全国掲載数 5,162 件 (03/25更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 5,162 件 (03月25日更新)

職場の人間関係に疲れたらどうする?一気に職場が過ごしやすくなるコツ

転職コラム

「最近、職場の人間関係に振り回されて疲れた…」
「職場の人間関係が面倒くさくてどうにかしたいけど、何をすればいいかわからない」

仕事自体は楽しいのに、働いている時にふと溜息が出てしまう時はありませんか?
それは、職場の人間関係に疲れてしまったサインかもしれません。

職場の人間関係による疲れは、精神面での悪影響はもちろん、仕事のパフォーマンスにも大きく影響します。

では、職場の人間関係で疲れたら、どうすれば良いのでしょうか?
そんな人に向けて、この記事では職場の人間関係に疲れやすい人の特徴や、疲れてしまった場合の対策などをご紹介していきます。

具体的には、

  • 職場の人間関係に疲れやすいタイプ
  • 職場の人間関係に疲れたら?一気に職場が過ごしやすくなるコツ
  • 職場の人間関係で疲れないためにするべき予防策

などの内容を、網羅して解説していきます。

5分ほどで読めますし、読んだあとは職場の人間関係に疲れたらどうすれば良いかがわかって、悩みが解消されるはずですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

今はまだ悩んでいない方も、予期せぬところで仕事のモチベーションが下がらないよう、予備知識としてぜひご覧くださいね。

知らないと苦労する!職場に馴染めない人の特徴と馴染む為の方法

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!

職場の人間関係に疲れやすいタイプとは?

職場の人間関係に疲れやすい人の性格には、いくつか共通点があります。

なかなか自分では気づけないものですが、客観的な視点を保つために定期的にセルフチェックするのも大切です。

職場の人間関係に疲れやすい人に多い傾向をいくつか紹介しますので、自分に当てはまるものが無いか見ていきましょう。

常に周囲の顔色を伺っている

職場の人間関係に疲れやすいタイプは、「常に周囲の顔色を伺っている」傾向があります。

相手の何気ない一言や、不機嫌そうな顔を見て、「もしかしたら自分が何か悪いことしたかな」と気にしてしまうことは、ありませんか?
このように常に周囲の顔色を伺っている人は、職場のあらゆる人に気をつかっているので、とても疲れてしまいます。

そして最終的に疲れが限界に達し、怒りが爆発したり、体調を崩したりして、人間関係をさらに悪化させてしまうことも。

職場の人間関係に疲れている人は、必要以上に周囲の顔色を伺って仕事をしていないか、チェックしてみてください。

プライドが高い

自分にプライドを持つというのは社会人にとって大切なことではありますが、持ち過ぎてると逆に厄介なものになってしまいます。

プライドが高い人は「自分が周囲より優れている」という考えに陥りがちで、本人にその気は無くても基本的に同僚との会話も上から目線になってしまい、反感を買ったり、敵をつくったりすることも多々あります。

また、上司など上の立場の人間に対しては評価を気にするため、必要以上に媚びてしまいがちです。

このようなことから、周囲との人間関係がいつしかギクシャクしたものとなってしまい、結果的に疲れをためてしまう結果になります。

劣等感が強い

「自分は周囲より劣っている」という意識が強い人は、周囲に認めてもらいたい気持ちが先行するあまりに人間関係を顧みずに空回りしてしまうケースが多いです。

また、劣等感の強さは、それが内向的なものであるか、外向的なものであるかによって周囲に与える影響が違ってきます。

劣等感が内面に向かっている人は、「自分には何の価値もない」と思い込み、自分に自信を持てず自虐発言が多い傾向にあります。

一方で、劣等感が外側に向かっている人は周囲に対して攻撃的な言動が多くなります。

あなたの職場にも、同僚や部下に対しての愚痴が多いという人はいませんか?
このような言動は、劣等感が外側に向いている人がやりがち。

劣等感が強い人は内向きであれ外向きであれ、人間関係がうまく作れずに、それが自身のストレスや疲れとなって帰ってくる結果になるのです。

劣等感が強い人は自慢が多くなりがち

また、劣等感が強めの人は「自分を本来の姿より良く見せたい」という意識から自慢が多くなりがちです。

自慢が多いと、「面倒くさい人」「鼻につく人」と周囲から疎んじられて、孤立してしまうことにもなります。

このように、内面的でも外面的でも、劣等感の強さは周囲との人間関係に良くない印象を与えてしまいます。

気づいた時には、職場の同僚や部下からの信用を失っているということにもなりかねません。

劣等感がない人はいないと思いますが、職場の人間関係がうまくいかず疲れやすい人は、劣等感の強さから周囲に悪影響を与えていないか、今一度見つめなおしてみましょう。

真面目な人

職場の人間関係に疲れやすい人は、真面目なタイプが多い傾向があります。

真面目な人は、職場での冗談や理不尽さを受け流すことができず、真に受けてしまいがち。

例えば、ちょっとしたセクハラ・パワハラのような発言を、真剣に捉えてしまい、思い悩んだりしてしまいます。

真面目な人は周囲に頼れないのも疲れる原因

また、真面目な人は仕事や問題を自分一人で背負ってしまって、定時が近いのに緊急の仕事を受けてしまったり、自分のキャパシティの限界を超えた量の仕事を持ってしまったりします。

その結果、ある日突然パンクしてしまうのです。

しかし、出来ないことを背伸びしてやろうとした結果、同僚や部下、上司にも迷惑をかけてしまうことがあります。

最終的には、職場の人間関係を悪化させるだけではなく自分も苦しめることになってしまうのです。

転職に失敗した場合、すぐ辞めることのリスクとは?

職場の人間関係に疲れたら?一気に職場が過ごしやすくなるコツ4つ

前項でどんな人が職場の人間関係に疲れてしまうのかを解説しました。

では、既にそのような状態に陥ってしまっている場合はどうすれば良いのでしょうか?
一度失敗してしまったからと言って、二度とやり直せないわけではありません。

原因さえ分かれば改善することも可能。

この章では、職場の人間関係に疲れたときに、取るべき対処法を見ていきましょう。

周囲と比べるのはやめよう

常に仕事に対して意識を高く持つのは素晴らしいことですが、周囲と自分を比べて、過剰な闘争心を持ち過ぎるのは職場の人間関係に疲れる大きな原因となってしまいます。

悩みをお互いに相談も出来ず、みんないつも他人の粗を探して争っているような緊張状態の中で良い仕事はできません。

いつ蹴落とされるかも分からない環境の中では、自分も知らず知らずのうちに虚勢を張るようになり、それがやがてストレスへと繋がってしまいます。

良い人間関係を保ち、風通しの良い職場の中で働くことはモチベーションアップにもつながります。

会社の人間みんながお互いに切磋琢磨しながら働けるようになるためにも、周囲と比べるのを止めるようにしましょう。

癒しの場を作ろう

真面目な人ほど職場の人間関係に疲れたら、息抜き出来る場所が必要です。

息抜きができないと、仕事のパフォーマンスが落ちるだけではなく職場の人間関係もギクシャクしてしまいます。

なかには、会社の風土的にいつの間にか「休憩をしたり、定時通りに帰ったりするのは悪いことだ」という意識を持ってしまっている人も多いかもしれません。

「休憩を取りに行く際に、周囲が忙しそうだとどうしても気になる」
「残業をしなくても良いのに、上司が残っていると罪悪感があって帰れない」

真面目な人ほどこんなふうに思って、しっかり休息が取れていない人も多いのではないでしょうか。

このように癒しの場を持てていない人は、職場の人間関係で少しうまく行かないことがあると、疲れを感じやすいかもしれません。

仕事の合間に適度に休憩を取り、職場の人達と気軽なコミュニケーションを取ることも癒しになりますし、逆に一人になりたい人は積極的に一人になって、好きな音楽を聞くなど思いのままに過ごすのをオススメします。

ランチは仕事をしながら食べているという人も、休憩時間はいったんデスクを離れて会社の休憩室などでしっかりと休むなど、意識的に癒しを得られる場を作るようにしましょう。

運動をしよう

オフィスワークや工場など作業が多い仕事は、同じ姿勢が長時間続くために運動不足になりがちです。

実は、運動不足というのは身体だけではなく心にも深刻な影響を及ぼします。

屋内に籠もりがちだったり、ずっと動かずにパソコン作業などを続けていたりすると、「幸せホルモン」と言われているセロトニンが低下してしまいます。

セロトニンが低くなると、うつ病などの精神疾患に罹りやすい傾向も。

運動不足が続くことで、職場の人間関係でちょっとしたことでいらいらしたり、落ち込んだりしやすい状態になってしまい、疲れを感じやすくなってしまいます。

適度な運動をすることは、身体に良いだけではなく心の安定にも繋がってくるのです。

職場の人間関係に疲れたら、帰りに最寄り駅の2、3駅前で降りて、そこから徒歩で歩いて帰るなど日常生活に運動を意識的に取り入れてみましょう。

とにかく誰かに聞いてもらおう

もし職場の人間関係で何らかの悩みを抱えているのであれば、一番解決しやすいのは「誰かに話を聞いてもらうこと」です。

とはいえ、職場の人間関係のことを、職場の人に打ち明けるのは少し勇気が必要です。

そんなときは、まず身近な家族や友人に話すことから始めましょう。

今まで一人で抱え込んでいたことを他の人と共有することにより、精神面での不安が軽減されます。

一番良いのは、職場の人間関係のことは、職場にいる人が一番わかっていると思うので、一番信頼できる同僚や先輩などに素直に悩みを打ち明けてみましょう。

同じ職場に大変さをわかってくれている人がいることが、疲れを癒してくれることにつながるはずです。

最終手段は「転職」という選択肢もある

「自分にはまだ影響は及んでいないけど、もうこの職場の人間関係は修復出来そうにないな…」と感じたら、思い切って転職してしまうのも手です。

いくら自分一人でより良い人間関係を築こうとしても、他の人の性格や職場環境次第では難しいケースがあるのも事実。

人間関係が改善される見通しが立たない職場で、いつまでも我慢していては、疲れがたまり、最悪の場合体調を崩すなどして、貴重な時間を奪われて後悔することにもなりかねないのです。

不要なストレスを、無理をしてわざわざ溜め込むことは百害あって一利なし。

時間は有限、人間関係に悩まされること無く、安心して自分が働ける場所を見つけるために「転職」という選択肢も持っておくようにしましょう。

「最後の最後は転職すれば良い」と思っているだけでも、気持ちが楽になって人間関係の疲れから開放されるかもしれません。

年収500万円の女性は勝ち組なのか?手取りや生活実態を把握しないと生活が回らない

職場の人間関係でストレスを溜め続けることのリスク

職場の人間関係でストレスを溜め続けることには、体調やメンタル面でのリスクがあります。

具体的には以下の通りです。

  • 小さなことで落ち込みやすくなる
  • モチベーションが下がる
  • 何事も楽しくなくなる
  • 睡眠の質が悪くなる・眠れない

これらについてそれぞれ解説します。

小さなことで落ち込みやすくなる

職場の人間関係でストレスを溜め続けることによって、小さなことでも気分が落ち込みやすくなります。

何気ない言葉だったとしても、なぜか心に引っかかってしまい、気になってしまうことも多いです。

また自分が思うように周囲の人たちとコミュニケーションが取れないことがあり、小さなことでも自信を失ってしまうことがあります。

一度気分が沈んでしまうと、一日中気になってしまい仕事どころではなくなってしまうので気をつけましょう。

モチベーションが下がる

ストレスを溜め続けることによって、仕事に対するモチベーションが下がってしまうことがあります。

仕事に対するモチベーションが低下すれば、生産性も下がり、仕事の評価も下がってしまいます。

仕事の評価が下がるとさらにモチベーションが低下して、負のスパイラルに陥ってしまうことも…。

また仕事に対するモチベーションが低下すると、仕事がストレスの原因になってしまう可能性があります。

何事も楽しくなくなる

ストレスを溜め続けることによって、何事に対しても楽しくなくなることがあります。

ストレスがたまることで自律神経が乱れてしまい、何も楽しいと感じなくなることも…。

ここまで来るとうつ病の症状に変わりありません。

ストレスを感じると自分自身を閉じ込めてしまい、何事にもやる気がなくなってしまい、健康的な生活すらできなくなってしまうと覚えておきましょう。

睡眠の質が悪くなる・眠れない

職場の人間関係にストレスを感じていると、睡眠の質が悪くなることがあります。

ストレスが原因で寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めてしまったりすることがあります。

また睡眠不足は疲労やストレスの原因になるため、ストレスを溜め続けると負のスパイラルに陥りますね。

自律神経失調症に陥っている可能性もあるので、一度病院に行くのがおすすめです。

朝起きて仕事に行きたくないと感じたらどうすればいい?うつ病の可能性も

職場の人間関係で疲れないためにするべき3つの予防策

前の項目では、一気に職場が過ごしやすくなるコツをご紹介しました。

ただ、一度職場の人間関係に違和感を覚えてしまうと、それを払拭するまでにはそれなりの時間を要すもの。

できることなら、毎日大半の時間を過ごす職場で、人間関係で疲れるような状況は作りたくないですよね。

そこでこの章では、職場の人間関係に疲れる前に、するべき予防策について紹介していきます。

ポジティブな発言を心がける

自己肯定感が低い人は、考えがネガティブな状態に陥りやすいものです。

前項の「職場の人間関係に疲れやすいタイプとは?」の中で解説した、内向的で劣等感が強い人は同時に自己肯定感が低くなる傾向があります。

劣等感が強く自己肯定感が低い人は、何かトラブルがあると例え他の人のせいであっても、「自分のせいだ」と思い込みどんどんネガティブになってしまいます。

このようにネガティブ思考になると、人間関係もうまく行かなくなり、疲れてしまうことに。

それを避けるには、まず自分自身を認めてポジティブになる努力をすることが大切です。

そのためには、ネガティブな心持ちであっても、意識して「ポジティブな発言」をしてみるのがおすすめ。

例えば、ネガティブな考えに襲われたら、「大丈夫」「私は凄い」「やればできる」「逆に面白い」などという言葉を、思ってもいなくて口にするのです。

最初は難しいかもしれませんが、ポジティブな言葉を心がけていれば、いずれ自分の気持にも良い影響を及ぼして不思議と前向きな気持になれるもの。

自分や物事をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブな発言をすることで良いこととして捉えられるようにしましょう。

周囲に媚びない

会社のように多くの人間が集まる組織の中では、どうしても「相性が合う」「相性が合わない」といった問題は出てきてしまいます。

しかし、当然ですが職場は学校ではないので、同僚や部下に対して「好き」「嫌い」で判断し付き合い方を変えるのは社会人として大きな間違いです。

管理職の人間が決まった人に贔屓をすることはよくあるケースではありますが、そういった行動は他の人のモチベーションを下げる大きな原因となります。

また、人に媚びたり贔屓したりすることにより、時に思いも寄らない場面で誰かを傷つけてしまうこともあります。

よりよい職場環境を保って、人間関係に疲れないためには、常にフラットな気持ちで職場の人と接することを心がけましょう。

自発的に会話をする

常に静まり返った職場では、なんとなく居心地の悪さを感じませんか?
特にオフィスワークはパソコンと向かい合って仕事をすることが多いので、下手をすると何時間も人と話さないことすらありますよね。

もちろん、仕事に没頭することも大切ですが、業務の中でも適度なコミュニケーションを取ることをおすすめします。

自発的に質問・提案を行うことは、仕事における認識齟齬を防いだり、アイデアの共有ができて業務改善につながったりというメリットもあります。

積極的に意見が交わすことにより、風通しの良い職場環境づくりにも繋がり、自分自身も心地よく働くことが出来ます。

仕事以外の話もしてみる

また、休憩中や帰り際などは、なるべく仕事の話はせずに、プライベートの話をすることも人間関係の構築には効果的です。

自分がどんな人間かわかってもらえたり、相手がどんな人間か知ったりできると、お互い自然と親近感を覚えるようになり、一緒にいても疲れを感じない存在になることができます。

お互いの壁が取り払われて、より良い関係を築いていくことができるのです。

仕事の話ばかりをしていても、ストレスばかり溜まってしまい、いざという時に良いパフォーマンスが発揮出来なくなってしまいます。

周囲と良い人間関係を築くために、まずは帰り道や休憩中などのときに、気軽に話しかけることから始めてみましょう。

もしかしたら、あなただけではなく他の人もあなたと打ち解けたいと感じているかもしれません。

中卒でも取れる資格20選!本当におすすめできる資格を徹底解説

職場の人間関係に疲れたら転職がおすすめ!おすすめの転職サイト・エージェント3選

職場の人間関係に疲れたら転職するのがおすすめです。

職場がつらいだけであれば、転職後に改善できる可能性が高いです。

ここで紹介する転職サイト・エージェントはどれもおすすめなので参考にしてくださいね。

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が約20万件
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaは日本最大級の転職エージェントの一つであり、多数の求人情報を取り扱っています。

dodaに登録することで、自分に合った求人情報を効率的に紹介してもらえるのがメリットですね。

またキャリアアドバイザーのサポートが充実していて、電話やメールでの相談や問い合わせに迅速かつ丁寧に対応してくれます。

そのため転職が初めての方でも安心して利用できるのがメリットです!

それ以外にも履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策のコンサルティングなどのサービスを提供しています。

また転職活動の進捗状況やアドバイスをいつでも受けられるため、転職活動の不安を解消できますね。

特に転職活動が初めての方におすすめなので、ぜひ利用してみてくださいね。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 面接対策など丁寧なサポート体制が充実
  • 求人の質がいいためより良い環境も期待できる
  • 女性の転職サポート体制も整っている
  • アドバイザ―のレスポンスが早い
  • 年収アップ率も65%以上

パソナキャリアは業界・職種を問わず多くの求人を取り扱っています。

そのため自分に合った求人情報を紹介してもらい、応募できるようになっていますね。

またパソナキャリアでもキャリアアドバイザーのサポートがあり、転職活動に不安を抱えている人でも安心して利用できます。

例えば、履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策のコンサルなどを対応してもらえるため、転職あg初めてでも安心して利用できるのがメリットです!

転職活動の進捗状況やアドバイスをいつでも受けられるため、転職活動の不安を解消できますよ。

それ以外にもパソナキャリアには転職エージェントのサービス以外に、人材紹介やアウトソーシングなど多様な人材サービスを展開しています。

そのためナレッジを活かした転職活動サポートをしてもらえるのがメリット。

キャリアアップ支援に必要な情報提供や、専門的なアドバイスも受けられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 求人数が多い
  • 若年層向けの求人に強い
  • スカウトサービスがある

リクナビNEXTは圧倒的に求人数の多い転職サイトです。

求人数が多いということは自分に合った求人を探せる可能性が高まるため、効率的に転職活動を進められる可能性があります。

そして求人検索では、自分の希望条件に合った求人情報を細かく検索できます。

例えば、勤務地や職種、年収や勤務時間などの条件で検索することができ、より詳細まで条件を絞りたい方におすすめです!

またリクナビNEXTには、会員限定の特典があります。

例えば掲載企業との個別面談やセミナーへの参加が可能になるなど、転職活動をより充実させられます。

リクナビNEXTは圧倒的に求人数が多いので、ぜひ利用してみてくださいね。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容

【まとめ】職場の人間関係に疲れたら転職を検討しよう

職場の人間関係に疲れた人のために、一気に職場が過ごしやすくなるコツや、予防策などをご紹介してきました。

ここまでの内容をまとめましょう。

  • 職場の人間関係に疲れやすいタイプは、「常に周囲の顔色を伺っている」「プライドが高い「」劣等感が強い」「真面目」などの特徴がある
  • 「周囲と比べるのはやめる」「ポジティブな発言を心がける」など疲れないためのマインドを持とう
  • 職場の人間関係に疲れたら、運動をしたり、誰かに話したりして、リフレッシュしよう
  • 職場の人間関係で疲れないためには、ポジティブな発言を心がけたり、周囲と積極的に話したりして、日頃から予防策を講じておこう
  • 職場の人間関係に疲れたら、最終手段として「転職」という選択肢も持つようにしよう

職場というたくさんの人が関わるコミュニティの中にいる以上、多かれ少なかれ人間関係に関する悩みは付いて回るもの。

この記事でご紹介したような職場の人間関係に疲れた時の対処法や、予防策を身につけておけば、どこにいっても仕事に集中できる環境をつくることができるはずです。

自分が改善できるところは改善していきながら、どうしても我慢ができないくらい職場の人間関係に疲れたら、思い切って転職をすれば一気に環境を変えることができます。

無理をして取り返しがつかなくなる前に、早め早めの対処をするようにしてくださいね。

40代の手取り30万円は少ないのか?平均年収や手取りについて解説

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました