GATEN職|建設業界・土木・ガテン系の求人サイト

事務職におすすめの転職エージェント・転職サイト7選!選び方や転職を成功させるコツも併せて解説!

事務職,おすすめ,転職エージェント 事務職への転職

事務職への転職を考えているが、どの転職エージェントが自分に合っているか分からないと悩んでいませんか?

本記事では、事務職におすすめの転職エージェント・転職サイト7選を紹介します。

さらに、転職エージェントの選び方や転職を成功させるコツについても詳しく解説します。

この記事を読むことで、効率的に転職活動を進め、自分に最適な転職エージェントを見つける方法が分かります。

理想のキャリアを実現するための第一歩を踏み出しましょう。

この記事の結論
  • 事務職におすすめの転職エージェントはdoda
  • ワークポート、ハタラクティブ、マイナビエージェントなども事務職の転職におすすめ
事務職への転職におすすめの転職エージェント7選!成功させる秘訣も解説

おすすめ派遣サービス3選!
リクルートスタッフィング
リクルートグループの 人材派遣会社! 福利厚生が充実!
テンプスタッフ
テンプスタッフ
派遣から紹介予定派遣・ 正社員求人まで掲載!
アデコ
オフィスワーク 在宅ありなど 人気の求人多数!

  1. 事務職への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト7選
    1. doda
    2. パソナキャリア
    3. ワークポート
    4. リクルートダイレクトスカウト
    5. ビズリーチ
    6. ハタラクティブ
    7. マイナビエージェント
  2. 年齢別|事務職の転職事情
    1. 20代の場合
    2. 30代の場合
    3. 40代の場合
  3. 事務職のおすすめの選び方
    1. 求める求人は充実しているか
    2. サービスの対象者に含まれているか
    3. サポートが充実しているか
    4. 口コミや評価は良いか
  4. 事務職の転職を成功させるコツ
    1. 転職サイトを併用する
    2. 契約社員・派遣社員も検討する
    3. 選択肢を増やす
  5. 内定を獲得する履歴書・面接対策
    1. 履歴書の書き方
    2. 面接対策
  6. 事務職の種類や仕事内容
    1. 一般事務
    2. 営業事務
    3. 経理事務
    4. 貿易事務
    5. 医療事務
    6. 人事・労務事務
    7. 総務事務
    8. 法務事務
  7. 事務職への転職でエージェントを利用するの際に注意点
    1. エージェントの言葉を鵜呑みにしない
    2. 転職エージェントは複数利用する
  8. 事務職で転職エージェントを利用する際の流れ
    1. 転職エージェントに登録する
    2. キャリアアドバイザーと連絡、面談をする
    3. 求人を紹介してもらう
    4. 履歴書・職務経歴書の添削
    5. 面接対策
    6. 条件交渉
    7. 内定後のフォロー
  9. 事務職の転職でよくある質問
    1. 事務職の具体的な仕事内容は?
    2. 事務職に種類はある?
    3. 事務職の年収はどのくらい?
    4. 事務職に向いている人は?
    5. 事務職に向いていない人は?
    6. 事務職の転職で必要なスキル・資格は?
    7. 今の企業に在籍しながら転職エージェントに登録してもいいの?
    8. 1社だけ選ぶならどの転職エージェント?
  10. 事務職の転職には転職エージェントや転職サイトを活用しよう

事務職への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト7選

事務職への転職を考えている方にとって、信頼できる転職エージェントや転職サイトの利用は非常に重要です。

ここでは、特におすすめの7つの転職エージェント・転職サイトを紹介します。

それぞれの特徴を理解し、最適な転職活動を進めましょう。

事務職への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト7選

  1. doda
  2. パソナキャリア
  3. ワークポート
  4. リクルートダイレクトスカウト
  5. ビズリーチ
  6. ハタラクティブ
  7. マイナビエージェント

doda

doda_LP_PC
満足度★★★★★ 5
求人数 約260,000件
対応地域 全国47都道府県
料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
運営会社 パーソルキャリア株式会社
プラン詳細を見る
特徴
業界最大級の求人数を誇る人気転職サイト 公開求人だけで22万件もある 幅広い業界・職種の求人を掲載

dodaエージェントの特徴

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaは、豊富な求人情報と手厚いサポートが魅力の転職サイトです。

事務職向けの求人も多く、専任のキャリアアドバイザーが個別にサポートします。

履歴書の添削や面接対策も充実しており、転職活動を全面的に支援してくれます。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

パソナキャリア

パソナキャリア

満足度★★★★★ 5
求人数
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/
運営会社 株式会社パソナ
プラン詳細を見る
特徴
対応が丁寧なハイクラス転職エージェント
全国47都道府県に拠点を持ち、これまでに約54万人を支援(2001年~2022年の累計実績)
30~45歳の利用者が多い

パソナキャリアの特徴

  • 面接対策など丁寧なサポート体制が充実
  • 求人の質がいいためより良い環境も期待できる
  • 女性の転職サポート体制も整っている
  • アドバイザ―のレスポンスが早い
  • 年収アップ率も65%以上

パソナキャリアは、質の高いサポートが特徴の転職エージェントです。

特に事務職の求人に強く、企業との信頼関係も厚いため、非公開求人も多数扱っています。

専任のコンサルタントが一人一人に寄り添い、最適な転職先を見つけるサポートをしてくれます。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

ワークポート

ワークポート

満足度★★★★★ 5
求人数 約8万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.workport.co.jp/
運営会社 株式会社ワークポート
プラン詳細を見る
特徴
人材紹介業20年以上のノウハウを持つ転職エージェント
今までに67万人の転職相談を受けてきた実績がある
北海道から沖縄まで、日本全国に39拠点を構える

ワークポートの特徴

  • IT・WEB分野に強い
  • 紹介してもらえる求人量が多い
  • コンサルタントの手厚いサポート

ワークポートは、IT業界を中心に多くの求人を取り扱う転職エージェントですが、事務職の求人も充実しています。

転職コンシェルジュが丁寧にサポートしてくれるため、初めての転職でも安心して利用できます。

幅広い業種の求人情報を提供している点が魅力です。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

満足度★★★★★ 5
求人数
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/
運営会社 株式会社リクルート
プラン詳細を見る
特徴
大手のリクルートが運営する、ハイクラス向け転職スカウトサービス
年収800万~2,000万円の求人が12万件以上(2023年7月5日時点)
希望条件や経験を選ぶだけで、簡単にレジュメ作成ができる

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • ヘッドハンターの質がいい
  • コンサルティングのサポート体制も丁寧
  • 無料で利用可能
  • 自分でも求人検索が可能

リクルートダイレクトスカウトは、企業から直接オファーを受け取ることができる転職サイトです。

事務職の高キャリア求人も多く、ヘッドハンターによるサポートが充実しています。

自分の市場価値を高めながら、効率的に転職活動を進められるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判の真相は?サポートの充実性や口コミも解説

ビズリーチ

満足度★★★★★ 5
求人数 約10万件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.bizreach.jp/
運営会社 株式会社ビズリーチ
プラン詳細を見る
特徴
即戦力採用に特化したハイクラス転職サイトの中でも、特に有名 管理職・専門職・次世代リーダー・グローバル人材などを求める企業からスカウトが届く 30%以上の求人が年収1,000万円以上(2021年1月時点)

ビズリーチの特徴

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

ビズリーチは、ハイキャリア向けの転職サイトとして知られていますが、事務職の求人も豊富です。

企業から直接スカウトを受けることができ、自分のスキルや経験を活かした転職が可能です。

プロフェッショナルなキャリアサポートが受けられる点が魅力です。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介

ハタラクティブ

ハタラクティブ

満足度★★★★ 5
求人数 約3千件
対応地域 北海道・東京都・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・兵庫・京都・広島・福岡
料金 無料
公式サイト https://hataractive.jp/
運営会社 レバレジーズ株式会社
プラン詳細を見る
特徴
20代を中心とした若手向け転職エージェント
学歴・経歴に自信がないフリーター・既卒・第二新卒の支援が得意
未経験OKの求人が全体の約8割

ハタラクティブの特徴

  • 経歴に自信がなくても転職成功できる
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • LINEでのカウンセリングが可能

ハタラクティブは、20代の若手向けの転職エージェントです。

未経験から事務職への転職を目指す方に特におすすめです。

手厚いサポートと豊富な求人情報で、初めての転職活動を成功に導いてくれます。

ハタラクティブ評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

満足度★★★★★ 5
求人数 約4万5千件
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://mynavi-agent.jp/
運営会社 株式会社マイナビ
プラン詳細を見る
特徴
20代から30代に特化している転職エージェント
求人総数が6万件以上と多い
初めての転職でも心強い

マイナビエージェントの特徴

  • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
  • 非公開求人が多い
  • サービスが充実している
  • 20代など若者の転職に強い

マイナビエージェントは、大手の転職エージェントで、事務職の求人も多く取り扱っています。

専任のキャリアアドバイザーが、履歴書や職務経歴書の作成から面接対策までしっかりサポートします。

大手ならではの豊富なリソースを活用し、最適な転職先を見つけましょう。

マイナビエージェントの評判はいい?サポートの充実性について解説

年齢別|事務職の転職事情

事務職への転職は、年齢によって異なる挑戦や機会が存在します。

ここでは20代、30代、40代それぞれの転職事情について詳しく解説します。

自分の年齢に合った転職活動を進める参考にしてください。

年齢別|事務職の転職事情

  • 20代の場合
  • 30代の場合
  • 40代の場合

20代の場合

20代は、キャリアのスタート段階であり、多くの企業がポテンシャル採用を重視しています。

新しいことにチャレンジする意欲や、柔軟な対応力が評価されやすいです。

未経験から事務職への転職も比較的容易で、スキルアップの機会も多くあります。

30代の場合

30代は、経験とスキルを活かして転職することが求められます。

即戦力としての期待が高まるため、専門知識や実務経験が重視されます。

キャリアアップや専門職への転職を目指すことが多く、自己PRが重要です。

40代の場合

40代は、豊富な経験と深い知識を活かす転職が求められます。

マネジメント経験やリーダーシップが評価されることが多いです。

年齢に伴う体力の衰えも考慮し、働きやすい環境や条件を重視した転職活動が必要です。

事務職への転職は難しい?未経験で転職を成功させるポイントを解説

事務職のおすすめの選び方

事務職への転職を成功させるためには、適切な転職サイトやエージェントの選び方が重要です。

以下のポイントを参考に、自分に合ったサービスを見つけましょう。

事務職のおすすめの選び方

  • 求める求人は充実しているか
  • サービスの対象者に含まれているか
  • サポートが充実しているか
  • 口コミや評価は良いか

求める求人は充実しているか

まずは、希望する条件に合った求人が充実しているかを確認しましょう。

掲載されている求人の量や質をチェックし、自分のキャリアに合ったものがあるか見極めることが大切です。

サービスの対象者に含まれているか

転職サイトやエージェントが、自分の年齢や経験に合ったサービスを提供しているかを確認しましょう。

特に、年齢層や業界に特化したサービスを利用することで、効率的な転職活動が可能になります。

サポートが充実しているか

履歴書の添削や面接対策など、転職活動のサポートが充実しているかを確認しましょう。

専任のキャリアアドバイザーがついてくれるサービスは、安心して利用できます。

口コミや評価は良いか

利用者の口コミや評価を参考にすることも重要です。

実際にサービスを利用した人の声を確認することで、信頼性やサポート体制の実態を把握できます。

事務職の転職を成功させるコツ

事務職への転職を成功させるためには、いくつかのコツがあります。

ここでは転職活動を効果的に進めるためのポイントを紹介します。

事務職の転職を成功させるコツ

  • 転職サイトを併用する
  • 契約社員・派遣社員も検討する
  • 選択肢を増やす
  • 内定を獲得する履歴書・面接対策

転職サイトを併用する

一つの転職サイトに絞らず、複数のサイトを併用することで、多くの求人情報にアクセスできます。

それぞれのサイトの特徴を活かし、幅広い選択肢から最適な求人を見つけましょう。

契約社員・派遣社員も検討する

正社員だけでなく、契約社員や派遣社員の求人も検討することで、転職の幅が広がります。

即戦力としての経験を積むことができるため、次のステップへの準備になります。

選択肢を増やす

希望条件にこだわりすぎず、柔軟に選択肢を増やすことが大切です。

勤務地や勤務時間、職種の幅を広げることで、転職成功の可能性が高まります。

転職を考えた女性におすすめ!転職サイト・転職エージェントランキング

内定を獲得する履歴書・面接対策

履歴書や面接対策は、転職活動において非常に重要なステップです。

ここでは内定を獲得するための具体的な対策を紹介します。

内定を獲得する履歴書・面接対策

  • 履歴書の書き方
  • 面接対策

履歴書の書き方

履歴書は、自分のスキルや経験をアピールする重要なツールです。

正確で見やすい書式に加え、自分の強みや成果を具体的に記載しましょう。

また、志望動機を明確に書くこともポイントです。

面接対策

面接では、自分のスキルや経験を的確に伝えることが求められます。

事前に質問を予測し、練習することで自信を持って臨めます。

また、会社や業界についてのリサーチを行い、適切な質問をすることも大切です。

事務職の種類や仕事内容

事務職はさまざまな分野で活躍しており、業務内容も多岐にわたります。

ここでは主要な事務職の種類とその仕事内容を紹介します。

それぞれの特徴を理解し、自分に合った職種を見つけましょう。

事務職の種類や仕事内容

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 経理事務
  • 貿易事務
  • 医療事務
  • 人事・労務事務
  • 総務事務
  • 法務事務

一般事務

一般事務は、企業のバックオフィス業務全般を担当します。

書類作成やデータ入力、電話・メール対応など、日常的な事務作業が中心です。

幅広い業務に対応するため、柔軟な対応力が求められます。

営業事務

営業事務は、営業部門のサポートを行います。

受注管理や顧客対応、資料作成など、営業活動を円滑に進めるための業務が主です。

営業スタッフとの連携が重要となります。

経理事務

経理事務は、企業の財務管理を担当します。

伝票処理や会計ソフトへの入力、月次・年次決算の補助などが主な業務です。

正確さとスピードが求められます。

貿易事務

貿易事務は、輸出入業務に関わる書類作成や手続きを担当します。

輸出入に必要な書類の準備、通関手続き、貿易関連の問い合わせ対応が主な業務です。

英語力や貿易の知識が求められます。

医療事務

医療事務は、医療機関での事務業務を担当します。

診療報酬の請求や患者情報の管理、予約対応などが主な業務です。

医療に関する専門知識や、患者対応のスキルが必要です。

人事・労務事務

人事・労務事務は、企業の人事管理や労務管理を担当します。

社員の採用・退職手続き、給与計算、労働条件の管理などが主な業務です。

労働法や社会保険に関する知識が求められます。

総務事務

総務事務は、企業全体の総務業務を担当します。

オフィスの設備管理、社内イベントの企画運営、備品管理などが主な業務です。

幅広い業務に対応するためのマルチタスク能力が必要です。

法務事務

法務事務は、企業の法務部門をサポートします。

契約書の作成・管理、法律相談の対応、コンプライアンスチェックなどが主な業務です。

法律知識や細部に注意を払う能力が求められます。

事務職への転職でエージェントを利用するの際に注意点

転職エージェントを利用する際には、いくつかの注意点があります。

以下のポイントを押さえて、より効果的な転職活動を行いましょう。

事務職への転職でエージェントを利用するの際に注意点

  • エージェントの言葉を鵜呑みにしない
  • 転職エージェントは複数利用する

エージェントの言葉を鵜呑みにしない

エージェントのアドバイスは参考になりますが、鵜呑みにしないことが大切です。

自分自身の判断やリサーチも併せて行い、最適な選択をしましょう。

エージェントの意見を取り入れつつ、主体的に行動することが成功の鍵です。

転職エージェントは複数利用する

一つのエージェントだけでなく、複数のエージェントを利用することで、より多くの求人情報にアクセスできます。

それぞれのエージェントの強みを活かし、幅広い選択肢から最適な求人を見つけましょう。

複数のエージェントを活用することで、転職の成功確率が高まります。

事務職で転職エージェントを利用する際の流れ

転職エージェントを利用することで、効率的に転職活動を進められます。

ここでは転職エージェントの一般的な利用の流れを紹介します。

各ステップをしっかりと踏むことで、理想の転職を実現しましょう。

事務職で転職エージェントを利用する際の流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. キャリアアドバイザーと連絡、面談をする
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 履歴書・職務経歴書の添削
  5. 面接対策
  6. 条件交渉
  7. 内定後のフォロー

転職エージェントに登録する

まずは、転職エージェントに登録します。

個人情報や職務経歴を入力し、自分のプロフィールを作成します。

登録は無料で簡単に行えます。

キャリアアドバイザーと連絡、面談をする

登録後、キャリアアドバイザーとの連絡や面談が行われます。

面談では、希望する条件やキャリアプランについて詳しく話し合います。

アドバイザーが適切な求人を紹介してくれるため、安心して相談できます。

求人を紹介してもらう

アドバイザーが、自分に合った求人を紹介してくれます。

求人情報を確認し、興味のある企業に応募します。

多くの選択肢から自分に最適な求人を見つけましょう。

履歴書・職務経歴書の添削

応募後、アドバイザーが履歴書や職務経歴書の添削を行います。

自分のスキルや経験を効果的にアピールできる書類を作成することで、採用率が上がります。

プロのアドバイスを受けながら、書類を整えましょう。

面接対策

アドバイザーが、面接対策もサポートしてくれます。

面接での受け答えや、自己PRの方法についてアドバイスをもらえます。

練習を重ねることで、自信を持って面接に臨めます。

条件交渉

内定が出た際には、条件交渉もアドバイザーがサポートしてくれます。

給与や勤務条件についての交渉を、プロのアドバイザーに任せることで、より良い条件を引き出せます。

内定後のフォロー

内定後も、アドバイザーがフォローしてくれます。

入社前の準備や、入社後のサポートを受けることで、安心して新しい職場に馴染むことができます。

未経験で事務職に!主な仕事内容と多様な業種について

事務職の転職でよくある質問

事務職への転職を考える際、多くの方が疑問に思うポイントについて詳しく解説します。

これらの質問に対する回答を参考にして、転職活動を進めてください。

  • 事務職の具体的な仕事内容は?
  • 事務職に種類はある?
  • 事務職の年収はどのくらい?
  • 事務職に向いている人は?
  • 事務職に向いていない人は?
  • 事務職の転職で必要なスキル・資格は?
  • 今の企業に在籍しながら転職エージェントに登録してもいいの?
  • 1社だけ選ぶならどの転職エージェント?

    事務職の具体的な仕事内容は?

    事務職の仕事内容は多岐にわたりますが、主に書類作成、データ入力、電話・メール対応、ファイリング、来客対応、備品管理などが含まれます。

    企業や部門によって異なりますが、バックオフィスのサポート業務全般が中心です。

    事務職に種類はある?

    事務職には、一般事務、営業事務、経理事務、貿易事務、医療事務、人事・労務事務、総務事務、法務事務など、さまざまな種類があります。

    それぞれの職種で求められるスキルや知識が異なります。

    事務職の年収はどのくらい?

    事務職の年収は、経験や勤務地、企業規模によって異なりますが、平均的には300万円から450万円程度です。

    専門性や役職が高くなるにつれて、年収も上がる傾向にあります。

    事務職に向いている人は?

    事務職に向いている人は、細かい作業が得意で、正確さを求められる業務に抵抗がない人です。

    コミュニケーション能力が高く、チームワークを重視する姿勢も重要です。

    事務職に向いていない人は?

    事務職に向いていない人は、単調な作業が苦手で、細部に注意を払うのが難しいと感じる人です。

    また、コミュニケーションが苦手で、他人と協力するのが嫌いな人も適していないでしょう。

    事務職の転職で必要なスキル・資格は?

    事務職の転職に役立つスキルは、PC操作(特にExcelやWord)、ビジネスマナー、文書作成能力です。

    資格としては、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、日商簿記、秘書検定などが有用です。

    今の企業に在籍しながら転職エージェントに登録してもいいの?

    現在の企業に在籍しながら転職エージェントに登録することは問題ありません。

    エージェントは転職活動をサポートし、現職との調整も手助けしてくれるため、効率的に転職活動が行えます。

    1社だけ選ぶならどの転職エージェント?

    一つだけ選ぶなら、dodaがおすすめです。

    dodaは、豊富な求人情報と手厚いサポートが特徴で、事務職の転職にも強みがあります。

    専任のキャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれるため、安心して利用できます。

    事務職の転職には転職エージェントや転職サイトを活用しよう

    事務職への転職を成功させるためには、転職エージェントや転職サイトを効果的に利用することが欠かせません。

    自分に合ったサービスを選び、効率的に転職活動を進めることが大切です。

    豊富な求人情報にアクセスし、専門的なサポートを受けることで、理想のキャリアを築きましょう。

    事務職へ転職を希望する女性は多い…どうすれば転職が成功する?

    おすすめ派遣サービス3選!
    リクルートスタッフィング
    リクルートグループの 人材派遣会社! 福利厚生が充実!
    テンプスタッフ
    テンプスタッフ
    派遣から紹介予定派遣・ 正社員求人まで掲載!
    アデコ
    オフィスワーク 在宅ありなど 人気の求人多数!

    タイトルとURLをコピーしました