能!

結論から言うとたとえ高卒であっても、ホワイト企業へ転職することは可能です!

「学歴フィルター」という言葉があるように、応募にあたっては一定の学歴を応募条件のひとつに設定している企業も確かにあります。

特に、大手の企業ではこの傾向が強いです。

しかし、ホワイト企業は大手の企業にしか存在しない訳では決してありません。

ぜひこの記事を参考にホワイト企業への転職に挑戦してみましょう!

高卒でホワイト企業へ転職する際の注意点!

上では、高卒でもホワイト企業への転職は可能と述べました。

しかし、その上で注意しなければならない点もいくつかあります。

下に主な一例を5つ挙げました。

  • 転職活動は早めに!
  • 高望みは厳禁!
  • 転職エージェントの活用は必須!
  • 大手企業は難しい!

それぞれ詳しく解説していきます。

転職活動は早めに!

一般的に転職活動は年齢が高くなるほど難しくなる傾向があります。

厚生労働省の発表をみても分かるように入職の割合は年齢とともに加工の一途をたどっています。→参考:令和3年上半期雇用動向調査結果の概要

年齢が高くなるにつれて転職が難しくなる原因としては、「長期間の勤務の中で戦力になる人材を育て上げたい」、「なるべく早いうちに自社の理念や方針を社員に浸透させたい」などさまざまありますが、いずれにせよ年齢が若いうちに転職活動を始めた方が有利ということです。

転職活動に焦りは禁物ですが、なるべく早く行動を起こしましょう!

高望みは厳禁!

転職という大きな決断をした以上は、なるべく自分が求める理想に近い会社に転職したいものですよね。

とはいえ、転職先にあまりにも良い条件を設定してしまうのはやめましょう。

今の職場に不満を抱いて退職を決意した場合、転職先の企業に自分の理想を求めすぎてしまい、応募したい求人が見つからないということは、意外と多いものです。

絶対に譲れない条件や、できればあってほしい条件など、自分が求める条件に順位付けをしてある程度の妥協点を見つけていくことも大切ですよ。

転職エージェントの活用は必須!

高卒でホワイト企業へ転職したい場合、理想とする求人を自力で探し出すことは、非常に困難です。

黙々と求人広告に目を通す作業は精神的にも肉体的にも疲弊します。

そのうえ、転職するにあたっては、自分がどんな環境の会社で働きたいのか、自分にはどんなスキルがあるのかといったような、自分を見つめなおす作業が不可欠です。

また、自分を見つめなおす作業を転職エージェントと一緒に行うことで、自分でも気づかなかったスキルや得意分野などを客観的な視点のアドバイスを受けられます。

オススメの転職エージェントに関しては、記事の最後で紹介します。

ぜひ活用しましょう!

大手企業は難しい!

最近では、学歴によらずに応募者のポテンシャルを重視して採用を決める企業も沢山あります。

しかし、誰もが知るような大手企業や有名企業では、未だに大卒以上、院卒以上などの学歴制限が設けられている事が多くあります。

大手企業での勤務にあこがれる人は多いですが、上でも述べた通り、大手の企業にしかホワイト企業が存在しない訳では決してありません。

自分が職場にどんな環境を望んでいるのかを考え直すことで、大手企業のブランドにとらわれることなく転職活動ができるでしょう。

高卒就職者の良い所

上では高卒でホワイト企業に転職する際の注意点を挙げてきました。

ではここでは、高卒で就職した人の良いところを考えてみましょう。

こうすることによって、自分の強みやアピールポイントを面接でPRする事にも繋がります。

  • 大卒就職者よりも社会人経験が長い
  • 習得した技術を早く活かせる

では、順番に見ていきましょう!

大卒就職者よりも社会人経験が長い

高校を卒業してからすぐに就職するということは、当然大卒者よりも長く社会人経験が積めます。

高校を18歳で卒業しそのまますぐに就職した場合、4年制大学を22歳で卒業した後に就職した人よりも、4年間も長く現場での経験を積める計算です。

4年間もあれば、現場での作業や仕事のコツなどを身につけるには十分と言えます。

習得した技術を早く活かせる

また工業高校や農業高校を卒業して就職した場合、学校で得た知識やスキルを早い段階で仕事に活かすことが出来ます。

就職先でも即戦力として活躍でき、同時に社会人経験を早い段階から積んでいくことができる点では、大卒で就職するよりも有利と言えるでしょう。

高卒の方がホワイト企業へ転職するための第一歩

高卒の方がホワイト企業への転職活動を始める上では、こなさなければならない作業は沢山あります。

しかし、一度に沢山の事をこなそうとすると混乱してしまう恐れがあるので、順をおって行うことが大切です。

その中でも、早くから取りかかりたい作業を4つ挙げてみました。

  • 「ホワイト企業」とは何かを理解する
  • 今の職場の何が不満なのかを考え直す
  • 働きながらできることにも取り掛かる
  • 転職エージェントに登録する

一つ一つ見ていきましょう!

「ホワイト企業」とは何かを理解する

「ホワイト企業」と聞くと、一般的には「体力を使わない」「残業が少ない」「給料が良い」「休日数が多い」などといったキーワードが連想されることが多いです。

しかし、「ホワイト企業」という言葉には、厳密な基準は存在しません。

つまり、「給料が安くても、体力を使わなくて休みが多ければホワイト企業だ」と考える人がいる一方で、「たとえ体力勝負の仕事であっても、給料が高ければホワイト企業だ」と考える人もいるという事です。

ホワイト企業への転職を考える際にはまず、「自分が思うホワイト企業とはどんな環境の職場か」ということを明確にしておかなければ事がはじまりません。

ホワイト企業に明確な基準がない以上、自分なりのホワイト企業の基準を設定するところから始めましょう!

今の職場の何が不満なのかを考え直す

上で挙げたホワイト企業の基準がなかなか設定できない場合、「今の職場の何が不満で転職を決意したのか」を考えてみましょう。

こうすることで、自分が転職先に求める環境がイメージしやすくなります。

例えば、「毎日残業が多くてウンザリ・・・。」という方はホワイト企業に求める条件の一つに残業が少ない事を設定する、という具合です。

自分なりのホワイト企業を明確にすることは、ホワイト企業への転職を成功させる為の第一歩です。

じっくりと取り組みましょう!

働きながらできることにも取り掛かる

自分なりのホワイト企業が設定出来たら、いよいよ求人探しにとりかかります。

求人広告には「未経験者歓迎」や「学歴不問」など様々なものがありますが、希望する求人が見つかった場合、たとえその求人が未経験者歓迎であったとしても、企業のHPはもちろん、その会社で必要な最低限の知識を得ておくことをオススメします。

たとえば未経験者歓迎のプログラマー募集の求人であった場合、プログラミングに関する入門書に目を通しておくなどすれば、面接の際のアピール材料にもなるでしょう。

転職エージェントに登録する

先程述べた通り、高卒の方がホワイト企業へ転職する上では、転職エージェントの活用は必須と言って良いほど重要です。

自力で行う求人探しは、体力も時間も消費するため、結局挫折してしまう事もおおいのです。

とくに、働きながら転職先を探す場合にはなおさらです。

しかし、転職エージェントに登録しさえすれば、自分が仕事をしているときでも代わりに転職先を探してくれるため、非常に効率的です。

求人広告からブラック企業を見抜こう!

では、いよいよ実際に求人広告に目を通していく上で気を付けたいことがあります。

それは、「求人広告からブラック企業を見抜く」と言うことです。

一般的に、ブラック企業では一人でも多くの応募者を確保するために、魅力的な文句が並べられていることが多い傾向があります。

しかしそういった文句に惑わされずに、冷静な視点で求人広告からブラック企業を見抜く事は、ホワイト企業へ転職する上で、とても大切な作業です。

一見難しそうな作業にも思えますが、実はブラック企業の可能性がある求人広告には、共通しやすい要素があります。

これらの要素に着目することで、よりブラック企業への転職を未然に防ぐ事につながりますよ!

以下に、ブラック企業の求人広告に多く見られる要素を挙げてみました。

  • 頻繁にみかける求人には要注意!
  • 抽象的な募集文句には要注意!
  • 極端に低いor高い給料には要注意!
  • 年間休日数は必ずチェック!

順番に解説していきます。

頻繁にみかける求人には要注意!

求人広告をみていると、何か月も前から掲載され続けている求人を目にした経験はありませんか?

こういった求人は、ブラック企業のものである可能性が高いです。

というのも、求人広告を掲載し続けなければならないということは、裏を返せば社員の数が常に足りていないということ。

さらに裏を返せば、それだけ離職率がたかいと言うことです。

もしその会社がずっと働きたいと思える環境が整っていれば、そもそも慢性的な人材不足に悩まされることはないですよね。

掲載されている期間が極端に長いものや、頻繁に目にする求人広告には要注意です!

抽象的な募集文句には要注意!

求人広告によく見かけるキーワードとして「情熱のある方大募集!」や「夢のある人を応援します!」など、きわめて抽象的で分かりづらいものがあります。

こういった企業は、ブラック企業である可能性が非常に高いといえるでしょう。

というのもこういった企業の場合、やる気や情熱の名のもとに無理なノルマを課したり、経験の少ない業務に根性論で従事させたりする企業が非常に多いためです。

少し前は根性論や精神論がまかり通っていた時代もあるかもしれませんが、現在のホワイト企業でそのような気合いによる業務を行っているところはほどんとないありません。

極端に低いor高い給料には要注意!

求人広告の中に、驚くほど給料の高い求人を目にした方も多いでしょう。

給料が極端に低い求人はもってのほかですが、極端に高給な求人に飛びつくのは大変危険です。

なぜなら高額な給料の裏には、長時間の残業や無理なノルマ、休日出勤などさまざまな要素が絡んでいる可能性が高いからです。

転職する上で、最初に給料の欄をチェックする人も多いですが、不自然なほどに魅力的な給料に騙されてはいけません!

年間休日数は必ずチェック!

はたらく人にとって非常に大切な要素として、休日があります。

ブラック企業の多くは、一日でも長く会社を機能させるために年間休日数を少なく設定している企業がすくなくありません。

こういった方針の企業では、酷い例では貴重な休日さえも自宅で仕事を行わせたり、強制的に会社のイベントに参加させたりする事さえあります。

ちなみに労働基準法にそって計算すると、最低の年間休日数は105日となります。

これは仮に毎週土日を休みとした場合の数字です。
夏季休暇も年末年始休暇もないので、長く働き続けるには非常に厳しい数字です。

逆に年間休日数が120日を超えていると、一般的にホワイト企業と認知されています。

ホワイト企業を考える上では120日、ブラック企業を考える上では105日という数字を基準にしてみましょう!

タイプ別!高卒の方にオススメのホワイトな仕事

上の「『ホワイト企業』とは何かを理解する」でも述べた通り、人によってホワイト企業に求める条件はそれぞれ違います。

ここでは、求める条件ごとにオススメなお仕事を挙げていきます。

どれも学歴による制限がない事が多いため、高卒の方でも挑戦できるものばかりです。

ぜひ参考にしてみてください。

年収を増やしたい!

「体力を使っても年収をガッツリと稼げる企業がホワイト企業だ」と考えている方には、以下に挙げるお仕事はいかがでしょうか。

実力次第で高収入が狙えますよ!

建設業界

年収をあげたい方にオススメな業界として建築業界があげられます。

建設業界の中でも特に現場ではたらく職人さんの世界では高齢化がすすみ、若い人材が不足しています。

そのため、経験や学歴がなくても技術をしっかりと習得していける人であれば、現場での活躍が期待できます。

そのうえ、体力を使い危険と隣り合わせな作業も多いため、一般的なサービス業などと比較すると、収入は高いです。

営業職

実力次第でグングンと収入を伸ばすことのできるお仕事の代表格として、こちら営業職
が挙げられます。

営業職では契約が成立するごとに、追加で報酬が支給されることがほとんどです。

そのため、人当たりの良い方や、コミュニケーション能力が高い方などは高い収入が期待できますよ!

ただし、新規顧客開拓や取引先の巡回など、体力を要する機会もおおいので、体力に自信がない方には、難しいかもしれません。

やりがいのある仕事がしたい!

「毎日同じことの繰り返しで、やりがいを感じられない・・。」と感じて仕事に対するやりがいをホワイト企業の条件として設定している方には、以下のお仕事を挙げてみます。

どちらも日々お仕事の内容が違うため、仕事に変化を求めている方にはオススメですよ!

介護職

深刻な人手不足が叫ばれている介護業界では、学歴を重視されることはほとんどありません。

また仕事をしながら関連する資格を取得していけば、給料のアップも可能ですよ!

介護の現場ではお休みが取れない場合も多くありますが、デイケアサービスなどのお仕事であれば、安定したお休みを確保できる事もおおいです。

一般的に介護業界はブラックであると考えられる事がおおく、慢性的な人材不足に陥っています。

そんな状況を打開するため、厚生労働省では「介護事業所の認証評価制度」を開始しました。→参考:人材育成等に取り組む介護事業者の認証評価制度の実施について

介護のお仕事は、社会になくてはならないとても大切なものなので、やりがいをホワイト企業の条件に設定している方には大変オススメです。

宿泊業界

ホワイト企業の条件として、「やりがいと日々の仕事に変化があること」を設定している方にオススメなのは、宿泊業界です。

日々新しいお客様をお迎えする毎日なので、常に変化のあるお仕事に携わることができます。

また、宿泊されたお客様に満足して頂けた時には、苦労した分だけやりがいを感じることができるでしょう。

体力を使わない仕事がしたい!

ホワイト企業の条件の一つとして、体力を使わない仕事を挙げる方は多いのではないでしょうか?

「来る日も来る日も仕事で体力を奪われてつらい・・・。」という方は、座り仕事が多いお仕事をオススメします。

例を挙げてみましょう。

工場での手仕上げ作業

手仕上げ作業とは、工場で製造された部品のバリ取りや面取り、やすり掛けなど、機械では出来ない加工を施す作業の事です。

ほとんどは座った状態で行うため、工事現場などのように体力を激しく消耗することはありません。

集中力が要求されるお仕事ですが、学歴を重視されることは稀なため、高卒の方でも挑戦できますよ!

プログラマー

高卒の方でもホワイト企業への転職が狙えるお仕事として、プログラマーがあげられます。

介護の現場と同じく、IT業界も深刻な人材不足に悩まされていて、学歴不問、未経験者歓迎の求人が沢山あるうえ、座り仕事が大半な為、体を激しく酷使することもありません。

座ってできるお仕事がしたいと思っている方には特にオススメのお仕事です!

残業が少ない仕事がしたい!

残業が少ないことをホワイト企業の条件に設定している方もすくなくありません。

毎日の残業は心も体も消耗してしまうものですよね。

残業が当たり前になっていて、いつも定時に帰れない・・・。と悩んでいる方に向けて、オススメなお仕事を2つご紹介します。

事務職

事務職は、日々の業務に大きな変化が起きにくいお仕事のひとつです。

そのため、日々の業務をこなしていく中で仕事に慣れさえすればテキパキと時間通りに仕事を終わらせられるようになり、自然と残業の必要もなくなるでしょう。

加えて、事務のお仕事の大半はPCを使って行います。

PCスキルが高い人であるほどお仕事の能率はアップしますよ!

営業アシスタント

営業アシスタントとは、「営業事務」ともよばれ、主に営業担当者のサポートを行うお仕事です。

具体的には、営業スケジュールの管理やメールの確認、営業先からのお客様への対応など、営業担当者の秘書とも言える幅広い業務内容が特徴です。

また、営業担当の補佐をする中で、様々な営業のノウハウを得ることが出来るため、将来は営業職としてのキャリアアップも狙うことができます。

そんな営業アシスタントですがお仕事全体でみると、残業時間が少ないことも特徴の一つです。

従事するのは営業活動そのものではなく営業担当者の補佐なので、勤務時間外に取引先とやりとりをすることも、基本的にはありません。

休日も収入もしっかり確保したい!

休日も収入もはたらく人にとって非常に重要です。

できればどちらも充実した仕事に転職したいですよね。

そんな方に向け、以下に2つの例を挙げてみました。

技術系大学職員

ホワイトなお仕事として注目されているものの一つに、大学職員が挙げられます。

大学によって支給額には差がありますが、おおむね毎年賞与が支給され、さらに土日祝日がお休みの事がおおいです。

ただし、入試やオープンキャンパスなど、特別なイベントがある場合は休日が変動する可能性もあります。

そんな大学職員ですが、高卒の方が目指す場合は「技術系大学職員」をめざしましょう!

というのも、大学職員には大きく分けて「事務系」と「技術系」があり、事務系の大学職員には応募資格の一つに「大卒以上」が設定されているものが多いからです。

一方、大学内の整備計画の立案や設備・施設の保守点検などに携わる技術系の職員は、学歴によらない募集も行われています。

スキルや経験に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

地方公務員

ホワイトな職場として根強い人気を誇るのが、市役所などではたらく地方公務員です。

基本的に土日祝日はお休みな上、賞与も毎年支給されることから、地方公務員は堅実なお仕事として、大変人気があります。

高卒の方が地方公務員として転職する場合、それぞれの自治体が定める試験に合格する必要がありますが、高卒でホワイトな環境に転職する場合には、候補の一つに入れておきたいお仕事です。

高卒から無事ホワイト企業へ転職出来たら?

積み重ねた努力が実り、無事理想のホワイト企業へ転職できたとしても、注意しなければならない点もあります。

せっかくの転職成功が水の泡になってしまわないように、しっかりと確認してください!

  • 職場の雰囲気に早く慣れよう!
  • 気を緩めないように気を付けよう!
  • ブラック企業での経験を糧に!

それぞれ順番に解説していきます。

職場の雰囲気に早く慣れよう!

今までブラックな環境で働いてきた方にとって、働きやすいホワイトな環境に驚いてしまう事は多いでしょう。

特に、社員の働きやすさを大切にしている職場では、「オフィス内ドリンク無料」「スポーツジム利用割引」など、うれしい福利厚生が充実していることが多いです。

そんな環境でのびのびと楽しく仕事をしている社員は、社員同士の仲が良かったりフランクな雰囲気であったりする場合も珍しくありません。

以前の職場でパワハラや根性論の押し付けなどを受けてきた方にとっては、楽しい雰囲気に馴染めず、最悪の場合会社で浮いた存在になってしまうことも・・・。

しかし、せっかく理想のホワイト企業へ転職した以上は職場の雰囲気に早く慣れることは仕事をする上でも大切なことです。

明るい職場で楽しく仕事をするためにも、できるだけ早く会社の雰囲気にとけこみましょうね!

気を緩めないように気を付けよう!

上で挙げたように職場の雰囲気に慣れることは大切ですが、仕事をする上では決して気を緩めることがないようにしましょう。

以前の職場からは考えられない程働きやすい環境であったとしても、仕事のクォリティーが大事なのはブラック企業もホワイト企業も同じです。

働きやすい環境が整えられているのは、社員の事を大切にする狙いがある事と同時に、仕事のクォリティー向上も図っての事という意識を忘れてはいけません。

楽しむべきところと、まじめに取り組むべきところのメリハリをしっかりつけて働きましょう!

ブラック企業での経験を糧に!

理想の職場へ転職が成功すると、昔の職場での嫌な思い出や苦い経験とはきっぱりとおさらばしてしまいたくなるものです。

せっかく楽しい職場で働いているのに、以前の職場を思い出していやな気持にはなりたくないですよね。

でも、ブラック企業で体験した苦い経験は、今後新しい職場で長く働いていく上での糧にすることもできます。

たとえば、以前の仕事でミスをした時に、心が折られるほど厳しい叱責を受けた経験があるのならば、いずれ自分か後輩や部下を持った時、そのような注意の仕方をしないように心掛けるなど、意外と苦い思い出がその後の職場で役立つことも多いのです。

以前の職場で理不尽な上司や先輩がいたのなら、彼らを反面教師にして、より働きやすい職場づくりに努めてみてはいかがでしょうか。

高卒からホワイト企業へ転職するにはプロの手も借りよう!

何度か解説してきた通り、高卒でホワイト企業へ転職する上では転職エージェントのサポートは不可欠といえます。

働きながらの転職活動は時間の面でも体力的な面でも困難です。

高卒からホワイト企業への転職を成功させるためには、転職エージェントの力をかりましょう!

また、転職エージェントを利用する上では、複数の転職エージェントに登録する事も大切です。

それぞれの強みにあったアドバイスを受けられるだけでなく、紹介してもらえる求人の数も増えるため、必ず複数の転職エージェントに登録しましょう!

ここでは高卒の方がホワイト企業へ転職するためのオススメの転職エージェントをいくつかご紹介します!

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

すでにスキルや経験に自信があり、より良い待遇を望んでいる方には、こちらの「ビズリーチ」がオススメです。

主に即戦力となってくれる人材を募集しており、管理職や専門職など、幅広い業界の求人を扱っていることが特徴です。

年収が高い求人も多数公開されていて、年収アップを狙う経験者の方には特におすすめの転職エージェントです。

現在の待遇に不満を覚えている方は、ぜひ活用しましょう!

高年収を目指せる!

doda

dodaエージェントの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

経験者の転職に強い転職エージェントとしてもう一つオススメなのが、こちらの「doda」です。

業界を問わず様々な求人広告を保有しており、中でもIT業界の求人数が多いのが特徴です。

もちろん、経験者だけではなく未経験者でも応募可能な求人も数多くあります!

面接での自己アピールのコツや、履歴書の添削など丁寧な指導が受けられますよ!

最短60秒で登録完了!

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴

  • 経歴に自信がなくても転職成功できる
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • LINEでのカウンセリングが可能

20代の方に特に強いことで有名な、こちらの「ハタラクティブ」もオススメです。

経歴や学歴を問わない求人広告が豊富に用意されており、中でもIT業界や接客業のお仕事が多いです。

初めての転職でも丁寧にヒアリングしてくれますので、利用しましょう!

未経験・無資格OK!

リクルートエージェント

つづいてオススメする転職エージェントは、こちらの「リクルートエージェント」です!

経験者未経験者問わず、幅広い業界の求人を多数保有していることで有名で、非公開求人数は10万件以上と、業界でもトップクラスを誇ります。

専任のエージェントが、転職までしっかりとサポートしてくれるため、転職が初めての経験という方でも安心して利用できます!

まとめ〜高卒でホワイト企業へ転職したい方へ〜

この記事では、高卒でホワイト企業へ転職をしたい方に向けて、役立つヒントや押さえておきたいポイントを、オススメのお仕事なども踏まえながら解説してきました。

「高卒じゃホワイト企業への転職なんかむりかも・・。」と不安になってしまう気持ちはよくわかりますが、諦める必要は全くありません!

転職に不安はつきものですが、思い切って一歩踏み出すことで、新たな道がひらけることだってあるのです。

この記事を参考にして、ぜひホワイト企業への転職を成功させてください!

登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ハイクラス向け転職エージェント!キャリアアップを目指している方におすすめ!
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!初めての転職でも安心して利用できる!
dodaの無料登録へ