プログラマーの転職先はどこがいい?〜オススメの転職先と見つけ方〜

エンジニア転職コラム

待遇や職場の環境の悪さなどを理由に転職を考えているプログラマーは、少なくありません。

でも、専門性が高いプログラマーとしての経験を活かすには、どんな転職先があるのか、一人ではわかりづらいものですよね。

この記事ではプログラマーの転職先の見つけ方や、具体的な転職先の例などを挙げながら、ヒントになる情報を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

ITエンジニア・デザイナーに人気の転職エージェント
「レバテックキャリア」
PTOTキャリアナビ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ITエンジニア・デザイナー向け転職エージェント!初めての転職でも安心して利用できる!
レバテックキャリアの無料登録へ
 

プログラマーが転職先を探す上で抑えるべきキーワード

プログラマーが転職活動を始めるには、まず最初に押さえておきたいキーワードがあります。

それは、「業種」と「職種」です。

転職活動をする上では必須ともいえるキーワードですが、この言葉の理解が曖昧という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、プログラマーが転職先を探す上で非常に重要なキーワードである、「業種」と「職種」について解説します。

業種

「業種」とは、会社が携わる事業を大まかに分類したものです。

たとえば、土木工事やとび職などは「建設業」、飲食店やスーパーマーケットなどは「卸売・小売・飲食業」といった様に分類されます。

ちなみにプログラマーは「専門的・技術的職業従事者」という分類です。→参考:総務省 日本標準職業分類

職種

上で解説したように、業種とは会社の事業を大まかに大別したものに対して、「職種」とは個人が携わるお仕事の種類の事を指します。

たとえば、「営業職」「事務職」「経理職」といったように、従業員個人のお仕事の内容を分類するものです。

「業種」が、会社の事業の分類、「職種」が社内の従業員の分類と覚えておくとよいでしょう。

業種・職種の組み合わせ方

プログラマーが転職する上では、上で解説した「業種」と「職種」をどのように組み合わせるかを考えることが非常に大切になります。

なぜなら、プログラマーに必要なスキルは専門性が高く、プログラマーとして得たスキルを転職先にどのように活かしていくか考えることが、転職先を設定する上で必要不可欠な作業だからです。

業種・職種をそれぞれ組み合わせると以下の様な組み合わせになります。

  • 同業種・同職種
  • 同業種・異職種
  • 異職種・同業種
  • 異職種・異業種

それぞれのメリットを交えながら解説していきます。

同業種・同職種

プログラマーの転職にあたって、一番堅実なものがこちらの「同業種・同職種」です。

プログラマーとしての知識やスキルを余すところなく発揮できるため、転職先の企業でも即戦力として活躍することが期待できます。

また経験やスキルがある分、選考にも通過しやすくなります。

転職先でも先輩社員とのレベルの差が小さいことで、周囲との作業スピードに大きな開きが生じることも少ないでしょう。

同業種・異職種

こちらの「同業種・異職種」とは、同じIT業界に身を置きながら、プログラマー以外の業務に携わる選択肢です。

IT業界で活躍する人材は、なにもプログラマーだけではありません。

営業職や事務職など、IT業界はさまざまな職種が集まって成り立っています。

プログラマーとしてのスキルに限界を感じたり、違う分野でIT業界に貢献したい方にはオススメです。

異業種・同職種

プログラマーとして得た専門的なスキルや知識やスキルを、他業種で活かす選択肢もあります。

それがこちらの「異業種・同職種」です。

プログラマーとして得たスキルは、IT業界以外でも十分に発揮することができます。

はたらく中で得たスキルを、違う分野で活かしたい方にはオススメの選択肢です。

異業種・異職種

最後にご紹介する選択肢が、こちらの「異業種・異職種」です。

つまり、「プログラマーとしての専門的な知識を活かさない、全く違う分野への転職」ということになります。

せっかく身につけた知識や技術を活かさない事は一見非常にもったいないことのように思えますが、これまでのキャリアとは全く違う分野に身を置くことで、自分でも気が付かなかった強みや得意分野など、新たな発見があるかもしれません。

まずは転職の理由を考えよう!

