全国掲載数 5,165 件 (03/28更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 5,165 件 (03月28日更新)

未経験者でもITコンサルタントになれる?転職方法や業務内容を解説します

未経験者でもITコンサルタントになれる?転職方法や業務内容を解説します IT・エンジニアの転職

クライアント企業の抱えるITシステムによる問題を改善し、企業の発展や問題解決のサポートをするITコンサルタント。

年収が高く、大きなやりがいを感じられるITコンサルタントは、未経験の方の中でも人気の職業の一つです。

今回は、未経験でITコンサルタントに挑戦したい方に向けて、役立つ情報やポイントを徹底解説します。

「ITコンサルタントになりたいけど未経験だから自信がない…」という方も、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  1. 未経験者でもITコンサルタントになれる?
  2. 未経験者がITコンサルタントの面接でアピールすべき要素5選
    1. ①論理的思考力
    2. ②コミュニケーション能力
    3. ③学び続ける姿勢
    4. ④表情・話し方・ジェスチャーなどの非言語
    5. ➄体力
  3. ITコンサルタントの面接で武器になる資格4選
    1. ①ITコーディネーター
    2. ②ITストラテジスト
    3. ③中小企業診断士
    4. ④PMP
  4. ITコンサルタントの面接でよくある「ケース面接」とは?
  5. 【領域別】ITコンサルタントの業務内容
    1. IT戦略コンサルタント
    2. SCM(顧客関係管理)コンサルタント
    3. ERP(企業資源計画)コンサルタント
    4. PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)
  6. ITコンサルタントが持っておくべき知識
    1. 企画力
    2. 最新のITトレンド
    3. 経営に関する知識
  7. ITコンサルタントのやりがい③選
    1. ①業務がクライアントの利益に貢献したと実感できる
    2. ②達成感が大きい
    3. ③高年収が狙える
  8. ITコンサルタントのつらい所2選
    1. 残業が発生しやすい
    2. 日々の勉強が必須
  9. ITコンサルタントの将来性
  10. ITコンサルタントからのキャリアパス
    1. より高度なITコンサルタントを目指す
    2. マネジメント職へのキャリアアップ
    3. 他業種への挑戦
  11. 未経験者がITコンサルタントを目指すなら転職エージェントが必須
    1. マイナビITエージェント
    2. ワークポート
    3. レバテックキャリア
  12. ITコンサルタントを目指す未経験者に多い質問
    1. ITコンサルタントに英語力は必須?
    2. SEとITコンサルタントの違いは?
    3. 年齢を重ねるとITコンサルタントになれない?
    4. 資格がないとITコンサルタントになれない?
  13. まとめ~未経験者がITコンサルタントになるにはポイントを押さえよう~
ITエンジニア・デザイナー向け転職エージェント!
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ITエンジニア・デザイナー向け転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!

未経験者でもITコンサルタントになれる?

結論から述べますと、未経験でもITコンサルタントになることは可能です。

ただし、必要なスキルや知識を習得するために努力や学習を継続的に行うことが大切でしょう。

また、コンサルタントとしてのキャリアアップに向けてのトレーニングや経験を積むことも重要になります。

未経験者がITコンサルタントの面接でアピールすべき要素5選

ITコンサルタントとしての知識や実績があまりない方にとって、面接で何を話せば良いのか不安を抱える方も少なくないはず。

ここからは、未経験者がITコンサルタントの面接でアピールすべき要素を5つ紹介します。

①論理的思考力

ITコンサルタントは、ビジネスに関連するITシステムの問題を解決するために、論理的かつ効率的なアプローチを必要とします。

面接官は論理的な考え方ができる人材を求めているため、過去の経験や学習した内容を話す際にこれらのスキルをアピールすると有利に働くでしょう。

②コミュニケーション能力

ITコンサルタントは、クライアントやプロジェクトに関わる全ての人々と密接にコミュニケーションを取らなければなりません。

順応性や説明能力、プレゼンテーションスキルなど、クライアントや関連部署との信頼関係を生み出すことのできる、高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。

③学び続ける姿勢

ITコンサルタントの面接では、学び続ける姿勢や意欲をアピールすることが大切です。

IT業界は非常に速いペースで進化しており、常に新しい技術やツールが開発されています。

ITコンサルタントは、常に学び続け、最新の技術に対応することが求められます。

特に未経験であれば、これから学び続けるというアピールは必要不可欠でしょう。

④表情・話し方・ジェスチャーなどの非言語

ITコンサルタントの面接で表情・話し方・ジェスチャーなどの非言語をアピールすることは、面接官に深い印象を残すことができます。

非言語は言葉以上に情報を伝える力があり、非言語をコントロールすることで自分自身の強みや信念をアピールできます。

面接では積極的な態度、自信を持った表情、関心を示すボディーランゲージなどで自分を表現してみましょう。

➄体力

ITコンサルタントの仕事は、一般的にはハードワークと呼ばれ、その理由は予期せぬトラブルへの対応や休日出勤などが関係します。

そのため、体力およびメンタル面が強いことをアピールすると、この先困難があっても継続できる人材である印象が深まるでしょう。

まだ、知識や経験に自信のない未経験の方は、まず体力があることをアピールするのがおすすめです。

ITコンサルタントの面接で武器になる資格4選

ITコンサルタントの仕事では、必ず取得しなければならない資格はありませんが、持っていると役立つ資格はいくつか存在します。

ここからは、面接で武器になる4つの資格を紹介します。

①ITコーディネーター

ITコンサルタントの面接では、ITコーディネーターの資格を持っていることが役立つ可能性が高いです。

ITコーディネーターの資格では、プロジェクトマネジメントスキル・ITシステムやネットワークなどの技術的な知識・ビジネス知識を身につけられます。

ITの仕事に携わる上で必ず役立つ文化なので、学習意欲を示すためにも取得しておくのをおすすめします。

②ITストラテジスト

IT業界の最新動向やITシステムのトレンドなど、幅広い知識とスキルを身につけられるITストラテジストは、ITコンサルタントの面接でも武器となるでしょう。

また、ITストラテジストを取得すると、給料アップも目指せるので、チャレンジしてみる価値ありです。

③中小企業診断士

中小企業診断士の資格を持っていると、企業に対する理解と専門知識が深まり、より具体的なアドバイスができるようになります。

クライアントとの信頼性も高められるので、面接でより良い印象を残せるでしょう。

④PMP

PMPは取得することで、プロジェクトマネジメントのノウハウやベストプラクティスに網羅した知識を持つことを証明できます。

世界的認知度の高い資格のため、面接官から高い評価を得ることができます。

ITコンサルタントが利用すべき転職エージェント・転職サービス10選!

ITコンサルタントの面接でよくある「ケース面接」とは?

ITコンサルタントの面接でよくあるケース面接とは、面接官が業務に直面している問題や課題に対して候補者がどのような対に対応するかを想定したシミュレーションのこと。

ケース面接では、課題解決能力やアプローチスタイル、コミュニケーション能力などが評価されます。

【領域別】ITコンサルタントの業務内容

ITに関連する仕事の中でも、プロジェクトチーム全体の管理をする役割を果たすITコンサルタントですが、一体どのような業務を遂行しているのでしょうか。

ここからはITコンサルタントの業務内容を領域別に解説します。

IT戦略コンサルタント

IT戦略コンサルタントは、企業のITシステムを活用してビジネス戦略を立て、実現するためのアドバイスを行うプロです。

ビジネスニーズとIT技術の可能性を統合し、コスト削減や収益工場など、最適なIT戦略を提供します。

SCM(顧客関係管理)コンサルタント

SCMコンサルタントは、サプライチェーンの管理・最適化を行うことを指します。

ITコンサルタントは、これらをサポートするために企業内の資材管理・生産・販売・配送などの改善を含め、ITシステムの導入や運用改善などを行います。

ERP(企業資源計画)コンサルタント

ERPコンサルタントとは、システムの導入・改善を支援するプロのこと。

企業のビジネスプロセスに最適な企業資源計画システムを選定し、導入や運用などのサポートを行います。

ERPコンサルタントは、効率的な管理と情報共有を実現させる役割をしています。

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)

PMOは、プロジェクト管理をサポートするオフィスです。

ITコンサルタントは、PMOの設立から運用にも携わり、プロジェクトのスムーズな遂行やコスト・品質などの管理をしています。

ITコンサルタントが持っておくべき知識

ITコンサルタントは、未経験でも目指すことは可能ですが、ITコンサルタントとして活躍するために知っておくべき知識があります。

以下で3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

企画力

クライアントの課題に対して最適なITソリューションを提案しなければならないITコンサルタントは、企画力が必要です。

企画力を身につけるためには、常に幅広い業界研究や技術を学び、新しいアイデアや視点を得ることが大切です。

最新のITトレンド

ITコンサルタントでは、常に最新のITトレンドをアップデートする必要があります。

クライアントのニーズに合った、最新で最善の提案ができるよう、新しいIT技術や情報を学び続ける姿勢を大切にしましょう。

経営に関する知識

ITコンサルタントでは、ITの知識だけでなく経営に関する知識も必要です。

クライアントの経営戦略やビジネスプロセスの最適化、コスト削減などをサポートするためにも、経営に関する基礎知識が活躍するでしょう。

ITコンサルタントのやりがい③選

ITの知識やスキルが求められ、一見難しそうなITコンサルタント。

実際は、需要が高く非常にやりがいのある仕事です。以下ではITコンサルタントがやりがいを感じる3つのことを紹介します。

①業務がクライアントの利益に貢献したと実感できる

ITコンサルタントの仕事では、クライアント企業の成長や改善に貢献した結果を実感できるのがやりがいの一つ。

業界のトレンドや最新の技術に触れることができるため、常に学び続けられるのも魅力です。

②達成感が大きい

ITコンサルタントの仕事では、仕事の成果が明確になるため、自分自身の能力や努力が実際の結果に繋がっていることを実感することができます。

また、自分の仕事が社会やクライアント企業に貢献しているという、大きな達成感とやりがいを感じられるでしょう。

③高年収が狙える

ITコンサルタントは、高い技術力や経営に関する知識が求められるため、年収が高いことでも有名です。

また、キャリアアップのチャンスも多く、仕事に対するやりがいも感じられます。

それなりの激務でも、高い年収があるのであればモチベーションの維持は難しくなさそうです。

ITコンサルタントのつらい所2選

ITコンサルタントといえば「激務」とイメージを持つ方も少なくありませんが、実際はどのような点が激務とされているのでしょうか。

以下では、ITコンサルタントの辛いところ2選を紹介します。

残業が発生しやすい

ITコンサルタントでは、クライアントの緊急性の高いプロジェクトや締め切りの迫ったタスクが多い場合が多く、残業が発生しやすい傾向にあります。

そのため、休日出勤や残業に耐えられる体力やメンタルスキルが必要です。

日々の勉強が必須

ITコンサルタントは、常に業界や技術の最新情報に追いつくために、日々学習することが必要である点を辛いと感じる方も少なくないでしょう。

このような学習は仕事に活かすことができ、キャリアアップにもつながるので、辛さを乗り越えて継続することが大切です。

おすすめ転職エージェントの比較ランキング!【2023年最新版】

ITコンサルタントの将来性

ITの技術が毎日のように発展している現代では、ITコンサルタントの需要は高まる一方です。

IT業界は常に進化しており、新しい技術やソリューションの開発によってビジネスニーズも変化します。

そのため、常に学習することが求められるITコンサルタントは、ビジネスの変化に対応できる能力を維持でき今後さらなる需要が見込まれます。

ITコンサルタントの大手まとめ!年収や大手のメリットを解説

ITコンサルタントからのキャリアパス

ここからは、ITコンサルタントからのキャリアパスについて解説します。

しかし、あくまで個人のキャリアゴールや企業の組織構造によっても異なるため、参考程度にみてください。

より高度なITコンサルタントを目指す

ITコンサルタントのキャリアアップ過程では、より歩k雑なビジネス課題に対して高度な技術力やアドバイス能力を備えることが大切です。

常に新しい技術やトレンドを学び、スキルアップを図ることで、より高度なITコンサルタントを目指すことができます。

マネジメント職へのキャリアアップ

ITコンサルタントからマネジメント職へのキャリアアップは一般的で、マネジメントやリーダーシップ能力の向上が求められます。

また、ビジネスの戦略の策定や顧客とのコミュニケーション能力も求められるため、マネジメント職に就くには幅広いスキルを身につけることが大切です。

他業種への挑戦

ITコンサルタントで培った技術力やビジネスの知識を他業種で活かすのも、キャリアアップの一つです。

製造業や金融業などでも、ITコンサルタントスキルを活用して、ビジネス課題の解決やシステム改善などに取り組むことができます。

これまで自分が身につけたスキルや経験を、どのように活かせるか見返してみると良いでしょう。

未経験者がITコンサルタントを目指すなら転職エージェントが必須

初めて転職をする方の中には「何からはじめて良いのかわからない」と、なかなか転職に踏み切れない方も少なくありません。

ここからは、未経験者がITコンサルタントへの転職を検討する際におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

マイナビITエージェント

マイナビエージェント

マイナビITエージェントの特徴

  • 業界トップクラスの求人数
  • 非公開求人が多い
  • コンサルタントの手厚いサポート

マイナビITエージェントとは、マイナビが運営するITに特化した転職エージェントです。

マイナビが大手であることから、企業側からも信頼されているため、スタッフの交渉次第で効率よく転職先が決まる可能性が高いと言えるでしょう。

大手転職エージェントで、手厚いサポートを受けたいという方は、マイナビITエージェントをチェックしてみてください。

ワークポート

ワークポート

ワークポートの特徴

  • IT・WEB分野に強い
  • 紹介してもらえる求人量が多い
  • コンサルタントの手厚いサポート

ワークポートは、IT業界専門の転職サービスと話題のエージェントです。

求人紹介だけでなく、必要書類の添削や面接練習、企業側との日程調整まで幅広くサポートしてもらえるのが魅力です。

忙しい方や現職を続けながらの転職活動の方でも、安心して利用できるでしょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴

  • コンサルタントがエンジニア出身
  • キャリアコンサルタントの徹底サポート
  • 内定率が高い

レバテックキャリアは、エンジニアなどを含むITに関する職業に特化した転職エージェントのことです。

ハイクラスで高報酬の求人を多く取り揃えており、キャリアアップを目指す方にもおすすめです。

ITに関する豊富な知識をもつスタッフも多数在籍しているので、気になる方はぜひ登録してみてください。

ITコンサルタントを目指す未経験者に多い質問

特に未経験でITコンサルタントを目指す方にとっては、業界のことや必要なスキルなど、疑問に思うことがたくさんあるはず。

下記では、ITコンサルタントを目指す未経験者に多い質問を大きく4つに分けて紹介します。

ITコンサルタントに英語力は必須?

英語力が必要かどうかは業界や企業によって異なりますが、一般的には英語力は重視されるポイントとも言えます。

しかし、必須というわけではないため、自分の英語力のレベルに応じた適切なポジションを選ぶと良いでしょう。

SEとITコンサルタントの違いは?

SEは技術的なアプローチから問題を解決する役割を持ち、ITコンサルタントはビジネスの観点から問題を解決する役割を持っています。

年齢を重ねるとITコンサルタントになれない?

年齢はITコンサルタントになれるかどうかに影響を与えることはありません。

年齢を重ねても、必要なスキルさえ磨き続けられるのであれば、ITコンサルタントを目指すことが可能です。

資格がないとITコンサルタントになれない?

資格はITコンサルタントになる上での一つの要件ですが、必須ではありません。

成果や実務経験を評価されることがほとんどのため、特別な資格を持っていなくてもITコンサルタントを目指すことは可能です。

まとめ~未経験者がITコンサルタントになるにはポイントを押さえよう~

今回は、未経験でもITコンサルタントを目指したいという方に向けて、ITの仕事に携わる上で必要なスキルや役立つ情報を紹介しました。

ITコンサルタントは激務とも呼ばれていますが、クライアント企業の発展や問題改善に直接関わることのできる、非常にやりがいのある仕事です。

必要なスキルを身につけ、日々学ぶ姿勢を持ち続けることで、未経験でも十分に目指せるでしょう。

「未経験だから…」と、一歩を踏み出せない方は、ぜひこの記事も参考にお役立ていただけると幸いです。

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました