全国掲載数 4,908 件 (12/05更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 4,908 件 (12月05日更新)

社内SEはやめとけと言われる理由を解説!やりがいや年収もご紹介

社内SEはやめとけと言われる理由を解説!やりがいや年収もご紹介 エンジニア転職コラム

社内SEに興味があって調べてみると「社内SEはやめとけ」という意見が見られます。

社内SEはやめとけと書かれていると、転職するのが不安になってしまいますよね。

そこで今回の記事では、「社内SEはやめとけ」と言われている理由や社内SEのやりがいについて解説します。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?

ITエンジニア・デザイナーに人気の転職エージェント
「レバテックキャリア」
PTOTキャリアナビ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ITエンジニア・デザイナー向け転職エージェント!初めての転職でも安心して利用できる!
レバテックキャリアの無料登録へ
 

社内SEはやめとけと言われる理由

社内SEはやめとけと言われる理由は下記のとおりです。

社内SEはやめとけと言われる理由

  • 仕事がきつい
  • 技術スキルが身につかない
  • 社内の調整をしなければならない
  • 希望している業務ができない
  • 自分の成果がわかりにくい
  • 対応によっては夜勤や休日対応がある

これらについてそれぞれ解説します。

仕事がきつい

社内SEは仕事がきついことで有名です。

一般的なシステムエンジニアの場合、システム制作が主な仕事内容ですよね。

しかし社内SEの場合には、社内のインフラ整備やシステム開発、ヘルプデスクといった業務を任されます。

雑務のような仕事を任されることもあるため、仕事がきついと感じることも多いです。

技術スキルが身につかない

先程も言ったとおり社内のインフラ整備やシステム開発、ヘルプデスクといった業務を任されます。

そのため通常のシステムエンジニアよりも技術面を学ぶ機会が減ってしまいますよね。

プログラミングスキルを向上させたいと考えている場合には、社内SEは向いていません。

社内の調整をしなければならない

社内SEは社内での仕事を任されてしまうので、優先度をしっかりとつける必要があります。

「優先度の高い作業を先に進めるため、少し待ってほしい」と伝えても、当事者からしたら優先度が高い依頼ですよね。

面倒くさいコミュニケーションが発生することもあるので、人付き合いが苦手な方には向いていません。

希望している業務ができない

社内のインフラ整備やシステム開発、ヘルプデスクといった業務を任されるので、希望している業務だけをすることはできません。

1つの仕事を極めたいと思っている方や、やりたいことが決まっている方には向いていませんね。

自分の成果がわかりにくい

社内SEとして勤める場合、プログラミングによる成果物の制作に関われないこともあります。

開発業務をしている会社であれば関わる機会はありますが、外注している場合マネジメントのみのアサインとなることも。

プログラミングのスキル向上やプログラミングで作品を作りたいと考えている方にはおすすめできません。

対応によっては夜勤や休日対応がある

社内インフラに異常が出てしまった場合には、メンテナンスをするために夜勤や休日の対応になることも。

必ず土日休みがほしい方や夜勤は嫌だと考えているなら、社内SEは向いていません。

社内SEのやりがいについて解説

社内SEのやりがいについて解説

ここまで社内SEがやめとけと言われている理由について解説しました。

ただ、社内SEにもしっかりとやりがいがあります。

社内SEはやめとけと言われていますが、やりがいを知ることで本当にやめておくべきなのかわかりますよね。

社内SEのやりがいについて解説します。

社内SEのやりがい

  • 幅広い知識を吸収できる
  • コンピューター作業が得意になる
  • プロジェクトを完遂できる
  • 社内で感謝される機会が増える
  • ワークライフバランスを充実させられる
  • 自社の成長に直接的に関われる
  • 年収が比較的高い

幅広い知識を吸収できる

社内SEはシステムの開発からインフラの整備まで多種多様な仕事を任されます。

そのためプログラミングスキルだけでなく、様々なスキルを身につけられますよ。

社内SEを経験しておくことで、ITコンサルタントに転職することも夢ではありません。

幅広く知識やスキルを身につけられるのは大きなメリットです。

コンピューター作業が得意になる

社員のパソコンの設定をする必要があるため、パソコンにも詳しくなります。

ネットやサーバーの知識を身に着けられれば、システム開発のプロジェクトに就くことも。

転職時にも有利になるスキルなので、とても良いですね。

プロジェクトを完遂できる

客先常駐システムエンジニアの場合、プロジェクトの途中からアサインされたり特定の部分だけ担当させられたりすることがあります。

しかし社内SEであればシステム開発からリリース、保守運用まで一貫して担当できます。

1つのプロジェクトを始まりから終わりまで完遂できるのはやりがいと感じられる点です。

社内で感謝される機会が増える

ヘルプデスクや社内のPCチェックなどをすることで、社員の方から感謝される機会が増えます。

人のために鳴ることをするのが好きな方や感謝されるのが好きな方は、やりがいを感じられます。

ワークライフバランスを充実させられる

客先常駐システムエンジニアと比較すると、自由に休暇が取りやすいです。

勤務時間や有給休暇を自分で調整しやすいのがメリット。

社内のシステムエンジニアが順番に休めば問題ないので、納期も守りやすいです。

自社の成長に直接的に関われる

社内SEの場合、基本的に社内のシステムを担当します。

そのため自社の成長に直接的に関われるのがやりがいを感じられる点です。

自分が書いたプログラムによって、会社が成長していくと考えるとやりがいを感じられますよね。

年収が比較的高い

実は社内SEの平均年収は約500万円程度あります。

日本の平均年収は430万円程度なので、70万円程度高いです。

給料を平均以上もらえるので、少しのデメリットも妥協できますね。

社内SEへの転職に向いている人

今まで紹介してきた社内SEのやりがいをもとに、社内SEへの転職に向いている人について解説します。

具体的には以下に当てはまる方に向いています。

社内SEへの転職に向いている人

  • コミュニケーションが好き
  • マルチタスクが得意
  • パソコンに詳しい・ITスキルがある
  • 転勤をしたくない
  • ワークライフバランスを充実させたい

それぞれ理由を解説します。

コミュニケーションが好き

社内SEは人と人とのコミュニケーションがとても大切です。

コミュニケーションを取らなければ円滑な対応はできませんからね。

そのためコミュニケーションが得意な方や好きな方におすすめです。

マルチタスクが得意

社内SEはいろいろな業務を任されます。

同時にいろいろな業務が来てしまったときに、複数の業務を要領よく進められる力が必要です。

マルチタスクが得意な方だと、社内SEに向いていますね。

パソコンに詳しい・ITスキルがある

社内SEはパソコンやインターネットのスペシャリストにならなければなりません。

そのためパソコンやITのスキルや知識が必要です。

元々パソコンやITのスキルが身についているなら転職もしやすいですし、おすすめです!

転勤をしたくない

社内SEは基本的に勤めている会社に常駐します。

客先常駐システムエンジニアの場合、契約期間が終了すると他の常駐先に勤めることになります。

数ヶ月から数年に1度は勤務地が変わってしまうのです。

転勤が面倒くさいと感じる場合にも社内SEが向いているといえますね。

ワークライフバランスを充実させたい

先程も言った通り、社内SEは客先常駐とくらべても休暇が取りやすいです。

仕事と同様にプライベートも大切に思っているなら社内SEが向いています。

社内SEに向いていない人

社内SEに向いている人について解説してきましたが、社内SEに向いていない人についても気になりますよね。

社内SEに向いていない人についても紹介するので、どちらに当てはまっているのか確認してみてくださいね。

社内SEに向いていない人

  • コミュニケーションを取りたくない
  • プログラマー・エンジニアとして働きたい

コミュニケーションを取りたくない

社内SEはコミュニケーションを毎日取らなければなりません。

作業の進捗を伝えたり、他の方から依頼が来たりと人と話すことが多いです。

コミュニケーションに苦手意識を持っていると、円滑な対応ができなくなってしまうので向いていません。

プログラマー・エンジニアとして働きたい

プログラマーやエンジニアとしてガツガツプログラミングをしたいと思っているなら、社内SEは向いていません。

先程も言った通り、社内SEの場合いろいろな業務を任されるためプログラミングだけをすることは難しいです。

プログラミング1本に絞りたいなら、社内SEではない働き方を見つけましょう。

社内SEへの転職で必要なスキル

ここまで社内SEに向いている人・向いていない人について解説しました。

解説を読んだ上で、社内SEに転職したいと思った方は、社内SEに転職するのに必要なスキルについて気になりますよね。

続いては社内SEに転職するのに必要なスキルについて解説します。

社内SEへの転職で必要なスキル

  • 臨機応変な対応力
  • 運用保守
  • マネジメント能力
  • プログラミングスキル

臨機応変な対応力

複数の依頼が同時に来たときにどのような対応ができますか?

臨機応変に対応できなければ、社内SEは向いていません。

業務をある程度理解して、優先度をつけて対応する能力が求められます。

運用保守

社内SEはすでに運営されているシステムの運用保守もすることがあります。

仮に土日にサーバーエラーが発生してしまったら、その対応に追われることも…。

運用保守ができるスキルや休日出勤に耐えられるスキルが必要ですね。

マネジメント能力

社内でシステム制作をしない場合、社外に外注することもあります。

外注するとなれば、マネジメントをしなければなりません。

どのように制作を進めるべきか、いつまでに完成させるかなどしっかりとマネジメントできなければ自社目標も達成できませんからね。

プログラミングスキル

プログラミングスキルは最低限必要です。

いろいろな業務を任されるとは言ったものの、システムエンジニアなのでプログラミングをします。

C言語やJavaといった中級者以降レベルの言語を必要とされることも多いので、勉強は必須です!

社内SEには未経験でも転職できる?

社内SEを目指している方の中には未経験から転職をしたいと思っている方もいますよね。

結論からいうと、社内SEには未経験でも転職可能です。

ただ、プログラミングのスキルは最低限身につけておくべきです。

そこでプログラミングのスキルを身につけられるサービスを紹介します。

プログラミングのスキルを身につけられるサービス

  • ウズウズカレッジ
  • コードキャンプ

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジは転職エージェント「ウズウズ」が運営しているITスクールです。

利用してそのまま転職エージェントを利用することもできるので、楽に転職活動を進められます!

今すぐにでも社内SEに転職したいと考えている方は、ぜひウズウズカレッジでスキルを学んで見てくださいね。

ウズウズカレッジで用意されているコースの種類

  • インフラエンジニアコース
  • プログラマー/SEコース

10分で無料会員登録

コードキャンプ

codecamp

コードキャンプはオンライン限定のプログラミング教室です。

自宅で勉強を進められるので、現在仕事をしている方でも簡単に受けられます。

社内SEに必要な内容をしっかりと学べるので、ぜひ登録してみてくださいね!

コードキャンプで用意されているコースの種類

  • デザインマスターコース
  • Webマスターコース
  • オーダーメイドコース
  • 4ヶ月で未経験からエンジニアに転職できるコース

10,000円OFFのクーポンをゲット

社内SEに転職するなら転職サイト・転職エージェントを利用するのがおすすめ

社内SEに転職したいけど、どのように行動すればいいのかわからない方も多いです。

そこでおすすめなのが転職サイト・転職エージェントを利用すること。

転職のサポートをしてもらえるので、効率的に転職活動を進められます!

具体的におすすめの転職サイト・転職エージェントを解説します。

おすすめの転職サイト・転職エージェント

  • レバテックキャリア
  • ワークポート
  • FEnet
  • doda

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴

  • コンサルタントがエンジニア出身
  • キャリアコンサルタントの徹底サポート
  • 内定率が高い

レバテックキャリアはIT人材に特化した転職エージェントです。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、エンジニア出身の方が多いので社内SEに対する率直な意見ももらえます。

その上でおすすめの求人を紹介してもらえるので、安心ですね!

エンジニアに転職したと考えているなら、ぜひ登録してみてくださいね。

3分で登録完了!

レバテックキャリアの評判はやばい?真相と口コミの傾向を徹底解説

ワークポート

ワークポート

ワークポートの特徴

  • IT・WEB分野に強い
  • 紹介してもらえる求人量が多い
  • コンサルタントの手厚いサポート

ワークポートはIT業界を中心に、求人を掲載している転職エージェントです。

ITやWeb業界全般に強い転職エージェントなので、社内SEの案件も充実!

キャリアアドバイザーからの手厚いサポートも定評があります。

レバテックキャリアと併用して利用するのがおすすめです。

IT業界への転職におすすめ!

ワークポートの評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底分析

FEnet

FEnet

FEnetの特徴

  • 種類豊富なエンジニア研修を受講できる
  • 未経験のエンジニア転職に強い
  • キャリアアップまでのSTEPを提案してくれる

FEnetでは、未経験からエンジニアになりたい方向けの転職サービスです。

10種類の豊富なエンジニア研修を受講できるため、未経験からでもエンジニア転職ができる仕組みが整っていますね。

エンジニア未経験者専門の転職エージェントということもあり、キャリアアドバイザーがキャリアアップの方法まで教えてくれます。

相談から転職サポートまで無料で受けられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

無料でエンジニアスキルを身につける!

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaであればITにやWEB業界に限らず、総合的に求人情報を探せます。

エンジニアの案件や社内SEの案件も多数掲載されているので、希望する条件の求人にも出会えます!

大手の転職エージェントなので年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実しているメリットがありますね。

大手の転職エージェントにも登録しておきたいと考えているなら、dodaにも登録しておきましょう!

最短60秒で登録完了!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

【まとめ】「社内SEはやめとけ」という意見は極端!おすすめの人もいる

この記事では「社内SEはやめとけ」という意見について解説しました。

「社内SEはやめとけ」という意見は極端な意見で、デメリットばかりではありません。

やりがいもしっかりとあるので、自分に合っているかどうか確認して転職を検討してみましょう。

社内SEへの転職で必要なスキルとは?資格や転職方法についても解説

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!
初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント!
キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。
キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました