全国掲載数 4,912 件 (11/30更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 4,912 件 (11月30日更新)

30代でもハイクラス転職はできる?成功の秘訣とおススメの転職サービス

30代でハイクラス転職はできる? 転職コラム

30代は、ある程度仕事のスキルや技量が身に付き、同時に体力面でもバリバリと仕事ができる、非常に市場価値の高い年代です。

ハイクラス転職を狙うにはとても良いタイミングでもありますが、中には「ハイクラス転職を成功させるには、何から手をつければ良いのかわからない…。」と、二の足を踏んでいる人もいることでしょう。

たしかに30代でハイクラス転職を成功させるためには、押さえるべきポイントも存在します。

しかし、それらをきちんと理解していれば、転職を成功させることも決して不可能ではありません。

この記事では、30代でハイクラス転職を目指している人に向けて、役立つ情報をさまざま解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

30代で転職失敗する人の特徴!30代の転職を成功させるには?

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント! キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。

そもそも「ハイクラス転職」とは?

そもそもハイクラス転職とは?

まずは、「ハイクラス転職とは何か?」という点について、おさらいしておきましょう。

ハイクラス転職と聞いて、年収が高い職場への転職や大企業への転職を漠然とイメージする人もいることでしょう。

30代でハイクラス転職を成功させるためには、こうしたイメージをより鮮明にすることが大切です。

曖昧なイメージのまま転職活動にとりかかっても、なかなか何を目指して求人集めをすれば良いのかわかりませんよね。

実は「ハイクラス転職」という言葉には、明確な定義は存在しません。

しかし、次で解説する要素を備えていると一般的には「ハイクラス転職」と認知されることが多いです。

難易度の高い30代男性の転職!成功のチャンスを見逃さないで!

ハイクラス転職後の年収は800万円以上が目安

ハイクラス転職ときくと、まずは高年収であることをイメージする人が多いです。

しかし、一口に高年収といっても、どの程度を高年収と感じるのかのは大きな個人差がありますよね。

一般的にハイクラス転職は、年収800万円以上が一つの目安となります。

政府の調査によると、給与所得者全体の平均年収は433万円という結果がでており、この結果と比較すると、非常に高年収であることがわかりますね。

非常に高年収である反面、求められる要素も非常に高レベルのものとなるでしょう。

加えて、ハイクラス転職市場の主要ターゲットは、主に40代のミドル層です。

40代と比較すると、経歴やスキルが円熟しきっていないことが多い30代がハイクラス転職を成功させる事は、不可能ではないとはいえ、決して簡単ではないといえます。

専門職と管理職

ハイクラス転職後は、課長や部長といった、管理職に従事することも珍しくありません。

キャリアアップを狙いたい人にはうれしい点ですね!

また、コンサルタントや弁護士、エンジニアといった高度な専門的知識を有する専門職もハイクラス転職の対象となります。

自分が専門職としてハイクラス転職をしたいのか、それとも管理職としてハイクラス転職をしたいのか、一度考え直してみるのも大切です。

当然、管理職でのハイクラス転職ならばマネジメント能力や経験、専門職のハイクラス転職ならば実践的なスキルや知識などが要求されます。

30代でハイクラス転職をするメリット3選

30代でのハイクラス転職は、簡単な道ではない一方で、成功した場合には非常に大きなメリットを得ることができます。

これらのメリットに改めて目を向けてみることで、ハイクラス転職へのモチベーションを、さらにあげることができるでしょう。

ここでは数々あるメリットの中から、特に重要なものを3つより抜いて解説します。

30代でハイクラス転職をするメリット3選

  • 市場価値が高い
  • 年収アップが期待できる
  • 若くしてキャリアアップが狙える

どれもうれしいものばかりですね!

一つ一つみていきましょう!

30代女性でも転職活動を成功させるには?成功のポイント・失敗にありがちな理由とは

①市場価値が高い

30代という年齢は、体力面でも非常に充実していると同時に、仕事面でも様々な経験や実績を積んでいることが多い年齢です。

またそれだけでなく、今後の伸びしろにも十分期待ができる年代でもありますよね。

ハイクラス転職市場では、40代が主なターゲットとなることが多いですが、スキルや知識が成熟している30代であれば、非常に市場価値が高く、採用したがる企業も多いのです。

特に最近では、成長著しいベンチャー企業が急激に増加しています。

ベンチャー企業は若い社員で構成されていることが多いため、30代であれば年齢がネックになることは少ないです。

また、ベンチャー企業は設立後間もないことがほとんどのため、経験豊かな人材が不足していることも珍しくありません。

知識やスキルが十分な30代であれば、ベンチャーへのハイクラス転職も十分ねらえますよ!

また、評価額が非常に高いながらも未上場である、いわゆる「ユニコーン企業」への転職も狙い目です。

②年収アップが期待できる

最も大きなメリットの一つといえるのが、大幅な年収のアップが期待できるという点です。

先ほども解説した通り、ハイクラス転職の1つの目安は、年収800万円を超える職場への転職です。

30代の一般的なサラリーマンの平均年収は約450万円と言われていることからも、年収800万円という数字がいかに高額であるかがわかるでしょう。

年収のアップは、単に生活に余裕が生まれるだけではありません。

仕事に対する張り合いややりがいが生まれることで、より仕事に打ち込むことが期待できます。

③若くしてキャリアアップが狙える

たとえスキルや技量が成熟していても、職場にポストの空きがなければ、キャリアアップの実現は難しいですよね。

また、所属している会社が年功序列を重んじる社風の場合は、30代という若さでは、キャリアアップはなおさら厳しいです。

この記事を読んでいる30代の人の中にも、自分の技量に見合ったキャリアアップが叶わずに歯がゆい思いをしている人がいることでしょう。

30代のハイクラス人材を募集している企業の多くは、年功序列ではなく実力主義を採用しています。

そのため、仕事の腕が十分であれば、若いうちから高いポストに任命されることも夢ではないのです。

早いうちからキャリアアップが叶えば、その分定年退職まで余裕があるため、さらなる飛躍も期待できるでしょう。

30代でハイクラス転職をするデメリット3選

上では30代でハイクラス転職をするメリットについて解説しました。

しかし、メリットがある一方でデメリットももちろん存在します。

ここで解説するデメリットもしっかり確認しておきましょう。

30代でハイクラス転職をするデメリット3選

  • 求められるレベルが高い
  • ほとんどが非公開求人
  • 確実に成果をあげる必要がある

順番に解説していきます!

30代で正社員経験なしから非正規→正社員への転職は可能!動き出すなら早いほうが有利です

①求められるレベルが高い

30代でハイクラス求人を成功させるためには、何といっても求められる要素のレベルが非常に高いです。

たとえ現在の職場で華々しい活躍や実績を残していたとしても、応募した企業では当たり前のことであることも少なくありません。

現在の職場内での評価が高いことや、確かな実績があることはもちろん、ハイクラスな人材を求めている企業にとっても魅力的に映るほどのスキルや経験がなければ、たとえ条件に合致する求人を見つけても、採用される可能性は非常に低いです。

そのため、やみくもに転職活動を行うのではなく、転職先の業界や企業で何が求められているのかを的確に判断することが、30代がハイクラス転職を成功させるための第一歩といえます。

②ほとんどが非公開求人

最近ではハイクラス転職専門の転職支援サービスなども増え、30代でもハイクラス転職を実現させやすい環境が整いつつあります。

しかし、一般的な求人と比較した場合、いまだにほとんどが非公開求人です。

そのため、独力のみでハイクラス転職を成功させたい30代にとっては、転職活動を進めにくい状況とも言えます。

非公開求人とは、その求人を保有する転職サービスを利用しなければ、応募することはおろか見つけ出すことさえできません。

30代でハイクラス転職を成功させたいのであれば、転職サービスには必ず登録するようにしてください。

③確実に成果をあげる必要がある

無事に採用がきまり、あこがれの企業での勤務がスタートしたとしても、決して気は抜けません。

ハイクラス転職は非常に高年収である一方、当然それに見合った結果や実績を残すことが求められます。

たとえ技量やスキルに自信があっても、実績を残せない人材をいつまでも雇用しておくほど、企業は優しくありません。

ハイクラスな人材を求める企業となればなおさらで、待遇に見合った実績を確実に残すことが要求されます。

30代のハイクラス転職者に求められるもの4選

30代のハイクラス人材に求められるもの

では、ハイクラス転職者を狙う30代に対しては、企業はどのようなものを求めているのでしょうか?

ここでは、特に重要なものを4つに絞って解説します。

30代のハイクラス転職者に求められるもの4選

  • 高度な専門的知識・スキル
  • 優れたマネジメント能力
  • 適応力や柔軟性
  • ビジネスレベルの英語力

注意しておきたいのが、先ほども解説した通りハイクラス転職者はこれらの要素を非常に高いレベルで有していることが求められます。

多少自信がある程度では、採用を有利に進めることはできません。

現在のレベルに満足せず、つねにスキルや能力に磨きをかけつづける事が大切です。

30代で仕事できない人はどうすればいい?仕事ができない30代の傾向と対策

①高度な専門的知識・スキル

ハイクラス転職を成功させるためには、非常に高度な専門的知識やスキルが求められます。

単に仕事を一人でこなせる程度の技量では、一般的な転職は可能だとしても、ハイクラス転職を実現させることは不可能です。

平均を大きく超えるスキルや知識でなければ、万が一選考に突破できたとしても、任される業務を十分にこなすことは難しいでしょう。

特に専門職としてハイクラス転職を成功させるためには、十分な技量が備わっていることが第一条件です。

自身の能力を、自分ひとりだけで判断するのではなく、第三者からの客観的な視点で評価してもらうことも非常に大切です。

②優れたマネジメント能力

管理職としてハイクラス転職を狙う場合、人並み優れたマネジメント能力も要求されます。

プロジェクトリーダーとしてチームをけん引した経験や、管理職として部下を持った経験など、自分の仕事はもちろん部下やチームを管理できる能力が必要です。

企業によって求めるマネジメント能力は違いますが、上で触れたようなマネジメント経験が必須であることも珍しくありません。

ハイクラス転職を狙う以上、転職先の企業では前職よりもさらに難しい業務を管理しなければならない機会も多いでしょう。

そうした環境でも即戦力として通用するだけのマネジメント能力は、ぜひ身に着けておきたいところです。

③適応力や柔軟性

40代や50代という年齢は、仕事への考え方や取り組み方などが確立し、企業の社風に順応できないケースも多いです。

20代の転職者のニーズが高い理由の一つとして、年齢を重ねた人材と比較して、企業の理念や風土に溶け込みやすいというものもあります。

では、その中間の30代はどうでしょうか?

若さと経験を兼ね備えている年代でもあるため、高齢の人材と比較した場合には、適応力や柔軟性といった面では心配は少ないでしょう。

しかし中には、若くしてハイクラス転職を検討できるだけの技量を持っていることに、絶対の自信やおごりを持っている人も少なくありません。

そうした場合、転職先の企業ではそれらの要素がネックになり、職場にうまく溶け込めない可能性もあります。

これでは高年収に見合うだけの良い仕事はできませんよね。

組織に対して柔軟に適応できる能力は、企業が30代のハイクラス転職者に対して求める非常に大きな要素なのです。

④ビジネスレベルの英語力

30代でハイクラス転職を成功させた場合、場合によっては海外拠点への異動や転勤を命じられるケースもあります。

そういった事態にも素早く適応できるように、ビジネスレベルの英語力を身に着けておくとさらに転職が有利に運ぶでしょう。

特に外資系の企業へハイクラス転職をしたい場合には、応募に際しては一定以上の英語力を有していることが条件に設けられていることも少なくありません。

外資系の企業の中には、社内の公用語に英語を用いているケースも多いからです。

将来ワールドワイドな活躍を想定している人は、早いうちから高いレベルでの英語力を身につけておきたいところです。

30代でハイクラス転職を成功させるポイント5選

では、30代でハイクラス転職を成功させるための具体的なポイントを5つ見てみましょう。

一般的な転職においても、成功のためにはさまざまなポイントを押さえる必要があります。

30代という若さでハイクラス転職を成功させるためにはなおさらです。

たとえスキルや実績に自信がある場合でも、これらのポイントを無視して転職活動を進めてしまっては、採用される確率をグッと下げてしまいかねません。

30代でハイクラス転職を成功させるポイント5選

  • 現職での実績を積極的にアピールする
  • 年収にこだわりすぎない
  • 応募先のニーズをよく理解する
  • 企業研究を念入りに行う
  • しっかりとスケジュールを練る

それぞれ解説していきます。

30代の平均年収はいくらぐらい?手取り額の場合は?

①現職での実績を積極的にアピールする

応募にあたっては、現職での実績を積極的にアピールすることが大切です。

スキルや強みをアピールすることももちろん大切ですが、それらが実際の現場でどのように発揮できたのかを明示できなければ、説得力にかけてしまいます。

前職での具体的な成功例や経験談、実績などをあらかじめ棚卸しておき、応募先の企業に効果的にPRできるように対策を練っておきましょう。

②年収だけにこだわりすぎない

年収アップが狙えるのは、ハイクラス転職をする上でも非常に大きなメリットの1つです。

しかし、年収にのみこだわって転職活動を進めてしまうと、たとえ採用がかなって新しい職場で働きだしたとしても、やりがいや楽しさを見いだせずに、再び転職を検討してしまう事態になりかねません。

年収アップは転職を考える上でも非常に一般的な動機ですが、長く活躍していくためには業務内容や社風、企業理念など、様々な要素を十分に考慮する必要があるのです。

また年収だけを目的にしてしまうと、将来のキャリアプランや転職先で実現させたいことが見えづらくなってしまいます。

これらの面が不透明な人材は、企業は採用したがりません。

30代がハイクラス転職を成功させるために大切なのは、決して年収だけではないということを忘れないようにしたいところですね!

③応募先のニーズをよく理解する

企業は新卒者や20代の転職者に対しては、スキルや強み以上に、伸びしろや成長率、やる気や熱意といった「ポテンシャル」を重視することが多いです。

対して30代でハイクラス転職を狙っている人材に対しては、なによりも「即戦力として活躍できるだけの能力」が要求されます。

そのため、求人広告には従事する業務の内容、求めているスキル、期待する役割などが、より明確に記載されていることがほとんどです。

これらの点にしっかりと目を通して、企業がどのような人材を求めているのかをきちんと理解しましょう。

たとえ応募したいと思える求人が見つかっても、こうしたニーズを無視してしまっては、面接の際に効果的なやりとりができません。

④企業研究を念入りに行う

企業に関して調べることは、ニーズだけではありません。

社風や企業の沿革など、可能な限り沢山の情報を集めてください。

ハイクラスな人材を求めている程の企業であれば、ホームページがあることがほとんどなので、必ず目を通すようにしましょう。

面接対策につながるだけではなく、ミスマッチの少ない転職が可能になります。

⑤しっかりとスケジュールを練る

転職活動を行う場合、退職してから転職活動に着手する人も中にはいます。

しかし、30代でハイクラス転職を成功させるためには、このやり方はおススメできません。

転職活動にはトラブルはつきもので、予想以上の時間がかかってしまうことも日常茶飯事です。

こういったケースでは、もし退職をしてしまっていると大きな空白期間を作ってしまうことになります。

空白期間が長ければ長いほど転職は不利になりがちです。

特に、ハイクラス転職をする上では、自己管理能力を大きく疑われてしまうことにもなりかねません。

とはいえ30代は、今後のキャリア形成のためにも非常に重要な時期です。

プロジェクトリーダーや管理職など、車内で重要なポジションを任されている事もおおいですよね。

そんな多忙を極める中での転職活動を円滑に進めるためには、あらかじめ綿密なスケジュールを立てることが大切です。

予期せぬトラブルにも対応できるよう、スケジュールには少し余裕を持たせるようにしましょう。

30代のハイクラス転職法3選

30代のハイクラス転職法3選

では、30代の人がハイクラス転職をする上では、具体的にどのような方法があるのでしょうか?

ここでは主な方法を3つ紹介します。

30代のハイクラス転職法3選

  • リファラル採用
  • ダイレクトリクルーティング
  • 転職支援サービスの活用

それぞれ見ていきましょう。

自分のケースに最適なものを選んでくださいね。

30代で公務員へ転職は可能なのか?公務員転職で求められる条件

①リファラル採用

1つめは、「リファラル採用」について解説します。

「リファラル採用」とは、実際に企業で働いている社員の紹介で応募する方法です。

知人から企業のリアルな情報を得ることができたり、書類選考が免除されるケースがあったりといったメリットもありますが、そもそも人脈が乏しい場合には使うことができないので、非常に人を選ぶ方法でもあります。

リファラル採用のメリット

  • 書類選考や面接過程が減る事もある。
  • 求人からは得られないリアルな情報を得ることができる。

リファラル採用のデメリット

  • 人脈がないと使用できない
  • ミスマッチを感じても、紹介した人の手前辞めづらい

②ダイレクトリクルーティング

応募者が登録した履歴書や職務経歴書などを見て、企業が直接オファーをかける手法を、「ダイレクトリクルーティング」といいます。

書類を掲載してさえおけば、あとは企業からオファーを待つだけなので手間がかかりません。

一方で、コンサルタントの支援や助言を受けることができないので、サポートなしに転職活動を進められる人におススメです。

ダイレクトリクルーティングのメリット

  • 書類を掲載するだけで良いので、手間が省ける
  • 仕事をしながらの行うことが容易

ダイレクトリクルーティングのデメリット

  • プロのサポートを受けることができない。

③転職支援サービスの活用

つづいては、転職エージェントに代表される「転職支援サービスの活用」です。

ハイクラス転職の求人は非公開求人であることが多いため、転職支援サービスを利用しなければ応募できない求人も少なくありません。

また、面接の対策や応募書類の添削など、プロのサポートを受けられるのも非常に大きなメリットです。

30代でハイクラス転職を成功させるためには、こうした転職支援サービスの活用は必須ともいえるほど重要なものです。

後ほどおススメのサービスも紹介するので、ぜひ利用してくださいね!

転職支援サービスを活用するメリット

  • プロのサポートを受けられる
  • 非公開求人に応募できる

転職支援サービスを活用するデメリット

  • サポートには一定の期間が設けられていることも
  • 理想と違う求人を紹介されることもある

30代のハイクラス転職に強い転職サービス5選

では、上で開設した転職支援サービスのなかでも、特におススメのサービスを5つ紹介します。

ぜひ活用しましょう!

30代のハイクラス転職に強い転職サービス5選

  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト
  • パソナキャリア
  • JACリクルートメント

また、これらのサービスは複数を併用することで、効果を最大限発揮することができます。

ただし、あまりに多くのサービスを併用すると、管理が非常に大変です。

そのためまずは1〜2社程度の併用から初めて、余裕があれば適宜数を増やしていってください。

転職サイト・転職エージェント比較ランキング!おすすめの転職サービスについて徹底解説

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

続いて紹介するサービスが、こちらの「ビズリーチ」です。

スカウト型の転職サービスで、年収800万円や1000万円を超えるハイクラス求人を豊富に保有しています!

基本利用料は無料ですが、それとは別に有料プランも用意されており、登録することでより充実した転職活動を行うことがてきますよ。

高年収を狙う人は、ぜひ活用してください!

高年収を目指せる!

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • ヘッドハンターの質がいい
  • コンサルティングのサポート体制も丁寧
  • 無料で利用可能
  • 自分でも求人検索が可能

3つ目に紹介する転職支援サービスは、こちらの「リクルートダイレクトスカウト」です。

先ほど紹介したビズリーチと同じくスカウト型の転職サービスの一つで、取り扱っている求人はどれもハイクラスなものばかりです!

コンサルタントのサポートも充実しているので、こうしたサービスの利用になれていない人も安心して使うことができますよ。

登録も最短3分で完了するので、活用しましょう!

3分で登録可能!

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判の真相は?サポートの充実性や口コミも解説

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 面接対策など丁寧なサポート体制が充実
  • 求人の質がいいためより良い環境も期待できる
  • 女性の転職サポート体制も整っている
  • アドバイザ―のレスポンスが早い
  • 年収アップ率も65%以上

つづいて紹介するサービスは、こちらの「パソナキャリア」です。

年収アップ率が65%以上と非常に高水準で、アドバイザーによる面接対策や応募書類の添削などのサービスも充実しています。

加えて、アドバイザーのレスポンスが非常に迅速で、ストレスなく求人集めを進めることができますよ!

また、女性の転職支援にも力を入れているため、男性はもちろん女性にとっても非常におすすめな転職エージェントの1つです。

3分で無料登録完了!

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

JACリクルートメント

JACリクルートメントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説! | 転職サイト比較Plus

つづいてオススメするものが、こちらの「JACリクルートメント」です。

数ある転職サービスの中でも、こちらの「JACリクルートメント」は30代以降の転職に特に力を入れています。

扱っている求人もほとんどがハイクラス求人で、各業界に精通したアドバイザーから、さまざまなアドバイスを的確に受けることもできますよ!

公開求人数も2022年11月の時点で15,000件以上豊富なため、多くの求人を集めることも期待できます。

ハイクラス求人多数!

まとめ~30代のハイクラス転職を成功させるために~

この記事では、30代の人がハイクラス転職を成功させるための情報を、おすすめの転職サービスの紹介などもまじえながら、さまざま解説してきました。

ハイクラス転職の主なターゲットは、40代であることが多いです。

しかし、実績やスキルが十分であれば、30代であってもハイクラス転職を成功させることは決して不可能ではありません。

紹介した転職支援サービスを活用しつつ、この記事で解説したポイントをしっかりおさえて、ぜひ30代でのハイクラス転職を実現させてくださいです

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント!
初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント!
キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。
キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました