40代未経験者はプログラマーに転職できる??経験者向けの情報も

エンジニア転職コラム

プログラマーのお仕事は、今や社会に必要不可欠なものです。

プログラマーというお仕事が認知されるにしたがって、「自分もプログラマーに転職したい!」と考えている方も多いでしょう。

しかし、「転職しようにも40代では不安・・・。」と尻込みをしてしまっている方もいるのではないでしょうか?

転職するにあたって、年齢はとても悩ましい要素の一つですよね。

この記事では、40代未経験からプログラマーへの転職に役立つヒントを解説していきます。

併せて、転職を考えている40代の現役プログラマーの方へ向けた情報もお届けします!

ITエンジニア・デザイナーに人気の転職エージェント
「レバテックキャリア」
PTOTキャリアナビ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ITエンジニア・デザイナー向け転職エージェント!初めての転職でも安心して利用できる!
レバテックキャリアの無料登録へ
 

40代未経験からプログラマーに転職できる?

結論から言えば、40代未経験者であってもプログラマーに転職することは不可能ではありません。

ただし、転職において「未経験」と「40代」という二つの要素が不利に働いてしまうことは覚悟しましょう。

→出典:doda コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】

40代未経験者のプログラマー転職が難しい理由は様々ありますが、以下に主な理由を挙げてみました。

  • 40代でも応募できる求人が少ない
  • 前職での経験が活かしにくい
  • 職場での年齢差

一つ一つ見ていきましょう。

40代でも応募できる求人が少ない

理由の一つとして、そもそも40代でも応募できる求人数が非常に少ないことが挙げられます。

企業では、はたらきながら様々なスキルを習得することで、将来的には管理職や新人の育成など、重要なポジションで会社の戦力になってくれることを期待しています。

40代では、将来的なスキル形成の計画が立てにくいため、企業は若い応募者を優遇しがちなのです。

前職での経験が活かしにくい

40代未経験者がプログラマーに転職しづらい理由として、「前職での経験が活かしにくい」ということも挙げられます。

プログラマーというお仕事は非常に専門性の高いお仕事です。

そのため、たとえ前職で素晴らしい接客実績を積んでいたとしても、プログラミングの知識が皆無であった場合、その実績をプログラミングの現場には応用できないといった事が多くあるのです。

職場での年齢差

忘れてはならない理由の一つに、職場での年齢差が挙げられるでしょう。

プログラマーの平均年齢は32歳と若く、40代の未経験者がプログラマーとして転職した場合、上司や先輩が年下ばかりという事も十分に考えられるのです。

年下の上司が、いくら新入社員とはいえ年長者に指導するということは非常に気を遣います。

また、40代は部下や後輩を多く持つ年代です。

前職で部下に仕事の指示や教育を行ってきた40代の方が、突然年下の上司に指導を受けることになるので、精神的にも戸惑ってしまう可能性も十分に考えられます。

周囲が年下の上司や先輩ばかりの職場では、自分も上司もともに気を遣うため指導や研修が進まない恐れがあると言うことを忘れないようにしましょう。

40代未経験からプログラマーへ転職する為に

上で述べた通り、40代未経験者がプログラマーへ転職することは、難しいと言わざるを得ません。

しかし、IT業界は深刻な人材不足に見舞われているということもあり、たとえ未経験者であっても応募可能な求人が沢山あることも事実です。

求人広告を注意深くよめば、中には40代未経験者であっても応募可能な求人もあるでしょう。

しかし、そのような求人が見つかったとしても、無鉄砲に飛びついてしまうのは考えものです。

以下に、40代未経験者がプログラマーへ転職する上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

  • どの分野のプログラマーになりたいのか考える
  • 未経験をカバーできる知識を身につける
  • プログラマーに転職する理由を考える
  • プログラマー以外の職種からステップアップを目指す

順番に見ていきましょう!

どの分野のプログラマーになりたいのか考える

一口にプログラマーといっても、携わる分野はさまざまです。

プログラマーには、ゲーム開発の分野で活躍する方もいれば、宇宙開発に携わる方もいます。

ただ漠然と「プログラマーとは機械にプログラムを打ち込む仕事」と考えていたのでは、転職は成功しません。

プログラマーに転職する上では、自分がどのような分野で活躍するプログラマーになりたいのか明確にしましょう。

未経験をカバーできる知識を身につける

活躍したい分野が明確になったら、その分野ではどのようなプログラミング言語が主に使用されているのかを理解しましょう

一口にプログラミング言語といっても、WEB開発やスマートフォンアプリの開発に多く使用されるPython、ゲーム開発で使用される機会の多いC++など、様々な言語があります。

40代未経験でプログラマーを目指すには、活躍したい分野で主に使用されているプログラミング言語の知識の基礎程度は、しっかりと身につけておきましょう。

プログラマーに転職する理由を考える

次に取り掛かるものとして、40代になってなぜ未経験であるプログラマーへの転職を決意したのかを、よく考え直すという作業があげられます。

40代というと職場での地位も確立し、収入も上がっている事がほとんどです。

それまで築き上げたキャリアを投げうってプログラマーへ転職を決意したウラには、相応の理由があるでしょう。

面接ではほぼ間違いなくこの点に関する質問がなされます。

面接官を納得させられるだけの、説得力のある転職動機をしっかりと用意しておきましょうね!

プログラマー以外の職種からステップアップを目指す

いきなりプログラマーとしての転職が難しいのであれば、IT業界の営業職などから入る方法もあります。

もちろんプログラミングに関する知識は必須ですが、営業職であれば今まで築き上げた実績やスキルを考慮してくれる事もあるでしょう。

プログラマーとしての求人がなかなか見つからない場合、このように違う入り口を探すというのも一つの方法です。

プログラミングスクールで知識を身につけよう!

上でも解説したように、40代未経験からプログラマーに転職する上では年齢と未経験というハンデを埋められるだけの知識が必要です。

しかし、独学でスキルを身につけるには限界があるため、プログラミングスクールに通うことをオススメします。

以下にオススメのプログラミングスクールを挙げてみました。

ぜひ活用しましょう!

SAMURAI ENGINEER

最初にオススメするのが、マンツーマンでの指導が高く評価されているこちらの「SAMURAI ENGINEER」です。

自分がどのようなプログラマーを目指すのか丁寧にヒアリングをしてくれるため、目指す分野で必要なスキルをしっかりと学ぶことができますよ。

TechAcademy

二つ目におすすめするのが、こちらの「TechAcademy」です。

公式サイト上の「オススメコース診断」を行うことで、自分にピッタリのコースを選択することが出来ます。

講師陣も現役のエンジニアがそろっているので、質の高い指導をうけられます!

40代の現役プログラマーが転職する場合

では逆に40代の現役プログラマーが転職する場合を考えてみましょう。

平均年齢が若いプログラマーの世界で40代まで活躍したということは、相応の知識やスキルが備わっている事でしょう。

40代の方が転職するにあたっては、こういったスキルや知識を活かした転職を行うことが重要です。

経験を活かす転職先

長いプログラマー経験を活かし、加えて将来性のあるお仕事に転職する場合、オススメなお仕事として以下のものがあげられます。

  • エバンジェリスト
  • プログラミングスクールの講師

順番に見ていきましょう!

エバンジェリスト

エバンジェリストとは、もともとは主にキリスト教における「伝道者」を指します。

IT業界におけるエバンジェリストとは、IT技術の必要性を世の中に広く啓蒙する人や、最新のIT技術をセミナーなどで紹介する人の事をいいます。

プログラミングに関する知識はもちろん、激しく変化をつづけるIT業界の最新のトレンドに触れ続ける必要がありますが、今や社会に必要不可欠となったITの知識を世の中に広く伝えていく重要なお仕事です。

プログラミングスクールの講師

近年、日本のIT業界は人材不足に見舞われており、一人でも多くのIT人材を輩出することは、非常に重要な課題の一つです。

そんな中、プログラミング教室の数も年々増加傾向にあり、全国のプログラミング教室の数は2021年での時点で1万件以上と、急成長している市場でもあります。

IT業界に優秀な人材を一人でも多く送り出すために、プログラミング教室の講師は非常に大切なお仕事です。

プログラマーの経験とスキルを活かすためには、ぜひ考えておきたい選択肢のひとつと言えるでしょう。

IT営業

プログラマーとして培った知識やコミュニケーション能力を活かす選択肢の一つに、「IT営業」があります。

IT営業とは、ソフトウェアの導入やWEBコンテンツの制作など、さまざまなITサービスの契約に向けて営業活動をおこなうお仕事のことです。

一般的な営業よりも専門性が高いためプログラマーとしての経験を活かすことができるだけでなく、多くの場合、契約が成立するごとに歩合給が発生します。

成果次第で、年収アップも見込めるでしょう!

40代未経験者のプログラマーへの転職はプロのサポートが必須!

冒頭でも述べた通り、40代の未経験者がプログラマーへの転職を成功させるには、沢山の困難があります。

また、自力で転職活動をおこなっていては、転職を成功させることはさらに困難になるでしょう。

そこで活用したのが「転職エージェント」の力です!

プロの手を借りることで困難な転職活動であっても、成功への道が開けるでしょう。

以下に活用したい転職エージェントを3つ挙げてみました。

ぜひ活用しましょうね!

また、転職エージェントは一つだけではなく複数登録する事がおすすめです。

特に今回のように難しい転職を成功させるには、一つの転職エージェントだけでは不安です。

必ず複数のエージェントを活用しましょう!

doda

dodaエージェントの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

経験者、未経験者を問わずオススメな転職エージェントの一つが、こちらの「doda」です。

サービス業や建築業など、さまざまな業界の求人を多数保有しており、中でもIT業界の求人は特に豊富です!

未経験の分野に飛び込みたい方、キャリアアップを目指したい方、どちらの方にも大変オススメです!

最短60秒で登録完了!

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

主に即戦力となってくれる経験者を募集しているのが、こちらの「ビズリーチ」です。

管理職、リーダー職など、経験者がさらにキャリアアップできる求人が数多く掲載されています。

プログラマーとしての経験を活かした転職をしたい方は、ぜひ登録しましょう!

高年収を目指せる!

リクルートエージェント

未経験者や転職が初めての方にオススメな転職エージェントのひとつが、こちらの「リクルートエージェント」です。

求人数も業界トップクラスを誇り、専任のアドバイザーが求職者の希望に沿った求人を紹介してくれますよ!

まとめ〜40代未経験者がプログラマーになるには〜

この記事では、40代未経験者がプログラマーになるための方法や、持っておくべき心構えなどを、現役のプログラマーが転職する場合とも併せて解説してきました。

「40代」と「未経験」、どちらも転職をする上ではネックになりやすいキーワードです。

特にプログラマーというお仕事の専門性を考えると、さらに転職は難しいでしょう。

しかし、可能性が全くないわけではありません。

未経験をカバーできるだけの知識を身につけ、ぜひプログラマーへの転職を成功させてください!

登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ハイクラス向け転職エージェント!キャリアアップを目指している方におすすめ!
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!初めての転職でも安心して利用できる!
dodaの無料登録へ