全国掲載数 5,165 件 (03/28更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 5,165 件 (03月28日更新)

建築営業の志望動機の効果的な書き方!例文と押さえるべきポイント

建築営業の志望動機 ガテン系の転職

建築営業に挑戦する上で悩ましいのが「志望動機」ですよね。

志望動機は採用において非常に重要な要素の1つです。

特に未経験で建築営業に挑戦する場合、採用担当者はまず志望動機に注目します。

採用担当者に良いインパクトを与える上では、志望動機が大きなカギの一つです。

とはいえ、何の情報もなしに志望動機を書き上げるのは難しいですよね。

この記事ではそんな人たちに向け、建築営業に挑戦する上で効果的な志望動機を例文付きで解説します。

あわせて押さえるべきポイントや建築営業の求人に強い転職サイト・転職エージェントも紹介します。

ぜひ最後まで目を通してください!

ガテン系転職におすすめ!GATEN職の登録はこちら

建築営業とはどんなお仕事?仕事内容や転職を有利にする資格を紹介!
ガテン系の求人を見つけるなら「GATEN職」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ガテン系の転職におすすめ!

建築営業の効果的な志望動機

建築営業の効果的な志望動機

早速建築営業の効果的な志望動機を見ていきましょう。

建築営業の志望動機には、後ほど解説するように押さえるべきポイントがたくさんありますが、まずは例文に目を通しておおまかな感覚をつかんでください。

この記事では3つの例文を掲載します。

順番に読んでいきましょう。

建築営業の平均年収は400万円?年収アップが狙える資格や仕事内容を解説

例文①:営業経験者の場合

まずは営業経験者が建築営業に挑戦する場合です。

以下に挙げる例文を見てみましょう。

私が御社を志望したのは、営業職としてより高度な人材に成長したいと考えたからです。私は前職の部品製造工場の営業職として、5年間勤務してまいりました。

5年間の勤務の間ではキャリアアップも叶い、業績の向上にも貢献できたという自負がある一方、5年間の営業経験で培ったスキルをより大規模な取引に活かしたいと考えるようになりました。

なかでも建築営業は私の憧れのお仕事です。

親戚に大工がいた関係で子供のころから建築にも興味があり、また商材の規模も大きいことからより優秀な営業職として成長する1番の業界と考えています。

なかでも御社が第一に掲げる「快適と安全を両立させた建築」に強く惹かれました。

地震大国でもある日本では、「快適と安全を両立させた建築」は建築業界全体で共有すべき理念と考えています。

入社が叶いました暁には、前職での営業経験を活かしつつ御社が掲げる理念のもとで、土地活用に悩むお客様に最適な建築を提案して参りたいと思います。

異業界の営業職から転職する場合「なぜ建築業界の営業職を選んだのか」をハッキリ述べてください。

加えて「数ある建築業界のなかから志望先を選んだ理由」も明示しましょう。

志望の本気度が伝わりやすくなります。

例文②:営業未経験者の場合

続いては営業経験がない人の場合です。

次の例文を見てください。

私が御社を志望したのは、持ち前のコミュニケーションスキルをより広く社会に活かしたいと感じたからです。

私は前職で特別養護老人ホームの職員として3年間勤務してきました。

とても大きなやりがいを感じている一方で、サービスを提供する対象が「介護が必要なお年寄り」に限定されている点に物足りなさも感じていました。

そんな時に知ったのが「建築営業」というお仕事です。

現在日本では土地の有効活用が課題となっている一方、具体的な方法がわからない地主さんも多くいらっしゃいます。

そうした方に対して、持ち前のコミュニケーションスキルを発揮して最適な営業が出来れば、土地の有効活用や企業への業績アップなどさまざまなメリットに繋がると考えました。

また前職の利用者の方のなかには、自分の要求を上手く伝えられない方もいらっしゃいました。

そのため、私は利用者の方が何を求めているのかを最優先に考えてきました。

御社に入社が叶いました暁には、前職と同じように相手が求めるものが何なのかを優先して考え、業績アップに貢献したいと考えています。

未経験から建築営業に挑戦する場合、やる気の高さだけで応募するのは不安が残ります。

これまでのキャリアで建築営業に活かせるスキルがないかを洗い出し、志望動機に盛り込んでください。

例文③:スキルを強くアピールする場合

志望動機にはスキルのアピールが欠かせません。

関連性の薄い業界から建築営業に転職する場合には、特に意識してアピールしましょう。

私が御社を志望したのは、ヒアリング力をより大きなお仕事に活かしたいと考えたからです。

私は前職のコールセンターで4年間勤務してきました。

もともと聞き上手と言われることが多かった私にとって働きがいのあるお仕事でしたが、「機械の電源が入らない」「操作方法がわからない」といった疑問を毎日解決するうちに、自分のヒアリング力をより大きなお仕事で発揮したいと考えるようになりました。

そんな中御社のホームページで知ったのが「建築営業」というお仕事です。

ホームページ上で掲載されているコラムで「建築営業は話す力よりも聴く力が大切」と解説されていたのを拝読し、私のヒアリング力を大きなお仕事に活かせるお仕事だと感じました。

なかでも御社は「お客様のニーズに沿った最適な提案」を経営理念の一つに掲げていらっしゃいます。

私も前職では、数ある解決策のなかから1人1人のお客様に最適な方法の提案を心がけてきました。

入社が叶いました暁には、前職で培った仕事への取り組み方やヒアリング力を存分に発揮して、業績アップに貢献したいと考えております。

建築営業のお仕事ではヒアリング力が重要なスキルです。

「聞き上手」「1人1人に最適な提案」といったキーワードを志望動機に盛り込めば、採用担当者の目を惹きやすくなりますよ。

建築営業の志望動機を書くポイント5選

建築営業の志望動機を書くポイント

つぎに、建築営業の志望動機を書くうえで押さえるべきポイントを見ていきましょう。

自分では効果的な内容に仕上げたつもりでも、ポイントを押さえていない例文は面接官の目には魅力的に映りません。

それぞれしっかりチェックしてください。

建築営業の志望動機を書くポイント5選

  1. 志望動機の構成に気を配る
  2. 建築業界を選んだ理由を述べる
  3. なぜその起業を選んだのかを述べる
  4. 就職後に活かせるスキルを述べる
  5. 将来のキャリアプランを述べる

上から詳しく解説します。

建築営業はきついって本当?きついと言われる理由と状況改善のポイント

①志望動機の構成に気を配る

次から解説するように、志望動機には盛り込むべき内容がたくさんあります。

それらに注意するあまり、志望動機の構成がめちゃくちゃになってしまっては逆効果です。

建築営業に限らず志望動機の構成にはある程度の決まり事があります。

順番を無視して書き上げると言いたいことが採用担当者に伝わりません。

建築営業の志望動機を作る上では、次のような構成を意識してください。

志望動機の基本の構成

  1. 結論
  2. 結論の根拠
  3. 応募先の企業を選んだ理由
  4. 入社後のキャリアプランややりたいこと

このように時系列を意識することで、採用担当者が理解しやすい内容に仕上げられます。

時系列がバラバラだと、採用担当者が頭の中で内容を整理し直さなければいけません。

建築営業はクライアントとコミュニケーションをとる機会が頻繁にあるので「自分の言いたいことを相手に伝えられない人」と思われると、採用の確率が大きく下がってしまいます。

