GATEN職|建設業界・土木・ガテン系の求人サイト

40代におすすめの転職サイト比較ランキング!厳しい転職を成功させる選び方も解説【男性・女性・未経験】

40代,おすすめ,転職サイト 転職サイト

今回は40代の男性・女性におすすめの転職サイトをご紹介します。

40代の転職では、20代や30代よりも、企業探しの難易度が高いです。

やる気やポテンシャルよりも、今まで積み上げてきた経験や実績が重視される傾向にあります。

スキルがあれば転職を通して大幅な待遇アップを実現できますが、「資格なし・未経験だと厳しい」「40代での転職はみじめ」などと言われることも少なくありません。

そんな厳しい状況の中で40代が転職活動を成功させるには、自分のライフプラン・キャリアプランに合った転職サイト選びが大切です。

特徴や評判をもとに、最適な転職サイトを探しましょう。

40代の手取り30万円は少ないのか?平均年収や手取りについて解説
おすすめ転職サイト3選!
doda
doda
国内最大級の紹介実績!
ビズリーチ
ビズリーチ
年収800~2,000万円の
求人が豊富!
ハタラクティブ
ハタラクティブ
未経験でも仕事が
見つかる!
  1. 40代におすすめの転職サイト15選
    1. doda
    2. リクナビNEXT
    3. JACリクルートメント
    4. ビズリーチ
    5. type転職エージェント
    6. リクルートエージェント
    7. doda X
    8. プロフェッショナルバンク
    9. Green
    10. リクルートダイレクトスカウト
    11. enミドルの転職
    12. From40
    13. クライス&カンパニー
    14. パソナキャリア
    15. マイナビミドルシニア
  2. 40代未経験者におすすめの転職サイト
    1. doda
    2. リクナビNEXT
  3. 40代におすすめのスカウト型転職サイト
    1. ビズリーチ
    2. リクルートダイレクトスカウト
  4. 40代のハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェント
    1. LHH転職エージェント
    2. dodaX
    3. ロバートウォルターズ
  5. 40代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント
    1. マイナビエージェント
    2. Type女性の転職エージェント
    3. LIBZ
  6. 派遣で働きたい40代におすすめな転職サイト
    1. ランスタッド
    2. テンプスタッフ
  7. 40代の事務職におすすめの転職サイト
    1. はたらいく
    2. とらばーゆ
  8. 40代のIT業界におすすめの転職サイト・転職エージェント
    1. レバテックキャリア
    2. ワークポート
    3. マイナビITエージェント
  9. 40代営業職におすすめの転職サイト
    1. doda
    2. type転職エージェント
  10. 40代介護職におすすめの転職サイト
    1. カイゴジョブ
    2. マイナビ介護職
  11. 40代看護師におすすめの転職サイト
    1. レバウェル看護
    2. 看護roo!
  12. 40代薬剤師におすすめの転職サイト
    1. 薬キャリエージェント
    2. ファル・メイト
  13. 40代保育士におすすめの転職サイト
    1. 保育士バンク
    2. ほいくのえん
    3. しんぷる保育
  14. 建設業界希望の40代におすすめの転職サイト
    1. GATEN職
    2. 建職バンク
  15. 40代におすすめな転職サイトとあわせて見たい口コミ・評判サイト
    1. OpenWork
    2. ライトハウス
    3. 転職会議
    4. ミイダス
  16. 40代におすすめな転職サイトの選び方
    1. 求人数が多い
    2. 自分の職種や業界に特化している
    3. ハイキャリア向けかどうか
  17. 40代でよくある転職理由
    1. 勤務先の業績が悪化した
    2. 面倒臭い人間関係に耐えられなくなった
    3. 子どもが大きくなり収入を上げる必要があった
    4. 労働条件への不満
    5. 体力が衰え今の仕事を続けるのが困難になった
    6. 人生や仕事に対する考え方が変わった
    7. 経営方針や将来性に対する不安
  18. 40代の転職は厳しいと言われる理由
    1. 求人の数は20〜30代と比べてかなり少ない
    2. ハイクラス向けの求人が多い
    3. 未経験者向けの求人は少ない
    4. 人材の流動性が低い
  19. 企業が40代の転職者に求めるもの3選
    1. ①キャリア・実績
    2. ②スキル
    3. ③謙虚な姿勢
  20. 40代が転職活動を始める前の注意点
    1. パートナーに相談しておく
    2. 人生最後の転職になる可能性を考える
  21. 40代の転職活動を成功させるためのポイント
    1. 企業のリサーチを念入りに行う
    2. 今までのキャリアを簡潔に説明できるようにする
    3. 理想のキャリア像に向けてのロードマップを作る
    4. エージェントや企業の採用担当者へのレスポンスを早くする
    5. 働き方や文化的に馴染める環境かしっかり見極める
    6. 転職活動は在職中に進める
    7. 転職の理由を見つめ直す
    8. 前職の経歴を活かせるお仕事を探す
    9. 早めの行動を心がける
    10. 企業のニーズを把握する
  22. 40代が転職する上でのNG行為4選
    1. ①横柄な態度をとる
    2. ②過去の実績を鼻にかける
    3. ③好待遇を求めすぎない
    4. ④虚偽のキャリアを申告する
  23. 40代が転職のためにスキルアップする方法
    1. 資格を取る
    2. 副業を始める
    3. 対人スキルを磨く
  24. 40代が転職サイトで未経験の仕事に就く難易度
    1. 多くの業界・職種では厳しい
    2. 人手不足の業界なら40代未経験でも転職可能
    3. 同業界・同職種の転職がおすすめ
  25. 40代が未経験の仕事に転職するコツ
    1. 学習意欲や素直な人柄をアピール
    2. なぜ40代未経験で挑戦しようと思ったのか考えておく
  26. 40代が未経験の仕事に転職するときの注意点
    1. 年収ダウンを覚悟しておく
    2. 周囲の理解を得る努力が必要
    3. 新人として働く覚悟を持つ
  27. 40代未経験者におすすめの職種
    1. 介護職
    2. 営業職
    3. ドライバー
    4. 販売員
    5. 事務
  28. 40代が転職サイト・転職エージェントを使うメリット4選
    1. ①時間と体力を節約できる
    2. ②プロのバックアップを受けられる
    3. ③自分の市場価値を理解できる
    4. ④非公開求人や独占求人に応募できる
  29. 40代に強い転職エージェント・転職サイトの活用法
    1. すぐにでも転職したい姿勢をアピールする
    2. 担当者の質が悪いときは替えてもらう
    3. エージェントと密に連絡を取り合う
    4. 事前にキャリアやスキルの棚卸しをしておく
  30. 転職サイト・転職エージェントの違い
    1. 転職サイトとは
    2. 転職エージェントとは
  31. 40代には転職サイト・転職エージェントのどっちがおすすめ?
    1. たくさん求人を見たいなら転職サイト
    2. キャリアに合ったアドバイスなら転職エージェント
  32. 40代向け転職サイト・転職エージェントは両方活用がおすすめ
    1. 両方の欠点を補い合えるから
  33. 40代向け転職サイト・転職エージェントを複数併用するメリット
    1. 多くの求人情報をカバーできる
    2. 強みが異なるサービスを使い分けられる
    3. 自分に合うキャリアアドバイザーと出会いやすくなる
  34. 40代向け転職サイト・転職エージェントを複数併用するデメリット
    1. 管理が困難になる
    2. 情報過多になる
    3. 転職活動に時間を取られる
  35. 40代向け転職サイト利用の流れ
    1. 登録
    2. 求人検索・スカウト対応
    3. 応募・面接対策
    4. 面接
    5. 内定獲得・退職手続き
  36. 40代向け転職エージェント利用の流れ
    1. 登録
    2. 面談日時設定
    3. 面談
    4. 求人紹介
    5. 応募書類作成・添削
    6. 応募・書類選考
    7. 面接対策・面接
    8. 内定獲得
  37. 40代の転職シーンに多い質問5選
    1. ①40代の平均年収はどのくらい?
    2. ②40代が転職しやすい仕事は?
    3. ③40代は転職エージェントの利用を断られるって本当?
    4. ④40代の転職には資格は必須?
    5. ➄どうしても転職先が見つからない時は?
  38. 社会人としての経験やスキルを活用して40代の転職活動を成功させよう

40代におすすめの転職サイト15選

40代におすすめな転職サイトを厳選してご紹介します。

それぞれの転職サイト・エージェントの特徴を押さえた上で、自分にとって使いやすいサービスを探してくださいね。

サービスロゴ リクルートエージェント
転職サイト・エージェント名 doda リクナビNEXT JACリクルートメント ビズリーチ type転職エージェント リクルートエージェント doda X プロフェッショナルバンク Green リクルートダイレクトスカウト enミドルの転職 From40 クライス&カンパニー パソナキャリア マイナビミドルシニア
公開求人数 約222,550件 約100,000件 約418,000件 約19,000件 約10,000件 約363,000件 約20,000件 約150件 約34,000件 約7,300件 約170,000件 約16,000件 約11,000件 約15,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約80,000件 非公開 約1,000件 約18,000件 約227,000件 非公開 非公開 約270,000件 約5,100件 非公開 約3,000件 約7,500件 約100,000件 非公開
強い職種 全般 全般 ハイクラス特化(外資系・金融多め) ハイクラス向け 全般 全般 30〜50代向けハイクラス求人 ハイクラス特化 全般 事務・営業 ハイクラス向け 正社員・派遣・パート 正社員・派遣・パート 全般 全般
対応エリア 全国 全国 首都圏中心 首都圏中心 全国 全国 関東・関西・名古屋・福岡など 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国

※ただしリクルートエージェントの求人数は、採用予定数で表示。

doda

doda_LP_PC
満足度★★★★★ 5
求人数 約260,000件
対応地域 全国47都道府県
料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
運営会社 パーソルキャリア株式会社
プラン詳細を見る
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

キーワードに「40代」を含む求人数 約9,400件
対象エリア 全国
総合評価 5.0

「doda」は圧倒的な求人数を誇る総合型転職エージェントです。

エンジニア・技術職・営業など、さまざまな業種・職種の求人を保有しているので、選択肢を広げた転職活動ができますよ。

また専任のエージェントによるサポート体制も整っており、求人探しや面接対策など転職活動のあらゆる作業を強力に支援してくれます。

幅広い年齢の求人に対応しており、40代向けのお仕事も豊富に用意されています!

1人で転職活動を進めたい人にも、キャリアアドバイザーからのアドバイスを活用したい人にもおすすめです。

転職準備のコンテンツも充実しているので、ぜひ活用してください。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

満足度★★★★★ 5
求人数 約10万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://next.rikunabi.com/
運営会社 株式会社リクルート
プラン詳細を見る
特徴
大手のリクルートが運営
10万件以上の豊富な求人を掲載(2023年12月時点)
多くの転職者が使っている、定番の転職サイト

エージェントのサポート なし
おすすめポイント 求人数の豊富さ
総合評価 5.0

リクナビネクストは人材業界大手の株式会社リクルートが運営するサービスで、転職者の約8割が利用するとも言われています。

大手企業からベンチャー企業までさまざまな規模の会社が求人を掲載しており、求人数も3万件以上あるほか、非公開求人も8万件以上が掲載されているのが特徴です。

求人検索の際には好きなキーワードを入力することも可能で、『40代』などと入力して検索すると、より簡単に理想の求人を探しやすくなります。

また、リクナビNEXTでは派遣や契約社員の求人も掲載されており、「40代になって家庭や育児と仕事を両立する必要が出てきた」等、価値観の変化から様々な雇用形態を希望する方にもおすすめです。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容

JACリクルートメント

満足度★★★★★ 5
求人数 約2万5千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
プラン詳細を見る
特徴
ハイクラス・ミドルクラスの支援に特化した転職エージェント
管理職・エグゼクティブ・専門職・グローバルなポジションといった、スペシャリストを求める求人が豊富
運営会社は世界12ヵ国で事業を展開していて、30年以上の歴史がある

エージェントのサポート あり
おすすめポイント 外資系企業の求人が豊富
総合評価 5.0

ロンドン発の人材サービスJACリクルートメントは、外資系・国内企業のグローバルポジションなどのハイクラス人材の採用に特化した、30代以上メインの転職エージェントです。

ほとんどの求人の年収は500〜600万円以上がスタートラインとなっており、大企業の正社員から中小・ベンチャー企業の重要ポジションなど色々あります。

特定の領域における実務経験・スキルを持っている方や、英語や中国語などを活かして働きたい方におすすめです。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較

ビズリーチ

満足度★★★★★ 5
求人数 約10万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.bizreach.jp/
運営会社 株式会社ビズリーチ
プラン詳細を見る
特徴
即戦力採用に特化したハイクラス転職サイトの中でも、特に有名 管理職・専門職・次世代リーダー・グローバル人材などを求める企業からスカウトが届く 30%以上の求人が年収1,000万円以上(2021年1月時点)

エージェントのサポート なし(ヘッドハンターによっては応募書類の作成サポートをしてくれる場合がある)
おすすめポイント 保有求人の1/3以上が年収1,000万円以上
総合評価 5.0

ビズリーチはヘッドハンティング型の転職サイトです。

レジュメを登録しておくと、スキルや実務経験に基づいたスカウトが届きます。

登録後すぐに、自分のスキルや実務経験を簡潔かつ具体的に記載しましょう。

登録内容によっては、書類選考なしでそのまま面接に進めることも珍しくありません。

ビズリーチに求人を掲載している企業は、国内有数の厳選された優良企業が多数揃っています。

40代で更なるキャリアアップを目指したい方は、一度ビズリーチに登録して自らの市場価値を分析するとともに、人材としての可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介

type転職エージェント

type転職エージェント

満足度★★★★★ 5
求人数 約1万件
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
料金 無料
公式サイト https://type.career-agent.jp/
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
プラン詳細を見る
特徴
専属のキャリアアドバイザーが付くので、転職活動の始め方や求人の探し方など細かい部分のサポートが充実している。

エージェントのサポート あり
おすすめポイント 転職支援体制が整っている
総合評価 4.5

type転職エージェントは、大手有名企業からベンチャー企業まで幅広い求人案件を紹介しているサービスで、ITやWeb業界関連を中心とした求人も豊富です。

IT営業やコンサルタント、エンジニアの求人に強みを持っており、プログラミングやマーケティングに知見を持つ方にとっては使いやすいサービスとなっています。

type転職エージェントは登録後、専属のスタッフが書類添削や企業の選び方などの相談に乗ってくれるので、40歳をすぎて初めて転職活動をする人にもオススメです。

type転職エージェントは会員になると非公開求人の閲覧・応募が可能となり、他社サイトでは見かけない求人に出会える可能性も上がります。

IT業界での特定の領域におけるキャリアを持つ方や、プログラミングやシステム開発に強みを持つ方は、type転職エージェントへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

最短60秒で登録完了type転職エージェントの登録はこちら

type転職エージェントの評判はヤバいのか?口コミをもとに真相を分析&徹底解説

リクルートエージェント

キーワードに「40代」を含む求人数 約2,900件
対象エリア 全国
総合評価 5.0

リクルートエージェントの特徴

  • 豊富な求人数
  • 幅広い年齢層に対応
  • 大手の名に恥じない転職サポート

転職支援サービス最大手の一つとして知られる「リクルートエージェント」も40代の転職におススメです。

幅広い年齢の転職に対応しており、40代に対する転職支援にも定評があります。

また、転職支援サービス最大手のタイトルに恥じない求人数と支援体制が好評で内定獲得までのサポートはもちろん、内定後のサポート体制も整っています。

年収アップが期待できる求人もたくさんあるので、ぜひ登録してみましょう。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

doda X

dodaX

公開求人数 約20,000件
対応エリア 関東・関西・名古屋・福岡など
利用料 無料
エージェントのサポート あり(別途「doda」への登録が必要)
おすすめポイント ハイクラス求人専門
総合評価 5.0

doda Xの特徴

  • ハイクラス求人に特化
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 重要ポジションの転職が狙える

doda Xは、年収800万円以上の求人に特化したハイクラス向けの転職サービスです。

掲載されている求人の多くは、年齢を問わず経験年数や資格を求められる場合が多いものの、多くが40代前後に経験できるポジションばかりとなっています。

doda Xに登録し、専用のレジュメを作成するとヘッドハンターから連絡が届き、キャリア相談や求人紹介を行ってくれるので、現職で忙しい方にとっても使いやすいサービスです。

doda Xの利用者の約9割は年収600万円を超えており、キャリアの後半においてより高みを目指したいと考える40〜50代の登録者が大半を占めています。

doda Xの求人数は約15,000件と比較的少ないぶん、大企業の管理職や中小・ベンチャー企業の経営層など、企業の重要なポジションとなる求人が多いのが特徴です。

数十年間積み上げてきた経験をもとに、より高待遇でやりがいのある仕事にチャレンジしたい40代の方には、是非登録してほしいサービスの一つとなっています。

プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンク

公開求人数 約150件
対応エリア 全国
利用料 無料
エージェントのサポート なし
おすすめポイント ハイクラス転職を狙える求人が満載
総合評価 4.7

プロフェッショナルバンクの特徴

  • ハイクラス向け求人が大多数
  • キャリアを活かしたい人におすすめ
  • コンサルや金融系の経験を活かせる

プロフェッショナルバンクは、30〜40代向けの求人を主に扱っており、大多数をハイクラス向けの求人が占めています。

プロのスタッフが登録者向けにヘッドハンティングも行っているため、今すぐに転職を考えていない方も、履歴書や職務経歴書を予め記載しておきましょう。

プロフェッションバンクには、コンサルや金融など専門知識や長年のキャリアを求められるハイクラス向けの求人が数多く揃っているのが特徴です。

また、ヘッドハンティングの求人は企業人事側の評判が良いため、書類選考通過時や面接対策における企業の採用担当者やエージェントとのやりとりもスムーズに行えます。

ハイクラス人材として更なる高みを目指したい40代の方は、プロフェッショナルバンクに登録して求人を探してみてはいかがでしょうか。

Green

Green

公開求人数 約34,000件
対応エリア 全国
利用料 無料
エージェントのサポート なし
おすすめポイント ITベンチャーを目指すならコレ!
総合評価 5.0

Greenの特徴

  • IT業界に特化
  • ベンチャー・スタートアップの求人多数
  • 40代向けの求人も豊富

転職サイトGreenは、IT・Web業界に特化した転職サイトとして有名なサービスで、中には40代以降向けの求人も豊富に揃っています。

主にエンジニアや製造業などの求人が多いほか、ITやWeb業界における中小・スタートアップ企業における経験者向けの求人も少なくありません。

IT業界で何らかの就労経験がある方は、定年後の再雇用も期待できるプログラマーやシステム運用保守などの求人に出会える確率が高くなります。

転職サイトGreenは未経験可能な求人が少ないので、40代で利用する際は自分の強みを持つ分野やスキルを武器にして転職活動を進めていくといったイメージになるでしょう。

Greenのサポート内容や使い勝手・口コミを徹底解説!メリットデメリットや機能の紹介

リクルートダイレクトスカウト

満足度★★★★★ 5
求人数
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/
運営会社 株式会社リクルート
プラン詳細を見る
特徴
大手のリクルートが運営する、ハイクラス向け転職スカウトサービス
年収800万~2,000万円の求人が12万件以上(2023年7月5日時点)
希望条件や経験を選ぶだけで、簡単にレジュメ作成ができる

エージェントのサポート なし
おすすめポイント 高年収・ハイポジションの求人を探す人向け
総合評価 4.5

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営する転職サービスの中でも、30〜50代向けのハイクラス人材に特化した転職サービスです。

リクルートダイレクトスカウトに登録すると、ハイクラス人材の求人情報だけでなくヘッドハンターへのキャリア相談もできるようになります。

サービス内には専用のレジュメが掲載可能なため、内容を元にヘッドハンターがマッチする案件を厳選して紹介するといった仕組みです。

リクルートダイレクトスカウトの総求人数は10万件を超えており、ほとんどが年収600万円以上のハイクラス向け求人となっています。

リクルートダイレクトスカウトはレジュメ登録後、ヘッドハンターが履歴書や職務経歴書をもとに求人を探してくれるので、現職の仕事が忙しい方にもオススメです。

現職で培った経験を最大限生かし、キャリアの幅を広げて年収アップを狙いたい方は、リクルート ダイレクトスカウトに登録して一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判の真相は?サポートの充実性や口コミも解説

enミドルの転職

公開求人数 約170,000件
対応エリア 全国
利用料 無料
エージェントのサポート あり
おすすめポイント さまざまな転職サービスの求人を一括掲載
総合評価 4.6

enミドルの転職の特徴

  • ミドル世代向けの転職サイト
  • 掲載企業400社以上
  • 年収500万円以上の求人多数

「enミドルの転職」は、30~50代向けのハイクラス転職サイトです。

登録者の平均年齢は45歳となっており、ミドル世代に強い転職サービスとして多くの良質な口コミを集めています。

enミドルの転職は複数の転職エージェントの求人情報を集結しており、内容は大手人材サービスから業会・地域特化型のエージェントまで様々です。

求人を掲載している転職エージェントは約400社以上にものぼるため、複数の転職サイトで同時並行して企業探しをするのに自信がない方にも使いやすくなっています。

また、掲載されている求人においても年収500万円以上のハイクラス向け求人が多いほか、求められるスキルや人物像が明記されているので企業のイメージがつきやすいです。

転職活動を効率的に進めたい40代の方は、enミドルの転職に登録して理想の転職先となる企業を探しましょう。

From40

from40

公開求人数 約16,000件
対応エリア 全国
利用料 無料
エージェントのサポート なし
おすすめポイント 40代以上の方に向けた年代特化型転職サイト
総合評価 4.5

From40の転職の特徴

  • 40代~50代の転職に強い
  • さまざまな職種に対応
  • 非公開求人多数

FROM40は、40〜50代のさまざまなキャリアに対応している転職支援サイトとして有名です。

掲載されている求人はエグゼクティブやハイクラスから、施工管理や製造業におけるスタッフなど、幅広い職種やポジションにおける求人が掲載されています。

FROM40へのサービス登録後は3,000件以上にのぼる非公開求人も閲覧・応募可能になるので、40代から異業種への転職を考える人にも比較的使いやすい転職サイトです。

FROM40の求人数は約17,000件と、数では大手求人サイトに劣るものの、サービス自体が40代以降向けに特化しているため、40代以降の転職者向けの募集が揃っています。

中には知名度の高い大手企業から、あまり日常生活では名前を目にしない「隠れ優良企業」の求人も多いため、利用する際は幅広い視点で企業を比較してみましょう。

クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

公開求人数 約11,000件
対応エリア 全国
利用料 無料
エージェントのサポート なし
おすすめポイント 非公開求人が全求人の約7割
総合評価 4.5

クライス&カンパニーの転職の特徴

  • 手厚いサポート体制を完備
  • ハイクラス向けの転職サイト
  • 非公開求人多数

クライス&カンパニーは、登録者に対する手厚いサービスに定評のあるハイクラスに特化した転職サービスです。

求人の71%が非公開求人となっており、求人を掲載している企業の75.4%は経営者、経営層へ向けたキャリアを描く前提で採用活動が行われています。

「中長期キャリア相談」と「転職サービス登録」の2種類のサービスが利用でき、どちらを選んだ場合も同年代のコンサルタントによるサポートを受けられるのがポイントです。

ハイクラス向けの転職サービスなので、40代には相応のキャリアやスペックが求められるものの、企業の一次選考における通過率は62%以上と高い水準を誇っています。

自分の市場価値を分析しつつ、今までの経験を最大限に活かせる転職先を探したい方は、クライス&カンパニーのサイトをチェックし、キャリア相談に申し込んでみましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

満足度★★★★★ 5
求人数
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/
運営会社 株式会社パソナ
プラン詳細を見る
特徴
対応が丁寧なハイクラス転職エージェント
全国47都道府県に拠点を持ち、これまでに約54万人を支援(2001年~2022年の累計実績)
30~45歳の利用者が多い

キーワードに「40代」を含む求人数 約1,300
総合評価 5.0

パソナキャリアは、サポート体制や高い年収アップ率に定評のある転職エージェントです。

なかでも女性への転職サポートが高評価で、家庭と仕事を両立しやすい求人を多く紹介してくれます。

また、パソナキャリアには独自に「認定シニアコンサルタント」という制度が設けられています。

社内の厳しい評価をクリアしたエージェントにサポートしてもらうことで、より効率的に転職活動が進められますよ!

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニア

公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
利用料 無料
エージェントのサポート なし
おすすめポイント 業界大手「マイナビ」が運営している
総合評価 4.3

マイナビミドルシニアの特徴

  • ミドルシニアの求人に特化
  • 角度道府県ごとに検索可能
  • ノック機能が便利

マイナビミドルシニアは株式会社マイナビが運営する40代・50代・60代のミドルシニア〜シニア層を対象としているサービスです。

全国の都道府県ごとに求人サイトが細かく分かれており、希望のエリアで求人を探すことができます。

正社員に加えて派遣社員の求人も多く、ビル管理や清掃など自分のペースで無理なく働ける求人も多数掲載されています。

また、マイナビミドルシニアには「ノック機能」があり、履歴書や職務経歴書の内容に沿って書類選考や面談の前に企業採用対象であるかを調べられます。

また、マイナビミドルシニアには40代でも未経験から応募可能な求人も揃っているため、定年まで手に職を着けて働きたい方にオススメなサービスです。

40代未経験者におすすめの転職サイト

40代未経験者におすすめの大手転職サイトは、次の2つです。

40代未経験者におすすめの大手転職サイト

  • doda
  • リクナビNEXT

いずれも未経験で応募できる求人が多く見つかります。

また、どちらも求人数が多い大手転職サイトです。

「とりあえず求人数が多い転職サイトに登録しておきたい」と考えている方にもおすすめとなっています。

doda

doda_LP_PC
満足度★★★★★ 5
求人数 約260,000件
対応地域 全国47都道府県
料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
運営会社 パーソルキャリア株式会社
プラン詳細を見る
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

dodaは、国内トップクラスの求人数を誇り、多種多様な業界・職種の求人を取り扱っています。

経験者向けの求人も、未経験者向けの求人も豊富です。

プロフィールを登録しておくことで、企業からのスカウトを受け取ることもできます。

「いろいろな求人を見たい!」という40代の方は、一度登録してみるといいでしょう。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

リクナビNEXT

リクナビNEXT

満足度★★★★★ 5
求人数 約10万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://next.rikunabi.com/
運営会社 株式会社リクルート
プラン詳細を見る
特徴
大手のリクルートが運営
10万件以上の豊富な求人を掲載(2023年12月時点)
多くの転職者が使っている、定番の転職サイト

リクナビNEXTは、かなり求人数が多いことで有名です。

海外の求人まで取り扱っています。

大手のリクルートによって運営されている点も、多くの求職者を引き付けています。

また、未経験者を歓迎している求人が多めだという点も特徴です。

たくさんの選択肢から仕事を選びたい40代の方は、ぜひ利用を検討してみてください。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容

40代におすすめのスカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトとは、自分の経歴やスキルを登録しておくだけで、企業やヘッドハンターからスカウトが届く転職サービスのことです。

仕事や家庭で何かと忙しい40代でも、効率的に転職活動ができます。

またスカウト型転職サイトは基本的に、即戦力採用に特化しているので、経験者として転職したい人向けです。

40代におすすめのスカウト型転職サイトは、次の通りです。

40代におすすめのスカウト型転職サイト

  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト

ビズリーチ

満足度★★★★★ 5
求人数 約10万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.bizreach.jp/
運営会社 株式会社ビズリーチ
プラン詳細を見る
特徴
即戦力採用に特化したハイクラス転職サイトの中でも、特に有名 管理職・専門職・次世代リーダー・グローバル人材などを求める企業からスカウトが届く 30%以上の求人が年収1,000万円以上(2021年1月時点)

「ビズリーチ」は、自分の市場価値を確かめたい40代におすすめなスカウト型転職サイトです。

即戦力採用に特化していて、自分のプロフィールを見た企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

高収入なハイクラス向けの求人が多く、高度な専門職や中間管理職以上のポジションを募集している企業との出会いが豊富です。

ただし登録には審査があり、誰でも利用できるわけではありません。

しかし自分にはどんなスカウトが届くか確かめたい方は、好待遇な求人と出会うためにも、一度登録を検討してみてください。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介

リクルートダイレクトスカウト

満足度★★★★★ 5
求人数
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/
運営会社 株式会社リクルート
プラン詳細を見る
特徴
大手のリクルートが運営する、ハイクラス向け転職スカウトサービス
年収800万~2,000万円の求人が12万件以上(2023年7月5日時点)
希望条件や経験を選ぶだけで、簡単にレジュメ作成ができる

リクルートダイレクトスカウトは、大手の株式会社リクルートが運営している、スカウト型の転職サイトです。

ハイクラス向けであり、年収が800万~1,000万円クラスの高品質な求人を取り扱っています。

手間をかけずに転職活動を行ないたい方はもちろん、自分の実力や経歴にふさわしいポジションへの転職を希望する40代にもおすすめです。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判の真相は?サポートの充実性や口コミも解説

40代のハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代の転職場面では、キャリアアップや年収アップを狙ってよりハイレベルな企業に転職する例が多いです。

ここではそんな人のために、40代がハイクラス転職を叶える上で役立つ転職サイト・転職エージェントを3社紹介します。

40代のハイクラス転職に転職サイト・転職エージェント

  • LHH転職エージェント
  • dodaX
  • ロバートウォルターズ
ベンチャーやスタートアップにおススメな転職エージェント・転職サイト22選

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

満足度★★★★★ 5
求人数 約3万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://jp.lhh.com/
運営会社 Adecco Group AG
プラン詳細を見る
特徴
国内の大手企業や、外資系企業、日系グローバル企業のハイキャリア転職に強み
コンサルタントの担当分野が職種・業界別に細分化されているため、専門性の高いアドバイスが受けられる
3人に2人が平均101万円の年収アップを実現。10人に1人は年収1,000万円以上で転職している(2023年4月自社調べ)

LHH転職エージェントは、ハイキャリア転職に強みを持ちます。

10人に1人は年収1,000万円以上で転職している、3人に2人が平均101万円の年収アップを実現しているといった実績があります。

高収入を目指す40代におすすめです。

また、グローバルに活躍できるポジションの求人も見つかりやすいので、英語力を活かしたい方や外資系企業に転職したい方にもおすすめできます。

LHH転職エージェントでは、コンサルタントの担当分野が他社と比較して細かく分けられており、自分の業界や職種ならではの事情を理解してもらえる点もメリットです。

dodaX

キーワードに「40代」を含む求人数 約1,100件
対象エリア 全国
総合評価 5.0
スタッフの質 4.4

dodaXの特徴

  • ハイクラス転職特化型の転職支援サービス
  • スカウトサービスに加え、自身での応募も可能
  • 非公開求人多数

dodaXは、先ほど紹介した「doda」と同じく「パーソルキャリア」が展開する、ハイクラス転職に特化した転職サイトです。

熟練のヘッドハンターが、利用者の経歴や希望などを考慮して最適なオファーを届けてくれます。

それだけでなく、面接対策や年収交渉、履歴書・職務経歴書の添削などを丁寧に支援してくれるので、転職活動に自信がない場合でも安心です。

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズ

キーワードに「40代」を含む求人数 該当なし
対象エリア 全国
総合評価 5.0
スタッフの質 4.6

ロバートウォルターズの特徴

  • 外資系企業の求人が多い
  • ベンチャー企業の求人にも対応
  • 確かな転職実績

ミドル層やシニア層の転職に絶大な支持を集めているのが「ロバートウォルターズ」です。

「40代」をキーワードに含む求人はないものの、実際には応募できる求人は豊富にあり、どれもがキャリアアップや年収アップが狙えるものばかりですよ。

イギリス発祥の転職エージェントということもあって、外資系企業の求人が充実しています。

語学力に自信のある40代の人は、ぜひ登録してみましょう!

40代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代女性に強い転職サイト・転職エージェント

続いては、40代女性の転職に焦点を当てましょう。

以下に挙げる3つの転職支援サービスを見てください。

40代女性に強い転職サイト・転職エージェント

  • マイナビエージェント
  • Type女性の転職エージェント
  • LIBZ

40代の女性が転職を成功させるポイントは、以下の記事でもわかりやすく解説しているので、ぜひ目を通してみてくださいね!

40代女性が転職で成功するポイントは?未経験でも資格があれば大丈夫?

マイナビエージェント

マイナビエージェント,女性

満足度★★★★★ 5
求人数 約4万5千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://mynavi-agent.jp/
運営会社 株式会社マイナビ
プラン詳細を見る
特徴
20代から30代に特化している転職エージェント
求人総数が6万件以上と多い
初めての転職でも心強い

キーワードに「女性 40代」を含む求人数 非公開
総合評価 5.0

抜群の知名度を誇る「マイナビエージェント」も、40代女性の転職場面では非常に有益です。

キャリアアドバイザーの質が評判で、転職にかかわるさまざまな不安を丁寧にヒアリングしてくれます。

公開求人数・非公開求人数ともに非常に充実しているので、「とにかくたくさん求人をあつめたい!」と考える人はぜひ利用しましょう。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?

Type女性の転職エージェント

キーワードに「40代」を含む求人数 約150件
対象エリア 全国
総合評価 4.9
スタッフの質 4.8

Type女性の転職エージェントの特徴

  • 女性の転職に特化した転職エージェント
  • 首都圏の求人に強い
  • 女性の転職に役立つコラムが満載

「Type女性の転職エージェント」は2005年のサービス開始以来数多くの女性を転職成功に導いてきた転職エージェントです。

在籍しているキャリアアドバイザーのほとんどは女性なので、男性には相談しづらいことも気兼ねなく話せるうえ、内定獲得までのサポート体制も充実しています。

また、女性の転職に役立つコラムが多数掲載されており、それらにしっかりと目を通すことで転職成功のヒントがたくさん見つかりますよ!

type転職エージェントの女性版『type女性の転職Agent』の評判とは?

LIBZ

LIBZ

公開求人数 約1,000件
対応エリア 全国
利用料 無料
エージェントのサポート あり
おすすめポイント リモート・フレックスなどの求人多数
総合評価 4.9

LIBZの特徴

  • 柔軟な働き方ができる企業と出会える
  • 家庭や育児と仕事を両立させたい40代女性におすすめ

LIBZは、ニューノーマルな働き方で活躍できる企業に特化したジョブマッチングサービスです。

リモート・フレックス・業務委託などの柔軟な働き方を選べます。

家庭と仕事を両立させたい40代女性におすすめです。

派遣で働きたい40代におすすめな転職サイト

柔軟な働き方ができる派遣のお仕事は、家庭や育児と両立させたい40代に人気です。

派遣で働きたい40代におすすめな転職サイトをご紹介します。

派遣で働きたい40代におすすめな転職サイト

  • ランスタッド
  • 添付すたっぷ

ランスタッド

ランスタッド

満足度★★★★★ 5
求人数 7万5千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.randstad.co.jp/
運営会社 ランスタッド株式会社
プラン詳細を見る
特徴
事務や製造、エンジニアなど様々な求人に対応
外資系企業の派遣も見つけられる
世界39の国と地域に拠点を持つ総合人材サービス会社

エージェントのサポート なし
おすすめポイント 語学力を活かせる求人が満載
総合評価 5.0

ランスタッドは、オランダにグループ本社がある世界的に有名な派遣会社で、日本国内でも事業を大規模に展開しているサービスです。

案件の数が多く、中でも外資系企業におけるハイクラス向けの求人や派遣社員、契約社員などの求人も幅広く取り扱っているため、幅広い視点で転職活動を進められます。

日本国内における派遣社員・アルバイト向けの求人媒体とはことなり、ランスタッドは外国語や専門スキルを必要とするミドルシニア層向けの求人が多いのが特徴です。

ランスタッドは一定以上のスキルを持つ方向けの求人が多く、大手企業の一員として転職できた場合、無理のない労働時間で一定以上の待遇を期待できるでしょう。

今までの経験を最大限活用しつつ、今までほど無理せず自分のペースで仕事を続けたい方は、ランスタッドに登録して数多くの求人を見比べてみてはいかがでしょうか。

ランスタッドの使い勝手は?【特徴、評判、口コミ】

テンプスタッフ

テンプスタッフ

満足度★★★★★ 5
求人数
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.tempstaff.co.jp/
運営会社 パーソルテンプスタッフ株式会社
プラン詳細を見る
特徴
大手だから安心して利用できる
業界最大級の求人数
希望や条件に合わせて選べる

キーワードに「40代」を含む求人数 約37,000件
総合評価 4.7

派遣社員での活躍を考える女性には「テンプスタッフ」がおススメです。

事務職やテレマーケティング、調理師・栄養士といった女性に人気の求人を多く保有しています。

派遣社員の求人を得意としていますが正社員の求人も豊富なうえ、転職成功後も親身にサポートしてくれるので、転職直後の不安な時期も安心です。

テンプスタッフの使い勝手は?サポートの充実性は?

40代の事務職におすすめの転職サイト

40代の事務職におすすめの転職サイトは、次の2つです。

40代の事務職におすすめの転職サイト

  • はたらいく
  • とらばーゆ

事務は人気が高い職種です。

一般的に年収は低めですが、ワークライフバランスを考えた働き方が可能で、企業によってはリモートワークも選択できます。

しかし「なかなか事務職の選考に通らない」という声も目立つので、多くの転職サイトで求人を探して、同時に複数の選考を進めましょう。

はたらいく

はたらいく

はたらいくの特徴

  • リクルートの求人・転職サイト
  • 全国の求人を取り扱っている
  • 地方の事務職の求人もある

はたらいくは、大手企業リクルートによる求人・転職サイトです。

全国の求人を勤務地別に検索できます。

首都圏の事務職の求人はもちろん、地方中堅・中小企業の事務職の求人数も多数取り扱い中です。

事務職として転職したい40代女性は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆの特徴

  • 女性に特化した転職サイト
  • 医療事務、オフィスワークといった女性に人気の仕事を検索できる
  • 他にも女性に嬉しい検索条件が豊富

とらばーゆは、株式会社リクルートの女性向け転職サイトです。

女性に人気の職種を検索できるようになっています。

その中には医療事務、オフィスでの事務といった事務職も含まれているので、事務の仕事を探している40代女性はぜひ活用してください。

他にもエステ、ファッション業界、産休・育休取得実績がある企業といった、女性に嬉しい検索条件が豊富です。

女性が働きやすい環境を重視したい方にもおすすめの転職サイトとなっています。

40代のIT業界におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代のIT業界転職に強い転職サイト・転職エージェント

IT業界への転職に強い転職サイト・転職エージェントの紹介です。

以下の3つを見てみましょう。

40代のIT業界転職に強い転職サイト・転職エージェント

  • レバテックキャリア
  • ワークポート
  • マイナビITエージェント

IT業界は専門的な知識やスキルが求められるため、40代の未経験者が挑戦するにはハードルが高い業界といえます。

しかし、長引く人材不足から未経験者でも応募できる求人も多いです。

IT業界未経験の40代が挑戦する場合には、まずはこれらの転職支援サービスを利用して、応募できる求人がないか調べてみましょう。

また、こちらの記事では未経験の40代がシステムエンジニアに転職するための秘訣を解説しています。

参考にしてください。

40代未経験でもSEに転職できる?転職成功の為のポイントやヒント集!

レバテックキャリア

レバテックキャリア

満足度★★★★ 5
求人数 約2万件
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡
料金 無料
公式サイト https://career.levtech.jp/
運営会社 レバテック株式会社
プラン詳細を見る
特徴
業界最大級のITエンジニア専門転職エージェント
IT・Web業界を知り尽くした、職種や企業別のアドバイザー
年7,000回以上のヒアリングによって、現場のリアルな情報を提供

キーワードに「40代」を含む求人数 約1,600件
総合評価 5.0

IT業界の経験がある40代には、レバテックキャリアがおススメです。

経験者がIT業界でのキャリアアップを狙える求人が充実しているだけでなく、エンジニア経験のあるコンサルタントが、内定獲得までしっかりバックアップしてくれます。

希望企業への転職成功率は96%と非常に高水準なので、転職を失敗できない40代にとってとても心強いパートナーになってくれますよ。

ワークポート

ワークポート

満足度★★★★★ 5
求人数 約8万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.workport.co.jp/
運営会社 株式会社ワークポート
プラン詳細を見る
特徴
人材紹介業20年以上のノウハウを持つ転職エージェント
今までに67万人の転職相談を受けてきた実績がある
北海道から沖縄まで、日本全国に39拠点を構える

キーワードに「40代」を含む求人数 約800件
対象エリア 全国
総合評価 5.0

ワークポートは、IT系・WEB系の転職に強い転職エージェントです。

コンサルタントが業界に精通しているので、IT業界未経験者に役立つ情報を沢山提供してくれます。

IT系以外のお仕事も扱っているので、併用するサービスの一つとして活用するのもおススメですよ。

IT業界経験者であれば、それだけ紹介してもらえる求人も増えます。

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

キーワードに「40代」を含む求人数 非公開
対象エリア 全国
総合評価 5.0

マイナビITエージェントの特徴

  • 業界トップクラスの求人数
  • 非公開求人が多い
  • コンサルタントの手厚いサポート

未経験の40代がIT業界へ挑戦する場合、まずは「マイナビITエージェント」への登録がおススメです。

IT業界に限らず、40代の人が未経験の分野へ転職するのは非常に難しいですが、マイナビITエージェントは無資格・未経験者向けの求人を多く扱っているので、求人を紹介してもらえることがあります。

無料で利用できるので、気軽にエージェントに相談してみましょう!

40代営業職におすすめの転職サイト

40代営業職におすすめの転職サイトは、次の通りです。

40代営業職におすすめの転職サイト

  • doda
  • type転職エージェント

幅広い業界で活躍できる営業職は、これまでのキャリアに関係なく、比較的未経験からでも挑戦しやすい職種のひとつです。

doda

doda_LP_PC
満足度★★★★★ 5
求人数 約260,000件
対応地域 全国47都道府県
料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
運営会社 パーソルキャリア株式会社
プラン詳細を見る
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

国内屈指の大手転職サイト「doda」は、営業職の転職活動でもおすすめです。

営業職の求人数が多いだけではなく、「医療営業」「IT営業」といった風に、細かい条件で絞り込み検索ができます。

求人検索は細かく条件が指定でき、営業職の中でも「IT営業」「医療営業」など選べます。

アプリ版のデザインも見やすいと好評です。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

type転職エージェント

type転職エージェント

満足度★★★★★ 5
求人数 約1万件
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
料金 無料
公式サイト https://type.career-agent.jp/
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
プラン詳細を見る
特徴
専属のキャリアアドバイザーが付くので、転職活動の始め方や求人の探し方など細かい部分のサポートが充実している。

type転職エージェントは、転職の分野で長年の経験を持つ株式会社キャリアデザインセンターが運営しています。

さまざまな業界・業種を取り扱う総合型のサービスですが、特に営業職やミドルの転職支援に強いです。

営業職として転職したい40代にはぴったりの転職エージェントだといえます。

最短60秒で登録完了type転職エージェントの登録はこちら

type転職エージェントの評判はヤバいのか?口コミをもとに真相を分析&徹底解説

40代介護職におすすめの転職サイト

40代介護職におすすめの転職サイトは、次の通りです。

40代介護職におすすめの転職サイト

  • カイゴジョブ
  • マイナビ介護職

介護職はニーズが高いので、40代未経験者にも豊富なチャンスがあります。

カイゴジョブ

カイゴジョブ

満足度★★★★★ 5
求人数 約5万9千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kaigojob.com//
運営会社 株式会社エス・エム・エス
プラン詳細を見る
特徴
転職担当者は、介護業界の経験が豊富で多くの方の転職サポートをした実績があるので、諸々の事情を前提に、皆様の不安を解消しながら転職活動を支援してくれる

カイゴジョブは、介護業界の求人・人材紹介サービスの中で、累計会員数ナンバーワンです。

全国の介護・福祉の求人を紹介しています。

「中高年が働きやすい」「未経験歓迎」などの豊富な条件で検索可能です。

介護関係の仕事に特化しているため、自分のニーズとズレている仕事がたくさん表示されてしまう可能性も少ないでしょう。

カイゴジョブの評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介

マイナビ介護職

マイナビ介護職

満足度★★★★★ 5
求人数 約1万7千件
対応地域 全国(関東・関西が中心)
料金 無料
公式サイト https://kaigoshoku.mynavi.jp/
運営会社 株式会社マイナビ
プラン詳細を見る
特徴
介護・福祉に特化した転職エージェント
公開求人数が6万8,604件と多く、全国に対応(2023年12月時点)
転職・就職支援で有名なマイナビならではの安心感

マイナビ介護職は、介護職と福祉職の求人を専門的に取り扱う転職エージェントです。

保有している求人数がかなり多いので、幅広い介護・福祉のお仕事をチェックしたい40代におすすめできます。

対面での面談も実施しているので、ぜひ活用してください。

40代看護師におすすめの転職サイト

40代看護師におすすめの転職サイトは、次の通りです。

看護師向け転職サイト

  • レバウェル看護
  • 看護roo!

レバウェル看護

レバウェル看護

満足度★★★★★ 5
求人数 約14万件
対応地域 全国(関東・関西が中心)
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp/
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
プラン詳細を見る
特徴
10万件以上の看護師求人を掲載(2023年12月時点)
アドバイザーが転職先の良いところだけではなく、大変なポイントも教えてくれる
LINEやメール、ショートメッセージなど、好きな方法でアドバイザーと連絡が取れる

レバウェル看護(旧看護のお仕事)は、看護師特化型の転職エージェントの中でも、求人数がトップクラスです。

全国の求人をたくさん掲載しているため、40代を歓迎してくれる職場や、自分に合った理想的な職場を見つけやすくなっています。

「看護師に特化した転職エージェントの中でも、求人数が多いサービスを利用したい」「地方で看護師のお仕事を探している」という人におすすめです。

また、キャリアアドバイザーとのやり取りがLINEでできる点も魅力となっています。

レバウェル看護の使い勝手は?みんなの口コミもチェック

看護roo!

看護roo!

満足度★★★★★ 5
求人数 約8万4千件
対応地域 全国(関東・関西が中心)
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/
運営会社 株式会社クイック
プラン詳細を見る
特徴
看護師の求人情報を自由に検索できる
「病院見学のお礼状の書き方」や「志望動機の書き方」など、看護師の転職に役立つコンテンツが豊富
看護師向けの楽しい転職診断もたくさん用意されている

看護roo!は、看護師の求人を専門的に取り扱っているサイトです。

「日勤のみ」「クリニック」「健診センター」といった、看護師のお仕事探しならではの条件で絞り込み検索ができます。

また、ダイレクト求人」なら登録なしでそのままスムーズに応募できる点も便利です。

看護roo!の使い勝手は?みんなの口コミもチェック

40代薬剤師におすすめの転職サイト

40代薬剤師におすすめの転職サイトをご紹介します。

薬剤師向け転職サイト

  • 薬キャリエージェント
  • ファル・メイト

薬キャリエージェント

薬キャリエージェント

満足度★★★★★ 5
求人数 約2万6千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://agent.m3career.com/
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
プラン詳細を見る
特徴
薬剤師の年間登録者数ナンバーワン(19社中、2015年3月自社調べ)
自分の適正年収を診断できる
ハイキャリアを志す薬剤師にもおすすめ

薬キャリエージェントは、薬剤師専門の転職支援サービスです。

薬剤師の転職事情に詳しい専任のコンサルタントが、あなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

求人数が多く、非公開求人の取り扱いもあるので、薬剤師はぜひ活用してください。

医療業界に特化薬キャリの登録はこちら

ファル・メイト

ファル・メイト

満足度★★★★★ 5
求人数 約1万5千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.pharmate.jp/
運営会社 株式会社ファル・メイト
プラン詳細を見る
特徴
関東・関西エリアでは、最低時給2,800円を保証
薬剤師の派遣・求人に特化した人材会社が運営している
新卒から定年後のベテランまで、利用者の年齢層が幅広い

ファル・メイトは、最低時給2,800円を保証している薬剤師向けの求人サイトです。

派遣の求人を多く取り扱っている点が特徴で、正社員・アルバイトの求人もあります。

雇用形態にとらわれず、さまざまな求人を見てみたいという40代薬剤師におすすめです。

また、エキスパート薬剤師の制度がある点もファル・メイトの特徴。

40代薬剤師の豊富な経験を活かせます。

正社員以外の働き方でも、高時給を目指しやすいです。

単発派遣案件も充実!ファルメイトの登録はこちら

ファルメイトの評判の真相とは?口コミからわかるメリット・デメリットを徹底解説

40代保育士におすすめの転職サイト

保育士に特化した、40代向けの転職サイトをご紹介します。

保育士向け転職サイト

  • 保育士バンク
  • ほいくのえん
  • しんぷる保育

保育士バンク

保育士バンク

満足度★★★★★ 5
求人数 約1万6千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.hoikushibank.com/
運営会社 株式会社ネクストビート
プラン詳細を見る
特徴
累計40万人が利用してきた、保育士特化の転職エージェント
元保育士のアドバイザーも多数在籍
LINEとの提携に力を入れていて、AIチャットに24時間いつでも相談できる

保育士バンク!は、保育士・幼稚園教諭の転職に特化した転職エージェントです。

全国に11か所の拠点があり、累計40万人以上が利用してきました。

北海道から沖縄まで、幅広いエリアの保育士・幼稚園教諭の求人が見つかります。

在籍しているアドバイザーは保育業界に精通しているため、専門性の高いアドバイスを求める方にもおすすめです。

保育士バンクの評判ってどうなの?口コミみたメリット・デメリット

ほいくのえん

満足度★★★★★ 5
求人数 約100件
対応地域 関東首都圏
料金 無料
公式サイト https://www.hoikushibank.com/
運営会社 株式会社ミライフ
プラン詳細を見る
特徴
保育園で働く保育士・栄養士・看護師に特化した転職エージェント
未公開案件も多く、何度でも繰り返し相談できる
たった30秒でスピーディに登録可能

「ほいくのえん」は、「保育園の求人」という括りでお仕事紹介をおこなっている転職支援サービスです。

保育士はもちろん、栄養士や看護師の求人も探せます。

保育士の転職に役立つコラムも掲載しているので、一度チェックしてみてください。

シンプル保育

満足度★★★★★ 5
求人数 約1万2千件
対応地域 東京・埼玉・千葉・神奈川
料金 無料
公式サイト https://simples.co.jp/simple-hoiku/
運営会社 Simple株式会社
プラン詳細を見る
特徴
首都圏を中心とした、保育士特化型の転職エージェント
幼稚園教諭・栄養士・その他関連職の求人も取り扱っている
顧客満足度調査ナンバーワンを獲得(2019年12月、ゼネラルリサーチ調べ)

しんぷる保育は、気軽に利用できる保育士向け転職エージェントです。

一般的な転職エージェントでは、初回面談が30分~1時間ほど実施されます。

しかししんぷる保育では、初回面談が5~10分程度なので、忙しい方でも利用しやすいです。

さらに、LINEやSMSで連絡を取ることもできます。

首都圏の保育求人が多いので、首都圏でお仕事を探している保育士におすすめです。

しんぷる保育の口コミ・評判は悪い?利用するメリット・デメリットを徹底解説!

建設業界希望の40代におすすめの転職サイト

「座り仕事より、体を動かす仕事がいい」「仕事をしながら体を鍛えたい」「手に職をつけたい」という40代の方は、建設業界で転職することも検討してみるといいでしょう。

建設業界は人手不足なので、40代未経験で挑戦できる仕事も見つかります。

建設業界希望の40代におすすめの転職サイトは、次の通りです。

建設業界希望の40代におすすめの転職サイト

  • GATEN職
  • 建職バンク

GATEN職

ガテン職

満足度★★★★★ 5
求人数 約5000件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://gaten.info/
運営会社 株式会社アール・エム
プラン詳細を見る
特徴
ガテン系の求人が5,000件以上見つかる
検索機能が豊富で求人を見つけやすい
動画から求人を探せる

GATEN職は、いわゆるガテン系のお仕事探しに特化した転職サイトです。

建設業界・土木関係のお仕事を豊富に掲載しています。

大工・塗装工のような職人系のお仕事や、ドライバーのような体力を活かせるお仕事がたくさん見つかるので、ぜひチェックしてください。

自分にガテン系の仕事が合っているか分からないという人でも、日雇いやアルバイトの求人もあるので、気軽にチャレンジできます。

もちろん、未経験で応募できる正社員の求人も豊富です。

建職バンク

建職バンク

満足度★★★★★ 5
求人数 約7000件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kenshoku-bank.com/
運営会社 株式会社アーキベース
プラン詳細を見る
特徴
建設業界に特化した転職サイト
業界最大級の求人数
建設業に精通したプロが手厚くサポート

建職バンクはその名の通り、建設業界に特化した転職・求人サイトです。

資格が活かせる仕事から、40代未経験でチャレンジできる仕事まで、豊富に掲載しています。

建設業界でまったく経験がない方の登録も歓迎しているので、ぜひ活用してください。

40代におすすめな転職サイトとあわせて見たい口コミ・評判サイト

転職サイトで気になる企業を見つけたら、その企業の口コミ・評判も確認しておきたいところです。

募集要項には「残業が少ない」と書かれていたのに、社員の口コミを見ると「残業が多い」と書かれていた、というケースもあります。

また、自己分析に役立つサイトも要チェックです。

40代におすすめの転職役立ちサイト

  • OpenWork
  • ライトハウス
  • 転職会議
  • ミイダス

OpenWork

OpenWork

OpenWorkは、企業で働く社員たちからの口コミ・年収情報が、約1600万件も集まるサイトです。

気になる企業へ応募する前に、一度はチェックしておくことをおすすめします。

利用者が多い分、最近の書き込みも多く、応募先企業の雰囲気や内情をとらえたいときに役立ちます。

ライトハウス

ライトハウス

ライトハウスは、年間5000万ユーザーが利用している、会社口コミプラットフォームです。

日本最大級のクチコミ数を誇ります。

大手企業だけではなく、ベンチャー企業の口コミも集めやすいです。

OpenWorkと並んで、転職活動をするならぜひ見ておきたい口コミ評判サイトとして知られています。

転職会議

転職会議

転職会議も、気になる企業の現社員や元社員の口コミをチェックしたいときに役立つサイトです。

2024年1月時点で、口コミ登録企業数208,987社を誇ります。

企業によっては、面接で聞かれた内容に関する口コミもあるので、採用選考前に見ておきましょう。

ミイダス

ミイダス

「今の仕事は自分に合っていない気がする」「自分の市場価値がどれくらいなのか知りたい」と思っている40代には、ミイダスがおすすめです。

ミイダスとはわかりやすく言うと、自己分析・診断と仕事探しが同時にできるアプリ。

独自の「可能性診断」を受けると、自分のパーソナリティ、ストレス耐性、市場価値、相性の良い上司・部下の特徴などがわかります。

さらに診断結果に基づいて、仕事のスカウトが届くという仕組みです。

転職活動では自己分析が大切とは言っても、何から始めればいいのかわからないと悩む方は多いです。

そんなときはぜひ、ミイダスの可能性診断を役立ててください。

40代におすすめな転職サイトの選び方

転職サイトは数が多すぎて、どのような基準で40代向けの転職サイトを絞り込んだらいいか、迷ってしまう方も少なくありません。

そこで、40代におすすめな転職サイトの選び方を紹介します。

40代におすすめな転職サイトの選び方

  • 求人数が多い
  • 自分の職種や業界に特化している
  • ハイキャリア向けかどうか

求人数が多い

まずチェックすべきは、求人数の多さです。

お仕事をたくさん掲載している転職サイトなら、あなたにぴったりの職場を見つけられる可能性が高まります。

特に「doda」のような大手転職サイトは、新しい求人情報が豊富です。

全国の幅広い業界・職種の取り扱いがあるので、住んでいる地域や職種に関係なく、とりあえず登録しておくといいでしょう。

自分の職種や業界に特化している

すでに転職したい業界や職種がある程度決まっているなら、その業界・職種に特化した転職サイトもおすすめです。

たとえば看護師に特化した転職サイト、エンジニアに特化した転職サイト、保育士に特化した転職サイトなどがあります。

特化型の転職サイトでは、専門性の高い情報が得られます。

また、関係がない業界・職種の求人は除外されているので、効率的です。

大手転職サイトと併用するといいでしょう。

ただし職種や業界に特化した転職サイトは、経験者向けの求人が多い場合もあります。

今まで培ってきたスキルを活かして、経験職に転職したいと考えている40代の方にはぴったりですが、未経験から転職したい方は未経験者向けの求人もあるのか確認すべきです。

ハイキャリア向けかどうか

40代の転職では、ハイキャリア向けの転職サイトを活用することも検討しましょう。

ハイキャリア向けの転職サイトには、経験豊富な40代の専門職や、40代の管理職を求める求人が多くあります。

全体的に掲載求人の年収や、ポジションのレベルが高く、年収アップ・キャリアアップを希望している方にはぴったりです。

ただ、登録には審査が必要な場合もあります。

とはいえ自分のスキルを活かせる思わぬ好条件のお仕事が見つかる可能性もあるので、前向きに利用を検討してみてください。

40代でよくある転職理由

40代でよくある転職理由とは?

社会人としての経験が20年前後となるケースの多い40代でよくある転職理由は、大きくわけて以下5つが挙げられます。

  • 勤務先の業績が悪化した
  • 面倒臭い人間関係に耐えられなくなった
  • 子どもが大きくなり収入を上げる必要があった
  • 体力が衰え今の仕事を続けるのが困難になった
  • 人生や仕事に対する考え方が変わった
40代が仕事を辞めたいと感じたら、どう対処すべきなのか?

勤務先の業績が悪化した

40代でよくある一つ目の転職理由は、勤務先の業績の悪化です。

多くの企業では、昇級の幅や賞与の額が業績によって大幅に変動します。

40代で役員や部長などのポジションを担っている方にとっては、業績の悪化は自身の給与だけでなく、評価や責任における影響も少なくありません。

勤務先の業績の悪化により給与や労働状況の改善が困難になった結果、転職を決意する方は40代に多いのが特徴です。

面倒臭い人間関係に耐えられなくなった

40代でよくある二つ目の転職理由は、職場の人間関係です。

社内にどうしても馬が合わない上司がいたり、押しつけられる責任の大きさに耐えられなくなったなどの理由で、転職を決意する人は一定数います。

また、社内でのポジションが変わったことによる待遇の変化や、業務に対する責任の大きさに耐えられなくなり、40代で転職に踏み切る方も少なくありません。

子どもが大きくなり収入を上げる必要があった

40代でよくある三つ目の転職理由は、子どもにかかる費用のため収入を上げたいと考えるケースです。

子どもが成長して保育園に入園するタイミングや、高校や大学の学費を払うために収入を考える40代の男性は少なくありません。

中には子どもが大きくなるまでに業務経験を積んだうえで、タイミングを見計って転職して年収アップを狙う方もいることを押さえておきましょう。

労働条件への不満

40代の転職理由の筆頭が、「年収や待遇などの労働条件への不満」です。

40代ともなると勤続年数や実績などが評価され、役職に就いたり年収があがったりするのが一般的ですが、企業によっては思うようにキャリアアップが叶わない場合もあります。

少し前までは日本の会社は年功序列が一般的でした。

ところは現在では実力主義・成果主義を採用する企業も増え、勤続年数が長いだけではキャリアアップが難しくなってきているのです。

政府が発表した「令和2年転職者実態調査」では、40代の転職理由に最も多いものが「労働条件が良くなかったから(年収以外)」という結果が出ています。

出典:厚生労働省 令和2年転職者実態調査の概況 転職理由

労働条件への不満が仕事に大きな影響を与えていることがよくわかりますね。

体力が衰え今の仕事を続けるのが困難になった

40代でよくある五の衰えです。

20〜30代で行ってきた働き方が困難になり、今後の働きを見直すために転職を決意する方は一定数います。

また、現状は長時間にわたる残業や激務に抵抗がなくても、将来を考えたときに体力や健康面のリスクを踏まえて、無理なく働ける職場を選んで転職する方も多いのが特徴です。

人生や仕事に対する考え方が変わった

40代でよくある六観や仕事に対する価値観の変化です。

20年前後の社会人経験を通しての心境の変化や、新しい分野へのチャレンジなど、人生や仕事に対する価値観を元に、新しい仕事環境を求める方も決して少なくありません。

また、50代以降での独立や企業を狙う方や、早期リタイアを目指して収入をアップさせたい方など、40代は仕事に対する価値観が人によって分岐している世代でもあります。

経営方針や将来性に対する不安

40代は、長い社会人経験の中でビジネスに関する知識やノウハウが成熟してくる年代です。

時には会社の経営方針や理念、方向性などに疑問を持つこともあります。

特に、会社の内部事情や営業成績に触れ続ける管理職に就いている場合、会社の将来性に大きな不安を抱きやすいです。

たびたび触れている厚生労働省の調査では、会社の将来性に不安を感じて転職した40代は「労働条件への不満」から退職した人に次いで2番目に多い結果となっています。

出典:厚生労働省 令和2年転職者実態調査の概況 転職理由

入社したての頃であれば、仕事を覚えることや社会人生活への期待と不安などから、会社の将来性についてじっくり考えない場合も多いです。

一方40代の場合、長く会社に勤めてきたからこそ会社の弱みや改善点などが見えやすいです。

終身雇用制度が崩壊しつつある現在では、不安の残る会社に見切りをつけて転職するケースも目立ちます。

40代の転職は厳しいと言われる理由

40代の転職市場では、20〜30代と違って、今まで経験してきた仕事の実績やスキルが重要視されます。

管理職の求人や、スキル・経験を求める求人が多いです。

そのような状況の中で、40代の転職は厳しいと言われる理由を見ていきましょう。

40代の転職は厳しいと言われる理由

  • 求人の数が少ない
  • ハイクラス向けの求人が多い
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 人材の流動性が低い

40代の転職を成功させたい方は、企業探しにおける事前知識として取り入れておきましょう。

40代の仕事探し!40代からできる仕事はある?

求人の数は20〜30代と比べてかなり少ない

40代の転職市場における一つ目の特徴は、求人の数が20〜30代と比べてかなり少ないことです。

ベンチャーや中小企業の多くは、経験を問わず20〜30代を中心にポテンシャル重視の採用を行っており、長期間にわたるキャリア形成が目的となっています。

しかし40代の場合、キャリアを新規形成するには遅い年齢となっているため、未経験向けやポテンシャル重視の求人はほぼなくなり、求人の絶対数は大きく減ってしまうのです。

ハイクラス向けの求人が多い

40代の転職市場では、他の年代と比べてハイクラス向けの求人が多く、重点ポジションへの転職や年収アップを狙いやすいです。

40代向けの求人の多くは、若手人材の育成や企業の経営の一部を担当するハイクラス向けとなっています。

未経験者向けの求人は少ない

40代未経験者を採用対象としている求人は少ないです。

企業は「未経験者のポテンシャル採用をするなら、これから何十年も長く働き続けてくれる20代や30代を選びたい」と考えます。

40代が未経験の仕事にチャレンジしたいと思っても、業界や職種の選択肢は限られてしまいます。

人材の流動性が低い

40代正社員は、人材の流動性が低いという特徴もあります。

令和4年1年間の転職入職率(常用労働者数に対する転職入職者数の割合)を見てみると、40代の結果は次の通りです。

性別 40~44歳の
転職入職率
45~49歳の
転職入職率
男性 5.7% 5.4%
女性 9.6% 10.0%
女性(一般のみ) 7.9% 7.7%
女性(パートのみ) 12.4% 13.4%

参考:厚生労働省『令和4年雇用動向調査結果の概況』年齢階級別転職入職率

これは他の年代より低いです。

転職入職率は若手ほど高く、年齢が上がるにつれて下がる傾向があります。

企業が40代の転職者に求めるもの3選

企業が40代の転職者に求めるもの3選

具体的に企業は40代の転職者に対し、どのような要素を求めているのでしょうか?

ここでは特に求められることが多いものを3つ挙げて解説します。

企業が40代の転職者に求めるもの3選

  1. キャリア・実績
  2. スキル
  3. 謙虚な姿勢

順番に見ていきましょう。

40代の転職は資格がないと不利か?資格がなくても転職しやすいのは?

①キャリア・実績

40代の転職で多く求められるのが、それまで積み上げてきたキャリアや実績です。

20代や新卒者などの採用においては、やる気やモチベーション、伸びしろなどに期待する「ポテンシャル採用」を実施する例があります。

若年層は即戦力になれるだけの社会人経験をまだ積んでいないことから、将来性に重きを置くのです。

一方40代の場合は、これまで長い社会人経験を積んでいることを前提に話が進みます。

今まで培ってきたキャリアや具体的な実績を提示できない場合、転職先の候補が非常に狭まりかねません。

年齢を重ねた人が転職する際には、それまでの実績やキャリアを活かしやすい職場を探しましょう。

②スキル

即戦力となれるだけのスキルも、40代の転職に欠かせません。

20代や30代前半といった若年層の新入社員に対しては、充実した研修を施すために多大なコストを投じます。

年齢を考えると未だスキルが成熟していないことが多い反面、将来性に大きな期待ができることから、コストをかけるだけの意味があるとみなされるからです。

「新入社員に対する投資」とも言えますね。

一方40代に対しては、充実した研修を施すだけのコストはかけられません。

年齢的に考えて、すでに充実したスキルやビジネスノウハウが備わっていることが前提とされるからです。

そのため、関連するスキルがない40代の採用は非常に狭き門となります。

完全未経験のお仕事に挑戦するのは、非常にリスキーです。

自分が持っているスキルを十分に発揮できる職場を軸に、求人探しを進めましょう。

③謙虚な姿勢

忘れてはならないのが、謙虚な姿勢です。

たとえスキルや実績が豊かな40代であっても、横柄な態度を取る人は採用されません。

会社は全従業員が一丸となって成長させてゆくものであるため、職場の和やチームワークを乱す危険のある人は、敬遠されるからです。

面接の場では、築き上げた実績を積極的にアピールする姿勢が不可欠ですが、尊大な態度で臨むのはやめましょう。

40代が転職活動を始める前の注意点

40代が転職活動を始める前の注意点について解説します。

注意点

  • パートナーに相談しておく
  • 人生最後の転職になる可能性を考える

パートナーに相談しておく

転職活動を始める前に、パートナーに相談しておきましょう。

転職活動は、時間と労力がかかります。

また、転職が決まれば、年収や生活環境が変わることになります。

そのため、パートナーの理解と協力が不可欠です。

せっかく内定がもらえたのに、パートナーから反対されてしまい転職できなかったら、時間も労力も無駄になってしまいます。

パートナーから意見やアドバイスをもらうことで、転職活動をより効果的に進められる場合もあります。

人生最後の転職になる可能性を考える

40代での転職は、人生最後の転職になる可能性があります。

また40代のうちに複数回転職する人や、50代になってから転職する人もいますが、ずっとその職場で働き続ける可能性を考慮した選択が重要です。

年齢が上がるにつれて内定獲得のチャンスが大きい求人数は減っていくため、将来50代でまた転職活動をするとなると、今よりもさらに厳しい状況に置かれる可能性があります。

後悔しないように職場を選びましょう。

40代の転職活動を成功させるためのポイント

40代の転職活動を成功させるためのポイント

40代の転職活動を成功させるためのポイントは、大きく分けて以下の通りです。

  • 企業のリサーチを念入りに行う
  • 今までのキャリアを簡潔に説明できるようにする
  • 理想のキャリア像に向けてのロードマップを作る
  • エージェントや企業の採用担当者へのレスポンスを早くする
  • 働き方や企業文化的に馴染める環境かしっかり見極める
  • 転職活動は在職中に進める
  • 転職の理由を見つめ直す
  • 前職の経歴を活かせるお仕事を探す
  • 早めの行動を心がける
  • 企業のニーズを把握する

それぞれのポイントを詳しく解説しますので、今の自分の考え方に足りない視点や重要視すべき事項はないか分析してみましょう。

40代の男性が転職を成功させるポイントは?未経験でも失敗しないコツ

企業のリサーチを念入りに行う

40代の転職活動を成功させるための一つ目のポイントは、企業のリサーチを念入りに行うことです。

たとえ同じ企業であっても、募集しているポジションや求められるスキルは他の年代層と比べて大きく変わってきます。

転職先企業との思わぬミスマッチを防ぐためにも、転職活動を行う際は企業規模や業務内容だけでなく40代の人材に求められる人材について徹底的にリサーチしましょう。

今までのキャリアを簡潔に説明できるようにする

40代の転職活動を成功させるための二つ目のポイントは、今までのキャリアを簡潔に説明できるよう準備することです。

今まで経験してきた業務において得た強みを言語化し、企業の採用担当者に簡潔にわかりやすく伝えられるよう準備しておきましょう。

転職回数が多い場合、それぞれの企業で経験したことや実績を目に見える形でまとめるのも良い選択肢となります。

理想のキャリア像に向けてのロードマップを作る

40代の転職活動を成功させるための三つ目のポイントは、理想のキャリア像に向けてのロードマップを作ることです。

定年退職まで20年を切った状態の中、残りのキャリアを描いて明確にすると、理想に近い企業を探しやすくなります。

20代からの積み重ねと一貫性のあるキャリアビジョンを描き、採用担当者に人物像や目標などが伝わるようにしましょう。

エージェントや企業の採用担当者へのレスポンスを早くする

40代の転職活動を成功させるための四つ目のポイントは、エージェントや企業の採用担当者へのレスポンスを早くすることです。

企業の採用担当者やエージェントは日々多くの人間を相手にしているので、連絡が遅いと対応の優先順位を下げられかねません。

メールの文化に慣れてしまっている方も、転職サービスのアプリにおけるメッセージを定期的にチェックする習慣をつけ、連絡漏れが発生しないよう努めましょう。

働き方や文化的に馴染める環境かしっかり見極める

40代の転職活動を成功させるための五つ目のポイントは、働き方や文化的に馴染める環境かしっかり見極めることです。

40代における求職者によくあるケースとして、業界や企業規模に対する固定観念の強さが挙げられます。

仕事内容に対してこだわりが強すぎると柔軟性がないと判断される場合も多いので、今までの仕事の常識に囚われすぎず転職先を探すようにしてくださいね。

転職活動は在職中に進める

「転職活動に集中したい」という理由で退職してから転職活動を始める人がいますが、この方法は非常に危険です。

退職してからの転職活動は非常にリスキーで、理想の転職が大きく遠のいてしまいます。

転職活動は当初の予定より長引く場合も多いため、もし退職してから転職活動をすすめると空白期間が想像以上に大きくなるケースもあるのです。

また、収入がないことへの焦りから必要以上に妥協し、理想とは程遠い職場に転職する恐れもあります。

特に40代の人が安易に職を手放すのは危険が大きすぎます。

応募先の企業やエージェントから計画性のなさを疑われるばかりでなく、家族からも大きな不信感を抱かれかねません。

退職は内定を獲得してからでも十分間に合います。

安易な気持ちから退職のタイミングを間違えないよう、十分気を付けましょう。

転職の理由を見つめ直す

転職先の条件や理想の職場を考える前に、「40代になってなぜ転職を決意したのか」という根本的な要素を考え直しましょう。

40代は会社での地位も確立し、年収や待遇も入社時と比べて大きく変わっているはずです。

そうした地位を捨ててまで転職を決意したからには、相応の理由があることでしょう。

企業も年齢を重ねた人の転職理由は非常に気になる部分です。

40代は今後のキャリアを左右する重要な年代でもあります。

そうした時期に、安直な理由で転職を考える40代を採用したい企業はありません。

40代の人が自己分析をする上で、年代的に見ても転職理由は非常に大きな要素です。

じっくりと時間をかけて見つめ直してください。

こちらの記事では、転職を考える40代の人が押さえるべき内容を詳しく解説しています。

じっくり目を通してください。

40代が仕事を辞めたいと感じたら、どう対処すべきなのか?

前職の経歴を活かせるお仕事を探す

40代という年齢を考えると、前職と関連性の薄いお仕事に挑むのは考えものです。

先ほども解説した通り、年齢を重ねた人材の採用には企業は及び腰になりがちです。
未経験のお仕事ともなるとその傾向はより顕著で、内定獲得はおろか応募さえも難しい場合があります。

40代の人材に対しては、企業は即戦力としての活躍を期待しているのです。

また、たとえ未経験のお仕事に就けたとしてもキャリアアップまでに長い時間がかかり、昇進がかなっても定年まであまり時間が残りません。

40代の人が転職する場合、採用確率の向上やキャリアアップの観点から前職となるべく関連性・親和性の高い職場をメインに据えての求人探しがおススメです。

どうしても挑戦したい未経験のお仕事がある場合、転職後のプランを良く練りましょう。

また、家族からの同意を得るのも忘れずに。

早めの行動を心がける

40代の人が転職をする上では、スピード感をもった行動が欠かせません。

転職活動に焦りは禁物ですが、あまりのんきに構えていると転職の好機を逃す危険があります。

政府が発表した「令和2年転職者実態調査の概況」では、40代の転職者のほとんどが離職から一か月以内、あるいは離職期間をつくらずに転職をしています。

裏を返せば、年齢的に見てもそれだけ早く転職をする必要があるということです。

参考:令和2年転職者実態調査の概況

多くの場合、転職活動は年齢を重ねるごとに難易度が高くなります。

必要以上に慎重になりすぎると転職の選択肢がせばまる事態にもつながるので、一度転職を決心したら早めの行動を意識してください。

また、転職活動は必ず在職中におこないましょう。

40代という年齢はすでに家庭を持ち、家族を養う立場になっていることが多いです。

子供の大学進学やマイホームのローン返済など、さまざまな場面でお金が必要になります。

もし退職をしてから転職活動をに着手すると、家族からの信頼を大きく失いかねません!

企業のニーズを把握する

応募に際しては、企業が求めている人物像の把握が不可欠です。

特に40代の転職者に対しては、先ほど解説したように豊かなキャリアや確かな実績が求められます。

キャリアに自信がない人の場合は、応募要件を満たせない場合すらあるのです。

また、「未経験者歓迎」の言葉にも注意しましょう。

多くの場合、「未経験者歓迎」とはあくまでも実務経験が無いことを指します。

言い換えれば、「業務に関連する知見や資格はあるものの、実際には求人と同様の仕事をしたことがない」という意味です。

もし実務経験に加えてスキルや知識がない場合は不採用になる可能性が高いので、十分気をつけてください。

40代が転職する上でのNG行為4選

40代が転職する上でのNG行為4選

転職をする際には、老若男女問わず絶対にしてはいけないNG行為があります。

転職活動の最中はもちろん、転職を叶えた後も同様です。

特に40代の転職シーンでは、若年層とは違った点にも注意を払わなければなりません。

ここでは、40代の転職者が絶対にしてはいけないNG行為を4つ解説します。

一つでも該当すると、転職活動や新しい職場での活躍に大きな支障が生まれるので気を付けてください。

40代が転職する上でのNG行為4選横柄な態度をとる
過去の実績を鼻にかける
好待遇を求めすぎる
虚偽のキャリアを申告する

それぞれ注意深く見ていきましょう!

40代で転職は失敗できない!失敗しないためにはどうする?

①横柄な態度をとる

40代は、社会人経験も人生経験も充実する年齢です。

しかし、それらを良いことに横柄な態度をとるのはやめましょう。

転職先の社員が年下ばかりの場合、これまでの経験を得意げに語ったり説教臭くなったりする人もなかにはいますが、こうした人に対する周りの視線は非常に冷ややかです。

また、転職エージェントを利用する際も気を付けてください。

担当のエージェントが年下の場合でも、転職に関するノウハウはエージェントの方が豊富です。

知ったかぶりや上から目線をする利用者に対して、熱心にサポートしたいエージェントはいません。

無意識に尊大な態度を取っていないか、意識して自分を見つめ直しましょう。

②過去の実績を鼻にかける

社会人経験の長い40代の人のなかには、これまでのキャリアや実績に自信がある人も多いことでしょう。

築き上げた実績を誇りに思うのはとても良い事ですが、鬼の首を取ったように振舞うのは絶対にNGです!

たとえ無事に転職が叶ったとしても、転職先の企業では新入社員です。

新しく入った社員がこれまでの自慢話ばかりしていたらどうでしょう?

多くの社員から疎まれてしまいますよね。

築き上げた実績は自慢するためのものではなく、新たな職場で活かすためのものです。

人間である以上、時には周囲に自慢したくなる時もあるかもしれませんが、そこは逆にグッとこらえて大人の余裕を見せつけてやりましょう!

③好待遇を求めすぎない

40代が転職を決意する理由の上位に君臨するのが、「待遇や労働条件への不満」です。

改善が見込める職場を探すのは重要ですが、好待遇をもとめるほど理想の求人を集めにくくなります。

若年層の転職シーンでも、待遇を求めすぎると失敗しやすいです。

いわゆる「ポテンシャル採用」が通用しない40代ともなるとなおさらで、理想に100%合致するお仕事はより見つかりにくくなります。

転職先に望む条件を効果的に設定するために、まずは希望の条件を思いつくまま書き出してみましょう。

ある程度出そろった時点で、絶対に譲れない条件と妥協可能な条件を振り分けます。

このような作業を繰り返し、転職先に本当に望む条件をあぶりだしてゆくのです。

転職活動で重要なのは、理想と現実の折り合いをうまくつけながら妥協点を模索する点です。

理想と完ぺきに一致するお仕事はそもそも見つからないものと割り切って、適度な条件設定を意識してください。

④虚偽のキャリアを申告する

何度か触れている通り、転職活動は年齢を重ねるほどに難しくなるのが一般的です。

そのため、40代という年齢での転職に大きな不安を抱くのはごく自然な事と言えます。

だからといって、転職サイトや転職エージェントの登録時に虚偽のキャリアを申告するのは絶対にやめてください!

転職エージェントが求人紹介で重視するのは、利用者の希望だけではありません。

利用者がこれまで培ってきたキャリアや実績、強みなどを考慮したうえで最適な求人を紹介するのです。

したがって、ありもしない架空のキャリアを申請すると、応募に際して「管理職経験のある人」「実務経験〇年以上」といったハイレベルな条件が設定されている求人ばかりを紹介される破目になりかねません。

加えて、スカウトサービスを利用する際にも問題があります。

企業やヘッドハンターはサイトに登録された情報をもとにオファーを送ります。

もし虚偽の経歴でオファーを受け内定を獲得すると、万が一虚偽が発覚した場合に経歴詐称で訴えられる事態も十分に考えられるのです。

虚偽のキャリア申請は、メリットどころかデメリットしかありません。

経歴に自信がない場合でも、正直に伝えましょう。

40代が転職のためにスキルアップする方法

転職活動では、これまで培ってきたスキルが問われます。

スキルが不足していると、なかなか転職先が決まらないこともあるので、日頃からスキルアップを心がけることが大切です。

40代の転職活動で役立つスキルアップの方法を紹介します。

資格を取る

まず考えられるスキルアップの手段は、資格を取ることです。

資格があると、その分野での知識や技術力を客観的に証明できるほか、有資格者にしか任せられない業務も担当できるので、転職活動で有利に働きます。

また将来的に独立を目指せる職種では、資格の有無が仕事の獲得しやすさに関係してくるため、自分のためにも積極的に取得を目指しましょう。

ただし、自分が希望する転職先と関係がない趣味の資格を取っても、転職活動では評価されにくいです。

その業界で多く求められている資格、キャリアアップに直結する資格を取るようにしましょう。

副業を始める

本業の傍ら副業を始めて、スキルアップを目指す方法もあります。

たとえばエンジニアや動画編集者などは、クラウドソーシングで単発や継続の案件を受注できる職種です。

自分の市場価値を試す意味でも、チャレンジを検討してみてください。

また、お小遣い稼ぎにもなります。

ただし副業禁止の会社もあるので、注意が必要です。

対人スキルを磨く

日頃から仕事やプライベートで、対人スキルの向上を目指しましょう。

対人スキルとは、柔軟性や対応力、傾聴力などです。

対人スキルが高いと、面接でハキハキとした受け答えができるほか、対人スキルを活かした成功体験やエピソードなどを面接で話せます。

自分には特別な仕事のスキルがないと思っている人も、対人スキルを小さな心がけで磨き、転職活動でのアピールポイントにしていきましょう。

40代が転職サイトで未経験の仕事に就く難易度

40代未経験者向けの求人は少ないとご紹介してきました。

とはいえ、「40代だと未経験の仕事に転職するのは不可能」というわけではありません。

しかし、40代未経験で転職を成功させる難易度は、確かに高いです。

40代で未経験の仕事に転職する難易度について、詳しく見ていきましょう。

多くの業界・職種では厳しい

まず、多くの業界・職種では、厳しい現実が待っています。

年齢不問の求人だとしても、40代で未経験の仕事に挑戦する場合、他の若手や経験者といった応募者に比べて不利な立場に立たされる可能性が高いです。

多くの企業は成長のポテンシャルが大きい若手や、即戦力となる経験豊富な人材を好む傾向があります。

そのため、なかなか書類選考に通過しない、面接で落とされてしまうといった厳しい転職活動になることも覚悟しておきましょう。

人手不足の業界なら40代未経験でも転職可能

しかしどの業界でも同じ状況というわけではありません。

介護や建設、ドライバーなど、人手不足が続いている業界では、未経験の40代でも歓迎される傾向があります。

40代未経験で新しい仕事を始めたい方は、このような人手不足の業界にも目を向けると、可能性が広がるかもしれません。

同業界・同職種の転職がおすすめ

40代での転職では、基本的にこれまでの経験や知識を活かせる職種や業界を選ぶことが賢明です。

既存のスキルと経験を直接活かせる求人のほうが、内定獲得の可能性が高まります。

これまでの職歴を基に、類似する職種や関連する業界への転職を検討するのも、一つの方法です。

新たな自分の可能性を見出せる場合があります。

40代が未経験の仕事に転職するコツ

「40代で未経験の仕事に転職する難易度が高いとしても、まったくやったことがない仕事にチャレンジしたい!」「転職で活かせるスキルがないから、未経験から仕事を始めたい」と思っている40代の方も多いでしょう。

ここでは、40代が未経験の仕事に転職するコツを紹介します。

学習意欲や素直な人柄をアピール

40代で未経験の職種に転職を考える場合、学習意欲をアピールすることが重要です。

新しい技術や知識を身につける意欲を示すと、企業の興味を引ける場合があります。

また、自分より若い従業員から仕事を教わる場面も想定されるため、素直な人柄だと面接官に思ってもらうことも重要です。

なぜ40代未経験で挑戦しようと思ったのか考えておく

「今まで別の仕事をしてきたのに、なぜ40代で未経験の仕事に応募しようと思ったのか」

「経験を活かせる仕事ではなく、この会社に応募したのはなぜか」

40代未経験で転職活動をしていると、面接でこのような質問をされることがあります。

説得力のある回答ができるよう、練習しておきましょう。

40代が未経験の仕事に転職するときの注意点

40代が未経験の仕事に転職する場合、覚悟しておくべきポイントもあります。

転職してから後悔しないように、確認しておきましょう。

年収ダウンを覚悟しておく

40代で未経験の仕事に転職するなら、現在の年収よりも転職後の年収が下がる可能性を覚悟すべきです。

なぜ年収ダウンが起こり得るのかというと、やはり未経験の分野では、企業が求める即戦力としての価値が低くなるためです。

また、未経験者は研修や教育が必要であり、企業側にとって負担が大きいという面もあります。

そのため、一般的に未経験者の給料は低めです。

年収が下がっても今の生活水準を保てるのか、考えておきましょう。

特に家族がいる場合は、しっかり相談してから決めるべきです。

周囲の理解を得る努力が必要

40代で未経験の仕事に転職したいと思っても、家族や恋人といった身近な人から反対されてしまうことがあります。

特に年収ダウンや生活環境の変化が予想される場合、反対にあう場合も珍しくありません。

周囲の理解を得られるよう、努力することも大切です。

資格の取得で高収入が狙える仕事への転職を検討する、今の仕事はどうしても肉体的・精神的に辛くて転職せざるをえないと説明するなど工夫して、理解が得られるように心がけましょう。

新人として働く覚悟を持つ

今まで後輩の指導をおこなっていた40代や、役職がついていた40代の方もいるでしょう。

未経験の仕事に転職する場合、今度は新人として働く覚悟が必要です。

これまで培ってきたスキルや経験は、ほとんど活かすことができません。

そのため、謙虚に学ぶ姿勢を持ち、新しいことにチャレンジする意欲が必要です。

40代未経験者におすすめの職種

40代未経験者におすすめの職種は、以下の通りです。

40代未経験者におすすめの職種

  • 介護職
  • 営業職
  • ドライバー
  • 販売員
  • 事務

介護職

少子高齢化が進む日本では、介護職の需要は高いです。

人手不足が続いているため、未経験でも採用される求人が多くあります。

また、介護職は社会貢献度が高く、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

人のサポートが好きな方におすすめの職種です。

営業職

営業職は、未経験でもチャレンジできる職種の一つです。

営業職では、対人スキルやコミュニケーション能力、交渉能力が求められます。

これらの能力は、40代であればこれまでの経験で培われていることが多いでしょう。

ドライバー

ドライバーは、未経験でも採用される求人が多く、安定した収入を得やすい職種です。

また、運転が好きな人や、体を動かす仕事が好きな人におすすめできます。

大型免許がなくても、普通免許だけでチャレンジできる求人は多いです。

男性が多い職種ですが、最近は女性のドライバーを積極的に採用しようという動きも見られます。

販売員

販売員は、未経験者を歓迎している求人が多いです。

店舗での接客、商品管理などが主な業務となります。

コミュニケーション能力や接客スキルが求められますが、40代は今までの人生経験の中で人と接するスキルがすでに培われていることが多いため、面接や書類でアピールしやすいと考えられます。

事務

事務も未経験から始められる職種です。

オフィスでの事務をイメージする人が多いですが、クリニックや薬局で受付をする「医療事務」の求人も多く見られます。

高い収入は望めないものの、プライベートとのバランスを重視したい人にはおすすめの職種です。

また、女性に人気の職種でもあります。

40代が転職サイト・転職エージェントを使うメリット4選

40代が転職サイト・転職エージェントを使うメリット4選

40代が転職サイトや転職エージェントを利用する上では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

「なんとなく転職が有利になる気がするけど、詳しいメリットはよくわからない…。」という人もなかにはいることでしょう。

ここでは、40代が転職サイトや転職エージェントを活用するメリットを紹介します。

以下に特に注目したいメリットを4つ挙げました。

40代が転職サイト・転職エージェントを使うメリット4選

  • 時間と体力を節約できる
  • プロのバックアップを受けられる
  • 自分の市場価値を理解できる
  • 非公開求人や独占求人に応募できる

それぞれの利点をしっかり押さえてください。

順番にみていきましょう。

①時間と体力を節約できる

後ほど詳しく解説するように、転職活動は在職中に進めるのが基本中の基本です。

とはいえ、仕事をこなしつつ空き時間に転職活動を進めるのは非常に困難と言えます。

多くの転職サイトが提供している「スカウトサービス」を活用すれば、時間の有効活用に非常に効果的です。

WEB履歴書やWEB職務経歴書さえ作成してしまえば、あとは企業やヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、手間がかかりません。

また、オファーをくれた企業をしっかりとチェックすることで、自分の市場価値の把握にも役立ちます。

転職エージェントを利用した場合も、時間・体力を大きく節約できます。

転職活動を経験した人のなかには、求人探しに特に時間がかかったという人もいることでしょう。

40代ともなると、部下の監督やプロジェクトの管理などこなすべき業務が膨大になりがちで、求人検索に十分な時間を割けられないケースも多いです。

転職エージェントを利用すれば、自分が仕事に励んでいる最中にもプロのエージェントが求人探しを進めてくれます。

時間の有効活用や体力の節約の為に、転職サイトや転職エージェントの活用は必須なのです。

②プロのバックアップを受けられる

転職エージェントを活用すれば、エージェントの強力なバックアップが受けられる点も見逃せません。

転職エージェントは、転職におけるプロフェッショナルです。

求人紹介はもちろん、スキル・強みの再確認や面接対策など内定獲得までの一連の作業を丁寧にサポートしてくれるので、転職活動に不安がある人にとって非常に頼れるパートナーになってくれます。

特に面接対策や応募書類の作成などは、独力のみでの完結が困難な作業です。

転職活動のノウハウを知り尽くしたエージェントと力を合わせれば、こうした作業も安心ですよね。

転職が初めての人にはもちろん、転職を経験している人にとっても転職エージェントは頼れる味方なのです。

「特化型」の転職エージェントであれば、業界の動向や業務内容などについても充実した内容を提供してくれますよ!

③自分の市場価値を理解できる

いくら自分の経歴やスキルに自信があっても、転職市場でどれ程活きるかを把握しなければ意味がありません。

転職サイトや転職エージェントを活用は、自分の市場価値の理解に大きく助けてくれます。

自分自身について理解を深めるいわゆる「自己分析」は、主観的な面からのみ考察しても役立つ結果を得られにくいです。

プロの目から見てどのような職場が適しているかを客観的に判断してもらえば、自分でも気づかなかった強みが見つかるケースもあります。

また、自分にはどのような職場や業務が向いているのか、新たな気付きを得られることも。

結果的にミスマッチの少ない転職や、キャリアアップが狙える転職に役立つのです。

スカウトサービスを活用する場合でも同様に、寄せられたオファーから自分の市場価値を分析できます。

業務内容や企業の特色などの傾向を読み取れば、自分がどのような企業から必要とされているのか考察できるのです。

的外れな転職活動にならないためにも、自分の市場価値の理解は欠かせません。

④非公開求人や独占求人に応募できる

「非公開求人」や「独占求人」という言葉をきいたことがある人も多いことでしょう。

「非公開求人」とは、様々な理由から一般には公開されていない求人のことで求人が掲載されている転職エージェント・転職サイトからのみ閲覧・応募が可能です。

企業がわざわざ求人を非公開にする背景には、主に以下の理由があります。

企業が求人を非公開にする理由

  • 重要なプロジェクトに関わる求人のため、競合他社に自社の採用活動を知られたくない。
  • 採用活動が自社の社員に発覚すると、余計な不安感を抱かせてしまうため。
  • 早期の人員確保を狙い、募集人数を絞って採用にかける時間を節約するため。

いずれにせよ転職を考える40代にとってはねらい目であることがわかりますね。

一方「独占求人」とは、特定の転職サイト・転職エージェントのみが保有している非常にレアな求人のことです。

非公開求人よりもさらに質が高いものも多いので、要チェックです。

どちらの求人も独力のみでの転職活動では決して応募できないので、転職支援サービスを活用する際には必ず確認しましょう!

40代に強い転職エージェント・転職サイトの活用法

40代に強い転職エージェント・転職サイトの活用法5選

せっかく40代に強い転職エージェントや転職サイトに登録しても、十分に活用できなければもったいないですよね。

ここでは転職支援サービスのメリットを十分に引き出すための活用法を解説します。

それぞれしっかり押さえて、活用に役立ててください。

40代に強い転職エージェント・転職サイトの活用法

  • すぐにでも転職したい姿勢をアピールする
  • 担当者の質が悪いときは替えてもらう
  • エージェントと密に連絡を取り合う
  • 事前にキャリアやスキルの棚卸しをしておく

こちらの記事では、転職エージェントの活用術をより詳細に解説しています。

あわせて確認しましょう!

転職の成功率を倍にする転職エージェント活用術

すぐにでも転職したい姿勢をアピールする

転職エージェントを利用する場合、担当のエージェントに転職への前向きな態度を意識的にアピールしましょう。

エージェントは1人でも多くの内定獲得を狙っているので、転職の意欲が低いとみなした利用者の対応を後回しにする場合があるからです。

エージェントからの優先度をあげてもらうためにも、「すぐにでも転職したい」と伝えてください。

転職エージェントへの登録や面談の際には、転職希望時期についての確認がなされます。

その際「具体的には決めていない」、「あまり急いでいない」と答えると、優良求人を早期転職を検討している人に優先的に紹介されがちなのです。

「良い求人さえあればすぐに転職したい」と答えれば、エージェントも優先的にサポートしてくれますよ。

担当者の質が悪いときは替えてもらう

エージェントと相性が合わなかったり、望むようなサポートを受けられない場合には交代の申請が可能なので覚えておきましょう。

転職エージェントは、転職や内定獲得に精通した転職のプロフェッショナルです。

自分一人では心細い転職活動も、エージェントのサポートがあれば乗り越えられる場面も少なくありません。

一方で、どんなに豊富な成功実績を誇るエージェントも、利用者と同じ人間です。

人間同士のやり取りである以上、利用者との相性が合わない場合もあります。

また、業務ノルマ達成のために理想とは程遠い求人を薦めるエージェントもなかにはいるのです。

このような場合、充実したサポートはもちろん満足度の高い転職は困難になります。

せっかく転職エージェントに登録しても、サポート体制に不備があっては逆効果ですよね。

エージェントに直接交代をお願いすることもできますが、公式ページのお問い合わせフォームからの申請が角が立たずおススメです。

エージェントと密に連絡を取り合う

転職活動の状況を共有するためにも、エージェントとの密な連絡を意識しましょう。

他の転職支援サービスの利用状況、求人集めの進展などを共有しあうことで、エージェントとの転職活動により一体感が生まれます。

担当のエージェントは、転職成功に向けた大切な相棒です。

利用者との間に温度差や情報の共有漏れがあると、思うように足並みがそろいません。

二人三脚で内定獲得を目指す以上、チームワークを良好に保つ必要があるのです。

そのためにも、エージェントとは緊密な連絡を心がけてください。

最低でも1週間に1回は連絡を取り合うことをおススメします。

事前にキャリアやスキルの棚卸しをしておく

転職サイトや転職エージェントに登録する前に、あらかじめ自身のキャリアやスキルを洗い直しておきましょう。

自分についての理解を深めることで、求人探しやエージェントとの面談がよりスムーズに進みます。

スカウトサービスを利用する場合には特に重要です。

企業やヘッドハンターは利用者のレジュメを見てオファーを送るかどうか検討します。

当然レジュメが充実しているほどオファーはもらいやすいです。

キャリアやスキルに見落しがあると、本来であればもらえたはずのオファーを取り逃がしてしまう可能性もあります。

経歴や強みの洗い出しは、転職エージェントを利用する際にも重要です。

エージェントが利用者に求人を紹介する際には、利用者の希望だけでなく強みや経歴も考慮します。

キャリアについて十分見直しができていない場合、エージェントもどのような企業が適切かを判断しづらいのです。

エージェントに自分自身をより理解してもらうためにも、自己分析を入念におこなってください。

転職サイト・転職エージェントの違い

転職サイト・転職エージェントの違いがよくわからない、という方もいるでしょう。

それぞれの違いは次の通りです。

なお、どちらも無料で利用できます。

転職サイトとは

転職サイトは、企業が求人を掲載し、求職者が直接応募する仕組みです。

転職サイトを利用した転職活動では、求職者が主体的に活動する必要があります。

しかし、いつでも自分のタイミングで求人を検索できる点や、比較検討できる求人数の多さはメリットです。

転職エージェントとは

一方転職エージェントは、企業から求人を預かり、求職者に紹介する仕組みです。

まずキャリアアドバイザーとの個別相談で、希望する業種や職種を伝えます。

するとキャリアアドバイザーが、あなたに合った仕事を紹介してくれるという流れです。

さらに履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、キャリアプランに関するアドバイスなどを提供してくれます。

面接日程の調整、労働条件の交渉も代行してくれるなど、フォローが手厚いです。

求人の中には、転職エージェント経由でしか応募できない「非公開求人」もあります。

ただしキャリアアドバイザーがフォローしてくれる期間が「3ヶ月」のように限定されている場合もあります。

40代には転職サイト・転職エージェントのどっちがおすすめ?

40代は転職サイト・転職エージェントのどちらを利用すべきなのでしょうか。

たくさん求人を見たいなら転職サイト

自分で広範囲の求人を探りたい40代は、転職サイトを活用すると良いでしょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーはおすすめの求人情報を送ってくれますが、その求人情報の数には限りがあります。

自分で探したほうが選択肢が広がる可能性も考慮すべきです。

キャリアに合ったアドバイスなら転職エージェント

経歴に合わせたアドバイスを受けたい人には、転職エージェントがおすすめです。

40代の転職では、今までの経験やスキルが大きなポイントになります。

自分のキャリアやスキルに合ったアドバイスやサポートを受けられるため、効率的で成功率の高い転職活動が可能です。

40代向け転職サイト・転職エージェントは両方活用がおすすめ

転職サイトがおすすめな40代の特徴・転職エージェントがおすすめな40代の特徴を紹介してきましたが、どちらか片方に絞る必要はありません。

転職サイト・転職エージェントは両方活用することが推奨されています。

両方の欠点を補い合えるから

転職サイトと転職エージェントを両方使うと、お互いの欠点を補い合えます。

転職サイトは出会える求人数が多いです。

しかし、転職エージェントほどフォロー体制が充実していないという欠点もあります。

一方転職エージェントは、面接対策や入社後のフォローなど、手厚いサポート体制が魅力です。

しかし、いくらでも際限なく求人を紹介してもらえるわけではありません。

40代向け転職サイト・転職エージェントを複数併用するメリット

40代向け転職サイト・転職エージェントは、複数併用がおすすめです。

たとえば転職サイト3社・転職エージェント2社という風に、複数のサービスに登録します。

複数併用のメリットは次の通りです。

複数併用するメリット

  • 多くの求人情報をカバーできる
  • 強みが異なるサービスを使い分けられる
  • 自分に合うキャリアアドバイザーと出会いやすくなる

多くの求人情報をカバーできる

大手転職サイト1社に登録しておけば、十分な求人をチェックできるのでは、と考える人もいるかもしれません。

しかしdodaでは取り扱いがあるものの、リクナビNEXTでは取り扱いがないという求人もあります。

一つのみの転職エージェント・転職サイトを利用するだけでは、十分な非公開求人や独占求人を集められません。

複数併用することで、より多くの求人集めが可能です。

また、「非公開求人」や「独占求人」を多く集める為にも非常に役立ちます。

強みが異なるサービスを使い分けられる

転職支援サービスは、特定の専門分野や年代に特化しているものもあれば、幅広い年代や業界に対応しているものもあるなど、それぞれ異なる特色をもっています。

1社のみのサービスを利用していると、思うように求人数を確保できないだけではなく、求人の内容や得られる情報に偏りが出ることもあります。

それぞれの転職サイトや転職エージェントのノウハウに触れることで、知識の偏りを避けながら、総合的な視点での転職活動が可能です。

自分に合うキャリアアドバイザーと出会いやすくなる

キャリアアドバイザーと求職者には、相性があります。

  • キャリアアドバイザーの押しが強すぎる
  • 自分に合う求人を紹介してくれない
  • 話を聞いてくれない
  • 厳しいことを言われて辛くなった

キャリアアドバイザーとの相性が悪いがために、転職活動を休止したくなってしまう人もいるほどです。

複数の転職エージェントに登録することで、自分の性格や職業観に合ったアドバイザーを見つけやすくなります。

転職エージェントは複数登録して併用利用するべき!

40代向け転職サイト・転職エージェントを複数併用するデメリット

40代向け転職サイト・転職エージェントは複数併用がおすすめですが、デメリットもあります。

複数併用するデメリット

  • 管理が困難になる
  • 情報過多になる
  • 転職活動に時間を取られる

管理が困難になる

転職サイト・転職エージェントは複数併用していると、管理が困難になることもあります。

初めは2~3社の併用から始め、転職活動の状況や余裕などを考慮して併用の数を増やす・絞るといった調整をおこないましょう。

転職エージェントの併用に関しては、こちらの記事でより詳細に解説しています。

情報過多になる

異なる転職エージェントから多様なアドバイスや情報を受けると、判断が難しくなる場合もあります。

時には「A社とB社の転職エージェントからまったく真逆のことを言われた」ということも起きかねません。

「正解」がない転職活動において、多くの意見がかえって決断を難しくします。

転職活動に時間を取られる

複数の転職サイトや転職エージェントに登録すると、それに伴う面談や求人検討の時間が増えます。

転職活動に割く時間が増え、本業やプライベートの時間が圧迫される可能性があります。

忙しい40代の方は注意が必要です。

40代向け転職サイト利用の流れ

40代の転職に強い転職サイト・転職エージェントの利用手順

ここまで40代の転職に強い転職サイトや転職エージェントの紹介をしてきましたが、なかにはこれらの転職支援サービスを使ったことがない人もいることでしょう。

そこでここでは、40代の転職に強い転職サイトや転職エージェントの利用手順を説明します。

前もって利用ステップを確認しておけば、いざ利用する際にも安心です。

無数に存在する転職サイト・転職エージェントですが、大まかな利用手順は共通しているので、ここで解説する内容を押さえればすぐにでも利用できますよ!

まずは転職サイトの利用手順から見てみましょう。

後ほど紹介する「転職エージェント」と違い、転職サイトは内定獲得までを主に自分自身の力で進めます。

求人検索や面接対策を自力で行いますが、その分マイペースを維持して転職活動ができますよ。

また、転職サイトによってはスカウトサービスもあるので、ぜひ活用してください。

大まかなステップは以下の通りです。

転職サイト利用の流れ

  1. 登録
  2. 友人検索・スカウト対応
  3. 応募・面接対策
  4. 面接

順番に解説していきます!

登録

何をするにせよ、まずは登録手続きを終えなければ始まりません。

利用したい転職サイトが決まったら、ホームページの申込ページに進み、必要な情報を記入すれば登録完了です。

わずらわしい手続きではありませんが、記入内容に漏れや間違いがないか十分に注意しましょう。

求人検索・スカウト対応

登録が完了すれば、すぐに求人検索ができます。

こだわり条件や職種などを設定して、じっくり求人を探しましょう!

また、スカウトサービスのある転職サイトでは、利用者に興味を持った企業やヘッドハンターから面接のスカウトがくる場合もあります。

非常に心強いシステムですが、安易にスカウトに応じるのは禁物です。

労働条件や仕事内容を隅まで確認してください。

応募・面接対策

気になる求人がみつかったり、これはと思うスカウトがくれば応募しましょう。

応募の前には、募集要項や待遇・労働条件などをもう一度確認してください。

事前に作成した「WEB履歴書」をもとに書類選考がおこなわれる事も多いです。

履歴書の内容に誤りがないか、もう一度確認するのも大切ですよ!

応募が完了しても気は抜けません。

なるべく早いうちから面接対策を講じて、万全の体制を整えてください。

特に、志望動機や転職理由は面接の中でも非常に重要な要素です。

時間をかけてじっくり対策をねりましょう。

志望動機の対策は、こちらの記事も参照してください。

面接で「当社を希望した理由」を聞かれた時の正しい志望動機の答え方

面接

書類選考に通過すれば、いよいよ最後の関門「面接」に移ります。

あらかじめ練っておいた対策をもとに、有利に面接を進めてください。

とはいえ、転職サイトは転職エージェントと違い面接対策を独力のみでおこなわなければなりません。

なかには面接に対して強い苦手意識を持っている人もいることでしょう。

こちらの記事では、面接が苦手な人に役立つ情報をたくさん解説しています。

ぜひ参考にしてください!

「面接が苦手すぎる」のには理由があります!面接苦手を克服するための対処法

内定獲得・退職手続き

苦労したかいあって無事内定を獲得しました!

しかし、安心するのはまだ早いです。

内定を受諾する場合には、他に控えている面接の予定や保留している内定への回答を清算しなければいけません。

企業は多くの時間と労力、費用などをかけて面接や選考をおこないます。

内定を獲得したからといって、他の応募企業に礼を欠いた対応をするのは不誠実です。

事情を話し、それぞれの企業に面接や内定の辞退を忘れずに伝えましょう。

40代向け転職エージェント利用の流れ

つづいては、40代が転職エージェントを利用する場合のステップです。

転職エージェントは利用者と専任のエージェントが協力して内定獲得を目指すシステムです。

そのため、先ほど解説した転職サイトとは、利用の流れにも違いがあるので注意しましょう。
以下の流れを見てください。

40代向け転職エージェント利用の流れ

  1. 登録
  2. 面談日時設定
  3. 面談
  4. 求人紹介
  5. 応募書類作成・添削
  6. 応募・書類選考
  7. 面接対策・面接
  8. 内定獲得

それぞれの工程を詳しく解説します。

登録

転職サイトと同様に、まずは登録手続きをすませなければいけません。

転職エージェントの公式ページから、登録手続きをおこないましょう。

氏名や年齢、これまでの簡単な経歴など指定された項目に記入すれば登録できます。

内容に誤りが無いよう注意してください。

特に連絡先に誤りがあると、次に解説する「面談日時設定」の連絡が届きません。

連絡がこないと次のステップに進めないので、気を付けてくださいね!

面談日時設定

登録完了後しばらくすると、運営側から後日行う面談の日取りを決める連絡がはいります。

特に難しく考えず、確実に空いている日を申請すれば大丈夫です。

日にちは後ほど変更可能ですが、何度も変更を繰り返すと不信感をもたれかねないので気をつけてください。

また、面談がスムーズに進むように前もってスキル・キャリアの棚卸しや、転職先に望む条件などを見直してしておきましょう。

面談

エージェントとの面談では、利用者がもっているスキルや資格、これまでの経歴、希望の職場などの情報を共有し、今後の転職活動の方向性を定めます。

今後の土台を作り上げる重要な作業なので、手を抜かずにしっかり取り組みましょう。

また、自分の希望をしっかり伝えると同時に、エージェントの意見にもきちんと耳を貸すことが大切です。

転職のプロフェッショナルの意見を参考にすることで、自分では気づかなかった新たな可能性が見つかることもありますよ!

求人紹介

面談が終われば、得られた結果をもとにエージェントが理想に近い求人探しを始めてくれます。

面談が終了した時点でいくつか求人を紹介されることもありますが、後日改めて紹介されるのが基本です。

よほど良い求人でない限り、面談当日に紹介された求人に応募するのはおススメできません。

今後エージェントが求人を探す中で、よりよいお仕事が見つかる可能性もあるからです。

焦らずじっくり腰を据えて、求人紹介を待ちましょう。

また、求人探しをエージェント任せにするのは考えものです。

自分自身でも求人検索に励むことで、集められる求人数に大きな差が出ます。

転職活動を成功させるためには、なるべく多くの求人集めが大切です。

応募書類作成・添削

良い求人を紹介してもらえたら、応募に向けて応募書類を作成しましょう。

転職エージェント経由で応募する場合、まずはWEB上で履歴書や職務経歴書を作成することがほとんどです。

記入する内容は実際の書面とほとんど変わりませんが、完成度の高い内容に仕上げるために何度も練り直しましょう。

面接の前に書類選考を設けている企業も少なくありません。

そうした場合、いかに採用担当者の目を引く応募書類を作成できるかが内定獲得の大きなポイントになります。

志望動機や退職理由など、重要な項目は特に重点的に時間をかけてください。

また、多くの転職エージェントは応募書類の添削にも対応しています。

プロの指導を受けながら、まずは書類面接を突破できる内容を目指しましょう。

応募・書類選考

応募書類が完成したら、早速応募です!

労働条件や待遇、業務内容などをもう一度よく確認してから応募してください。

応募に際しては、担当のエージェントが企業に「推薦状」を送付することがあります。

「推薦状」とは、応募書類だけでは伝えきれない利用者の魅力をエージェントの視点から企業に強力にアピールしてくれる心強いアイテムです。

内定獲得を強く後押ししてくれますよ!

ただし、エージェントの経験や技量によっては推薦状の内容が非常に薄い場合もあります。

なかには、単に職務経歴書を丸写ししただけの推薦状を送付するエージェントも…。

推薦状が送付される場合には、必ず内容を確認させてもらいましょう。

内容に不備や不満、間違いなどがあれば訂正してもらうようお願いしてください。

応募が完了すれば、書類選考の結果を待って次の対応に移ります。

面接対策・面接

応募が完了し次第、すぐに面接対策に移ります。

いくら完成度の高い応募書類を送っても、面接がうまくいかなければ意味がありません。

予想される質問への回答を用意したり、印象の良い話し方などを練り直したりと、やることはたくさんあります。

心強いことに、エージェントサービスのつかない転職サイトと違い、転職エージェントはプロのサポートを受けられます。

担当のエージェントと力を合わせて、万全の対策を練ってください。

転職エージェントのなかには模擬面接にも対応しているものもあります。

これらのサービスをフル活用して、スキのない対策をたてましょう!

当日を迎えれば、いよいよ企業との直接対決ともいえる「面談」です。

当日は5分前行動を心がけ、絶対に遅刻のないように気を付けてください。

新型コロナウイルスの影響で、WEB面接を導入している企業も多くあります。

WEB面接をおこなう場合には、PCの状態や通信環境などを事前にチェックすることも忘れないでください。

40代で転職する場合、「WEB面接は初めてで、何に気をつければ良いのかわからない…。」という人も多いです。

こちらの記事でWEB面接について詳細に解説しているので、参考にしてください。

はじめてのWEB面接!WEB面接のやり方は?基本的なマナーも解説

内定獲得

おめでとうございます!

数々の対策が功を奏し、無事内定を獲得しました!

内定獲得後には、担当のエージェントに報告とお礼を述べるのを忘れないでください。

また、職場を気持ちよく退職するために、やるべきことをしっかり済ませましょう。

上司や仕事仲間への報告や業務の引継ぎを滞りなく行って、自分と会社の双方が気持ちよくお別れできるよう心がけてください。

なかには、「転職するからには今の会社との縁は切れるから、円満に退職する必要はない」と考える人もいます。

しかし、転職先の企業と退職する企業が将来ビジネス上重要な関係を築く可能性も考えられるのです。

わだかまりを残して退職すると、こうした事態になった場合非常に気まずい思いをすることになります。

先々のことも考え、社会人として最低限の節度をもって職場を去ってくださいね!

とはいえ、会社に退職を切り出すのは非常に気を遣います。

退職の切り出し方や円満退職に向けた情報は、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてください。

うまい退職の切り出し方とは?円満退職までの道のり

40代の転職シーンに多い質問5選

最後に、40代の転職において多く見られる質問に回答していきます。

疑問点をしっかり解消したうえで、転職活動に励んでください。

以下に挙げる5つの質問をみてみましょう。

40代の転職シーンに多い質問5選

  1. 40代の平均年収はどのくらい?
  2. 40代が転職しやすい仕事は?
  3. 40代は転職エージェントの利用を断られるって本当?
  4. 40代の転職には資格は必須?
  5. どうしても転職先が見つからない時は?

一つ一つ回答していきます。

①40代の平均年収はどのくらい?

A.40代前半か後半、性別などによって開きがあります。

国税庁が発表した調査によると、40代の平均年収は以下のような結果が出ています。

40代前半
男性:約584万円
女性:約324万円
40代後半
男性:約630万円
女性:約504万円

男女ともに年齢を重ねるごとに給料は上昇しますが、女性よりも男性の方が役職に就くケースが多いため、性別による開きが生まれやすいです。

出典:国税庁 令和3年分 民間給与実態統計調査

②40代が転職しやすい仕事は?

A.これまでの経験やスキルを発揮できるお仕事ほど、採用されやすいです。

年齢を重ねた人材に対して、企業は即戦力になれるだけのスキルや経験を求めています。

そのため、これまでの経験を活かしやすい職場を探すのがおススメです。

経験やキャリアによらない転職先としては、「タクシードライバー」「工場内作業員」「交通誘導員」などがあります。

③40代は転職エージェントの利用を断られるって本当?

A.紹介できる案件が無い場合、利用を断られる場合もあります。

転職者にとって非常に心強い存在の転職エージェントですが、運営側も決して慈善事業でサービスを提供しているわけではありません。

ビジネスである以上は、利益につながらない利用者に対してはサービスを提供する意味がないのです。

ただし、必要以上に不安にならなくても大丈夫です。

転職エージェントは無数に存在するので、利用を断られた場合は、他の転職エージェントを利用しましょう。

④40代の転職には資格は必須?

A.必須ではありません。

40代の転職シーンでは、何よりも実績やマネジメント能力が大切です。

そのため、資格がないと転職できないわけではありません。

一方、システムエンジニアやプログラマーのような、高度な専門的技術が要求されるお仕事では、資格が有利に働きます。

技術職の中には、関連する資格がない場合応募すらできないケースもあるので、十分注意しましょう。

➄どうしても転職先が見つからない時は?

A.現在の職場での部署移動や副業がおススメです。

40代での転職は不可能ではないものの、簡単ではなのも事実です。

良い求人が集まらず、転職をあきらめる人も少なくありません。

そうした場合、部署の移動を申請するのも一つの手です。

リスクを大きく軽減しつつ、労働環境の改善が見込めます。

また、年収に不満がある場合は副業への挑戦も視野に入れましょう。

社会人としての経験やスキルを活用して40代の転職活動を成功させよう

今回は、40代の転職市場の現状や押さえておきたいポイントに加えて、おすすめの転職サイト・エージェントを紹介しました。

40代の転職は20〜30代とは大きく異なり、若い年代から積み上げてきた実績や経験によって、難易度や選択肢が大幅に変化します。

何らかの組織のリーダー経験のある方や、一つの分野に数十年特化して取り組んできた方は、大手企業から中小・ベンチャー企業の重点的ポジションまで選択肢は豊富でしょう。

また、今まで身を削って体力勝負で仕事を続けてきた方にとっても、転職をきっかけに自分自身や仕事に対する向き合い方を考えるのも良いかもしれません。

40代での転職活動を成功させるためには、自分の市場価値を正しく把握し、理想の企業に出会う可能性を上げるためにも、転職サイト・エージェントをしっかり活用しましょう。

おすすめ転職エージェントの比較ランキング!
おすすめ転職サイト3選!
doda
doda
国内最大級の紹介実績!
ビズリーチ
ビズリーチ
年収800~2,000万円の
求人が豊富!
ハタラクティブ
ハタラクティブ
未経験でも仕事が
見つかる!
タイトルとURLをコピーしました