業種・職種の組み合わせを確認したところで、次は「そもそも何故転職を決意したのか」と言うことを、もう一度振り返ってみましょう。

この作業をおろそかにしてしまうと、転職先に望む条件や環境などが非常に曖昧なままになってしまいます。

プログラマーが転職を決意する際に考えられる主な理由を、3つ挙げてみました。

  • 座り仕事で体がキツイ・・・
  • 年収が少ない・・・
  • 残業が多い・・・

順番に解説していきます。

自分に当てはまるものが無いか確認しながら、しっかりチェックしましょう!

座り仕事で体がキツイ・・・

プログラマーのお仕事のほとんどは座り仕事です。

長時間座ったままPCに向かう作業を続けていく内に、肩や腰などのコリ、痛みに悩まされるプログラマーは少なくありません。

特に、長くモニターを見続ける事による眼精疲労やストレートネックなどは、体全体の不調にもつながる重いものです。

プログラマーが転職を考える理由の一つとして、体調不良は多いものの一つと言えます。

年収が少ない・・・

転職サイト大手の求人ボックスの調査によると、プログラマーの平均年収は約426万円前後となっています。→出典:プログラマーの仕事の年収・時給・給料

ただし、プログラマーと一口に言ってもその業務内容は非常に幅広く、自身の仕事と給料が見合わないことに不満を抱いているプログラマーは決して少なくありません。

IT人材の転職支援を行う株式会社グルーヴスと採用管理システムHERP Hireを運営する株式会社HERPが共同で行った調査によると、ITエンジニアが転職先に求めるものとしてもっとも多かったのが「収入・待遇」で全体の半分以上を占めています。

→出典:株式会社グルーヴス×株式会社HERP実施 ITエンジニアの転職先決定要因に関する調査

残業が多い・・・

プロジェクトの期限が迫ってくると、残業を余儀なくされるのもプログラマーのつらいところです。

突発的なアクシデントや、急な欠勤などの穴埋めのために連日残業を強いられているプログラマーは多いです。

時間も体力も消耗する残業は、プログラマーに限らず嫌なものですよね。

組み合わせ別!プログラマーのオススメの転職先

転職の理由を振り返ってみたところで、次はプログラマーのオススメの転職先を、上で解説した「業種」と「職種」の組み合わせ別に見てみましょう。

転職活動をスムーズに行うためにも、プログラマーの転職先にはどのようなものがあるのか見てみることは、大切な作業ですよ!

同業種・同職種

まずは、一番堅実ともいえる「同業種・同職種」への転職です。

順番に見ていきましょう。

他分野のプログラマー

Java、Python、Rubyなど、プログラミング言語には、分野に応じた様々な種類があります。

同じように、IT業界にはWEB開発やロボット開発など様々な分野があり、プログラマーの活躍の幅も非常に広いです。

現在携わっている分野でのお仕事に限界を感じている場合は、他分野のプログラマーとして活躍することを考えてみましょう。

分野によっては、今まで全く使用しなかった新たなプログラミング言語を習得する必要がありますが、プログラマーの経験をすぐにでも活かせる転職先としてオススメです。

システムエンジニア

プログラマーが、主にプログラミングによるシステムの構築やバグの修正など、いわゆる「下流工程」に従事するのに対して、システムエンジニアは、要件定義、機能定義、構成管理、計画立案といった、プロジェクトの初期の工程に携わります。

「上流工程」といわれるこれらの作業は、プログラミングに関する知識が不可欠です。

プログラマーが「下流工程ばかりの仕事にウンザリしている・・・。」という理由で、プロシステムエンジニアへ転職することは珍しいことではありません。

プロジェクト全体にかかわるお仕事がしたい方には向いている選択肢でしょう!

同業種・異職種

「IT業界は好きだけど、プログラミングは使いたくない・・・」と考えている方は、ここで解説する「同業種・異職種」のお仕事に転職しましょう。

以下に例を2つ挙げました。

一つ一つ見ていきましょう!

エバンジェリスト

IT業界は常に進化し続けています。

そんなIT業界のトレンドや最新の技術などを世の中に広く発信したり、IT技術の必要性を啓蒙したりするのが、こちらの「エバンジェリスト」です。

「エバンジェリスト」とは、もともとはキリスト教における福音を伝える伝道者の意味ですが、IT業界にもこの言葉が流用され、「テクニカル・エバンジェリスト」と呼ばれることもあります。

IT業界の激しい時代の移り変わりに対応する適応力や、専門的なIT技術を如何に分かりやすく伝えていくコミュニケーション能力が必要ですが、進化を続けるIT業界の情報を発信し続けるエバンジェリストは、IT業界の中でも重要なお仕事です。

IT営業

先のエバンジェリストが、セミナーや研修など様々な場面でIT業界の情報を発信するのに対し、こちらの「IT営業は」取引先や営業先に対して、サービスの導入を提案するお仕事です。

プログラマーとして得た知識が活かせることはもちろん、無事取引が成立すれば、歩合給が期待できるなど、待遇の改善も望めるでしょう。

人と会話をすることが好きな方、成果を求めて努力できる方などにはオススメのお仕事です!

異業種・同職種

「プログラミングスキルは活かしたいけど、IT業界からは離れたい」と考えている方は、こちらの「異業種・同職種」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

先にも述べた通り、プログラミングスキルが発揮できる場は、なにもIT業界だけではありません。

以下の二つの例をみてみましょう。

マシンオペレーター

マシンオペレーターとは、工作機械にプログラムを打ち込んで、部品や製品を製造する人の事です。

機械にプログラムを打ち込んでのモノづくりは、今や製造業にとって無くてはならないものです。

モノづくりの現場では、手仕上げ、品質管理など様々なお仕事がありますが、プログラミングスキルが活かせるものとしては、マシンオペレーターがオススメです。

ソフトウェア開発やシステム開発とは違ったプログラミング作業ですが、プログラミングの現場で得た経験があれば、大きく戸惑うことはないでしょう。

データアナリスト

データアナリストとは、データベースに保管されている膨大な量のデータ(ビッグデータ)を解析し、抽出されたデータから、改善策や課題点などを企業へ提案するお仕事です。

プログラミングの知識はもとより、提案力や企画力、課題点を見抜く洞察力といったスキルが要求されます。

ビッグデータの解析にはPython、R言語などの知識が必要なので、プログラマー時代にこれらの言語を使ってお仕事をしていた方は、早い段階でデータの解析に慣れることが期待できますよ!

異業種・異職種

最後に、「異業種・異職種」への転職を考えてみましょう。

プログラマーが異業種・異職種の転職先を探す場合に注意したいポイントは「体力」です。

座り仕事が主なプログラマーにとって、よほど体力に自信のある場合でもない限り、工事現場や引っ越し業者などの、体を激しく動かすお仕事を転職先に設定するのはオススメできません。

そこでここでは、激しく体力を消耗することが少ないお仕事を挙げてみました。

一般事務

プログラマーとして得たスキルは、プログラミングスキルだけではありませんよね。

基本的なPC操作や、期限内にプロジェクトを終わらせる計画力なども身についていると思います。

そこでオススメなのが「一般事務」のお仕事です。

一般事務では、電話の応対や来客の対応など幅広い業務に従事しますが、ほとんどの業務でPCを使用します。

また、プログラマーとして得た計画力を応用して効率的にお仕事を進めれば、残業が発生することも少ないでしょう。

プログラミング教室の講師

現在、日本のIT業界は深刻な人材不足が懸念されており、今後も人材不足はより進行するものと見られています。

そんな危機的状況のIT業界に、一人でも多くの人材を輩出するにあたっては、プログラミング教室の講師は非常に重要なお仕事の一つといえるでしょう。

プログラマーとして働いた経験や実績を評価されれば、選考においても非常に有利になります。

未来のIT業界を見据えた場合、プログラミング教室の講師はとてもやりがいのあるお仕事の一つですよ!

プログラマーが面接でアピールできるポイント

上では、プログラマーの転職先としてオススメなものを、タイプ別にご紹介しました。

ではプログラマーが転職活動をする上でアピールすべき強みには、どのようなものがあるでしょうか。

面接においても自己アピールは非常に重要な要素です。

  • 集中力
  • PCスキル
  • コミュニケーション能力

一つ一つ確認していきましょう!

集中力

長時間PCに向かって作業する上で、集中力は欠かせません。

特にプログラミングの現場では、ほんの小さな打ち間違いが大きなバグに繋がることもめずらしくありません。

ミスの内容にプログラムを打ち込んだり、膨大なコードの中からバグの原因を突き止めたりする中で、自分では気が付かないほどの高い集中力が養われている事でしょう。

注意力が散漫な状態で行える仕事は稀です。

言い換えれば、プログラマーとして培った高い集中力は、どのような職場でも役に立つということです。

面接では、高い集中力を積極的にアピールしましょう!

PCスキル

プログラミングの現場で培った能力の一つに、タイピングスキルやPC操作などが挙げられます。

IT業界にとどまらず、PCを使用するお仕事は非常におおいです。

特に事務職への転職を考えている場合には、高いPCスキルを積極的にアピールすることで、面接官にも好印象を与えられますよ!

コミュニケーション能力

プログラマーのお仕事は、PCにプログラムを打ち込むだけではありません。

作業内容の報告や、上流工程に携わるシステムエンジニアとのやりとりなど、様々な面でコミュニケーション能力が要求されます。

未だに、「プログラマーにはコミュニケーションが苦手な方が多い」という偏見が少なからずありますが、実際の現場では知らず知らずのうちに高いコミュニケーション能力が身についている事も多いのです。

あらゆるお仕事に、コミュニケーションは不可欠です。

意識してアピールしましょう!

プログラマーが転職先を探すためにはプロの手も借りよう

ここまでは、プログラマーの具体的な転職先や、知っておきたい情報などを解説してきました。

しかし、プログラマーが自力で理想の転職先を探す事には限界があります。

そこで活用したいのが「転職エージェント」の力です!

以下にオススメな転職エージェントをいくつかご紹介いたします。

プロの手も借りながら、理想の転職先を探しましょう!

また、転職エージェントは複数登録することで、より理想の転職先をみつけやすくなります。

一つだけではなく、必ず複数の転職エージェントに登録しましょうね!

レバテックキャリア

レバテックキャリア

「同業種・同職種」への転職を考えている方にオススメなのが、こちらの「レバテックキャリア」です。

IT業界経験者向けの求人が豊富に用意されているため、プログラマーとして違う会社で働きたいと考えているプログラマーに、大変オススメです!

  • コンサルタントがエンジニア出身
  • キャリアコンサルタントの徹底サポート
  • 内定率が高い

キャリアアップで年収UP!

ビズリーチ

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

ハイクラス求人を多数所有している事で有名なのが、こちらの「ビズリーチ」です。

プログラマーはもちろん、エンジニアやデータアナリストなど、IT業界の様々な職種の求人を掲載しています!

「プログラマーとしてキャリアアップを狙いたい!」「年収を増やしたい!」と考えている方は、是非登録しましょう!

高年収を目指せる!

 

リクルートエージェント

「異業種・異職種」への転職を考えている方は、こちらの「リクルートエージェント」はいかがでしょうか?

専任のキャリアアドバイザーが、履歴書の添削や面接のコツなども丁寧に指導してくれます。

プログラマーとしての経験をIT業界以外で活かすための、心強い味方になってくれますよ!

まとめ〜プログラマーのオススメの転職先と見つけ方

この記事では、プログラマーが転職先を見つけるためのヒントや、オススメの転職先を解説してきました。

プログラマーとして培った経験やスキルを活かせる転職先は、IT業界にとどまりません。

さまざまな世界で発揮できるプログラマー経験を武器に、理想の転職先を見つけ出してくださいね!

登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ハイクラス向け転職エージェント!キャリアアップを目指している方におすすめ!
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!初めての転職でも安心して利用できる!
dodaの無料登録へ