②建築業界を選んだ理由を述べる

営業職は、あらゆる業界に存在する職種です。

そんななか、あえて建築業界の営業職を選んだ理由を説明してください。

この点が上手く説明できないと「ほかの業界の営業でもいいのでは?」と思われかねません。

「なぜ建築業界でなければだめなのか」「建築業界のどんな点に魅力を感じるのか」といった点を意識すると、採用担当者の注意をひけます。

建築業界を選んだ理由は、志望動機の初期段階で盛り込むべき内容です。

ファーストインパクトを強烈に与えるためにも、手を抜かずにじっくり考えましょう。

③なぜその起業を選んだのかを述べる

業界を選んだ理由だけでなく、応募先の企業を選んだ理由も明示してください。

建築営業の求人を出している企業は山のようにあります。

それらのなかからなぜ応募先の企業に目をつけたのかを説明しないと「別にこの会社じゃなくてもいいじゃないか」と思われかねません。

数ある求人広告のなかから応募先を選んだからには、注目したポイントがありますよね。

その点を重点的に考えると、志望動機に盛り込みやすいです。

また企業の強みや経営理念などから切り込むと、応募先の魅力や他社と比べて優れている点などが見えてきます。

志望動機作成にあたっては、求人広告や企業のホームページなどを読み返して自分が注目した点を洗い出してください。

④就職後に活かせるスキルを述べる

建築営業は、会社の業績アップにつながるような営業成績が求められます。

言い換えれば、会社の戦力にならないと思われれば採用されないということです。

就職後に活かせるスキルの明示は、企業が応募者を採用するメリットを考える上で不可欠と言えます。

自分が持っているスキルをどのように業績アップにつなげるのかを、しっかりアピールしてください。

単に「コミュニケーション能力には自信があります」「営業経験があります」というだけでは不十分です。

会社の強みや経営理念などと絡めて、自分のスキルをアピールしましょう。

⑤将来のキャリアプランを述べる

企業は、長期的に活躍してくれる人材を欲しがっています。

特に建築営業は業務内容の難易度が高く、早期に退職してしまう人も少なくありません。

そうしたなかでは中長期的なキャリアプランを盛り込むことで、応募先の企業で長く働く意思を効果的にアピールできるのです。

特に未経験者が建築営業に挑戦する場合、中長期的なキャリアプランの提示は必須と言えます。

企業は未経験者を一人前の社員に育てるために、莫大なコストをかけなければいけません。

せっかく採用した人がすぐにやめてしまうと、それまでかけたコストが無駄になってしまうのです。

採用担当者に長期的な活躍を期待してもらうためにも、将来のキャリアプランをしっかり盛り込んでください。

建築営業の志望動機に盛り込むべきスキル3選

建築営業の志望動機に盛り込むべきスキル

上では、自分が持っているスキルのアピールが大切と解説しました。

ここで重要なのは、「応募先で活かせるスキルでなければ意味がない」と言う点です。

たとえば建築営業の採用シーンで調理師免許を売り込んでも、あまり良いアピールにはなりませんよね。

ここでは建築営業の志望動機を考える上で、有利になるスキルを3つ厳選して解説します。

以下の3つのスキルを見てください。

建築営業の志望動機に盛り込むべきスキル3選

  1. コミュニケーションスキル
  2. 課題発見・解決能力
  3. 精神力

どれも建築営業に求められるスキルばかりなので、しっかりアピールしましょう!

営業に向いている人の特徴とは?営業職に転職したい方必見!

①コミュニケーションスキル

建築営業は、日々クライアントとのやりとりの連続です。

そうである以上、建築営業マンにとってコミュニケーションスキルは必須の能力と言えます。

特に建築営業は他の業界の営業職と比べても扱う商材が高額なので、うまくコミュニケーションをとらないと成約どころかクライアントからの信頼獲得も難しいです。

また、クライアントによっても効果的なコミュニケーションは変わってきます。

丁寧な言葉遣いを好むクライアントもいれば、フレンドリーに接してほしいクライアントもいるのです。

人によって最適なやりとりを心がければ、信頼の獲得にも大きく役立ちます。

②課題発見・解決能力

営業職では、自社商材の提案はもちろんクライアントの話に耳を傾けるのも大切です。

所有している土地に関して、クライアントがどのような運用を望んでいるのかをしっかり把握できないと、最適な提案ができません。

たとえどんなに良い商材をもっていても、クライアントのニーズに沿っていなければ、契約を成立させるどころかうっとおしく思われる恐れもあります。

クライアントの土地活用にはどの様な課題があるのか、どのような解決法があるのか、といった点を的確に判断して、わかりやすく説明しなければいけません。

自分の提案と契約を結ぶメリットを提示できないと、クライアントは納得できないですよね。

単に話し上手・コミュニケーション上手なだけでなく、クライアントが抱える課題点や解決策を見いだせる人であれば、採用面接の場でも有利になります。

③精神力

建築営業は決してラクなお仕事ではありません。

契約が成立できない時期が続いたり、上司から叱責を受けたりとストレスがかかる場面も多いです。

そうした状況を乗り越えるには、強い精神力が求められます。

多少の失敗を気に病んでしまう人だと、次の成約に向けて気持ちが切り替えられずにいつまでも失敗が尾を引いてしまいます。

建築営業は、失敗やスランプを跳ね返せるだけの精神力がないと長期的な活躍が難しいです。

学生時代の部活動やサークル活動などでのエピソードをまじえると、精神力のアピールがしやすくなりますよ!

建築営業の志望動機を悪くする要素3選

ここまでは主に建築営業の志望動機をよくする要素を解説してきました。

ここでは逆に、建築営業の志望動機を悪くしてしまう要素について解説していきます。

以下に挙げる3項目を見てください。

建築営業の志望動機を悪くする要素3選

  1. 勉強意欲だけをアピールする
  2. 論点にズレがある
  3. 強みやスキルのアピールが不十分

盛り込むべき要素とそうでない要素を両方理解して、充実した志望動機を練り上げてください。

営業職に転職するために!志望動機の書き方のポイントや例文を公開中

①勉強意欲だけをアピールする

志望動機や採用面接の場面で「入社後はいろいろと勉強させていただきたいと思います」とアピールする人がいます。

一見すると勉強意欲の高さをアピールしている様にも思われますが、これはNGです。

確かに建築営業は日々の勉強が不可欠です。

とはいえ、会社は学校ではありません

「勉強させていただきたい」といった表現を使うと、「自己学習する意欲はないのか」といったマイナスの印象を抱かせる恐れがあります。

勉強し続ける姿勢のアピールは大切ですが、「誰かに教えてもらう」よりも「自発的に勉強をする」という点を重視してください。

②論点にズレがある

採用面接の場では、志望動機について踏み込んだ質問をされるケースが多いです。

その際には、結論や結論を説明する理由などを押さえて返答しないと、論点がずれていると受け取られかねません。

建築営業のお仕事は日々クライアントとのコミュニケーションの連続です。

面接官に「論点がずれがちな人」と受け取られると、採用が不利になります。

「結論」「理由」の2つを意識して志望動機を書き上げてください。

③強みやスキルのアピールが不十分

企業は、応募者が自社の業績アップに貢献できるスキルを持っているかどうかを重視します。

面接官に魅力的な人材と思われるには、スキルのアピールが肝心です。

自己アピールが不十分な場合、戦力にならないと判断されて不採用になる確率が高いです。

もっているスキルをどの様に建築営業に活かすのかを具体的に示しましょう。

建築営業は、自社商材の売り込みが上手にできないと活躍は難しいです。

自己アピールが不十分な人は「この人に営業活動を任せて大丈夫だろうか…」と思われかねません。

建築営業の志望動機を充実させるカギ4選

建築営業の志望動機を充実させるカギ

建築営業の志望動機を充実させるには、内容ばかりに目を向けていてはいけません。

完成度を高くするためには、以下に挙げる項目にも注目してください。

建築営業の志望動機を充実させるカギ4選

  1. 自己分析
  2. 企業研究
  3. 自動ツールの活用
  4. プロによるサポート

それぞれ見ていきましょう。

転職活動中に落ち込むことは多い!転職を成功させるにはコツがあります

①自己分析

まず1つめは「自己分析」です。

就職・転職活動における自己分析とは、自分のスキルやこれまでのキャリア、将来のキャリアプラン、職場に求める条件など、さまざまな要素を振り返ることを言います。

自己分析は就職・転職活動の土台を作る部分です。

この作業がおろそかだと、志望動機を書こうにも何を手掛かりに取り掛かればよいのか見えてきません。

自社商材を売り込むのが使命の建築営業の場合は特に重要です。

建築営業は自社の商材をきちんと理解しないと、クライアントに対して最適な提案ができません。

自己分析が不十分な場合、志望動機の内容が充実しないどころか、「自社商材の理解ができるか怪しい…」という印象を与えかねません。

「自分が持っているスキルのなかで、建築営業の現場で活かせるスキルは何か」「入社後はどのように活躍したいのか」といったように1つ1つじっくり自己分析を重ねてください。

②企業研究

「企業研究」とは応募先の企業の情報を可能な限り収集・理解する作業を言います。

経営理念や会社の特徴・強みなどの把握は、就職・転職の場面で必須の作業です。

自己分析ができていても、志望する企業への理解が不十分だと採用は難しいです。

自社への理解が薄い志望者は、応募への熱意が低いと思われる場合があります。

企業の経営理念や強みなどをきちんと把握すれば、採用担当者に本気度を伝えやすく評価も上がりやすいのです。

また企業研究で得られた結果を志望動機に盛り込めば、自己アピールも格段にしやすくなりますよ。

「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があるように、採用シーンにおいても自己分析と企業研究はどちらも欠かせない重要な作業です。

③自動ツールの活用

どうしても志望動機の作成が行き詰った場合、自動作成ツールの活用も1つの手です。

インターネット上には、いくつかのヒントを入力することで志望動機を自動で作成してくれる便利なツールがあります。

上手に活用すれば志望動機作成の手がかりが見つかることもあります。

ただし、全てを信頼しきるのは考えものです。

あくまでもAIが作成したものなので、全文をそのまま引用するのはやめましょう。

④プロによるサポート

志望動機の作成に行き詰った場合はプロのサポート、つまり転職エージェントの活用も有効です。

転職エージェントに登録すれば、求人の紹介はもちろん自己分析や応募書類の作成など、内定獲得までのさまざまな作業をサポートしてくれるので、ぜひ利用しましょう。

志望動機の作成には客観的な視点からのアドバイスが役立ちます。

転職のプロフェッショナルにアドバイスをもらえれば、とても心強いですよね!

ガテン系転職におすすめ!GATEN職の登録はこちら

建築営業の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント3選

上でも解説した通り、建築営業の志望動機を書き上げるにはプロのサポートが有効です。

また、もし自分で志望動機を書き上げた場合でも、職場を探すために転職サイトへの登録をおすすめします。

ここでは建築営業の求人に強い転職サイトや、プロの手厚いサポートが受けられる転職エージェントを3つ紹介します。

建築営業の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント3選

  1. GATEN職
  2. リクナビNEXT
  3. doda

順番に見ていきましょう!

転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?

GATEN職

gaten職

  • GATEN職の特徴現場系のお仕事全般の求人を掲載している
  • 建築業界の求人だけで1,000件以上掲載されている
  • 正社員からアルバイトまで様々な雇用形態の求人を見つけられる
  • 希望条件を詳細まで絞って検索できる
  • 動画から求人を探すことができる

まずおすすめするのが「GATEN職」です。

建築業界の求人を得意とする転職サイトで、大工やとび職人などの現場系の求人以外にも営業や事務などの求人にも対応しています。

建築業界だけでも1,000件以上の求人数を誇るので「とにかく求人をたくさんあつめたい!」という人にもおすすめです。

また、動画付きの求人広告もたくさん掲載されています。

職場の雰囲気を理解するのに役立ちますよ!

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 求人数が多い
  • 若年層向けの求人に強い
  • スカウトサービスがある

転職支援サービス最大手の1つ「リクナビ」が展開する転職サイトです。

求人数が多いだけでなく、質の高い求人も多く掲載しているのがうれしいですね!

企業から直接オファーがもらえる「スカウトサービス」を活用すれば、転職活動の効率もグンと上がります。

若年層向けの求人を得意としているので、当てはまる人は登録しましょう!

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が約20万件
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

プロによるサポートを受けたい人は「doda」を活用しましょう。

腕利きのエージェントが志望動機の作成はもちろん、求人紹介や面接対策のサポートなどさまざまな作業を強力に支援してくれます。

あらゆる業種・業界の求人を掲載していますが、営業系の求人を得意としているので建築営業に挑戦したい人にもピッタリです。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

建築営業の理解を助けるQ&A4選

建築営業の理解を助けるQ&A

最後に建築営業についての理解を深めるQ&Aを見ていきましょう。

ここでは以下の質問について回答します。

建築営業の理解を助けるQ&A4選

  1. 建築営業のお仕事内容は?
  2. 建築営業の平均年収は?
  3. 建築営業のやりがいやつらい所は?
  4. 建築業界の今後は?

気になるものはしっかりチェックしてください。

建築会社の営業に適した服装は?服装選びのポイントを解説します!

①建築営業のお仕事内容は?

A.民間相手の場合と公官庁相手の場合で異なります。

民間相手の場合は、地主などの資産家に対して投資用アパートや商用施設などの建築を提案するのが主なお仕事です。

一方公官庁相手の場合は、公共工事の施工権獲得に向けて入札業務に携わります。

どちらも異なるスキルや素質が必要になるので、自己分析と企業研究が大切です。

②建築営業の平均年収は?

A.中小企業ではおおむね400万円、大企業ではおおむね500万円が相場です。

ただし、建築営業は他の営業職と同様に成果主義の場合が多いので、営業成績によっては平均以上の年収を稼ぎ出すこともできます。

③建築営業のやりがいやつらい所は?

A.自分の仕事が形に残る点や、厳しいノルマなどが挙げられます。

自分が携わったお仕事が建築物として目に見える形で残るので、これまでの苦労が実を結んだことを実感しやすいです。

一方で営業職であるため、厳しいノルマが課せられるケースも珍しくありません。

④建築業界の今後は?

A.人手不足が懸念されますが堅実な成長が見込まれます。

国土強靭化計画やリニア中央新幹線計画などもあり、公共工事の需要も安定すると見られています。

まとめ~建築営業の志望動機はポイントを理解して書き上げよう~

この記事では建築営業の志望動機について、効果的な書き方を例文付きで解説してきました。

志望動機を作成する上では、やる気の高さをアピールするだけでは不十分です。

建築営業の現場でどんなスキルを活かせるのかをしっかり盛り込んで、説得力のある内容に仕上げましょう。

自分一人での作成に行き詰まりを感じたら、転職エージェントのサポートを受けるのも有効です。

プロの視点から的確なアドバイスを受ければ、志望動機の作成はもちろん働き先探しもはかどりますよ!

自己PRと志望動機の違いとは?それぞれのポイントを徹底解説
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました