全国掲載数 5,312 件 (05/31更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 5,312 件 (05月31日更新)

運送ドライバーへ転職したい人必見!転職事情やお仕事の特徴を解説

ガテン系の転職

「運転が好きだから運送ドライバーへ転職したい!」

「運送ドライバーへ転職してガッツリ稼ぎたい!」

このように思っても、なんの情報もなしに転職活動に踏み出すのは不安ですよね。

運送ドライバーはエッセンシャルワーカーとも言われる、社会に無くてはならないお仕事の一つです。

一方で、運送ドライバーときくと「きつい」というイメージを抱く人もすくなくありません。

この記事では運送ドライバーへ転職したい人に向けて、転職事情やお仕事内容などを解説します。

あわせて、運送ドライバーの求人に強い転職サイト・転職エージェントも紹介します。

ぜひ最後まで目を通してください!

ガテン系転職におすすめ!GATEN職の登録はこちら

軽貨物ドライバーが楽しい理由12選と向いているの特徴を解説します!
ガテン系の求人を見つけるなら「GATEN職」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ガテン系の転職におすすめ!

運送ドライバーへ転職しやすい理由3選

運送ドライバーへ転職しやすい理由

冒頭でも触れた通り、運送ドライバーは社会にとってなくてはならないお仕事の一つです。

同時に、転職が非常にしやすいお仕事でもあります。

運送ドライバーへ転職しやすい背景には、どのような理由があるのでしょうか?

この記事では運送ドライバーへ転職しやすい理由を以下の3つにまとめました。

運送ドライバーへ転職しやすい理由3選

  1. ドライバー不足
  2. 未経験者でも応募できる求人が豊富
  3. 学歴や経歴が不問な場合がほとんど

こうした背景を知れば運送ドライバーへの理解もより深まるので、しっかり目を通してください。

運送ドライバーはきついお仕事って本当?きつい点ややりがいを解説

①ドライバー不足

まず挙げられるのが深刻なドライバー不足です。

人手不足を考える上で不可欠な要素である有効求人倍率を見てみましょう。

国土交通省の調査によると、平成30年4月時点でのトラックドライバーの有効求人倍率は2.68倍でした。

出典:国土交通省 トラック運送業の現状等について

全産業の平均有効求人倍率が1.35倍であることから見ても、人手不足の深刻さがうかがえます。

人手不足の背景には荷待ち時間や労働時間の長さなど様々な要因がありますが、官民一体となって対策を練っており、2024年には時間外労働時間の上限が年720時間に定められるなど徐々に改善の兆しが見え始めています。

②未経験者でも応募できる求人が豊富

大型免許や中型免許がなければ運送ドライバーの求人に応募できないと考える人は多いです。

ところが実際はそうではありません。

運送会社のなかには免許を持っていない人の免許取得を支援してくれる会社がたくさんあり、応募の時点で免許を持っていなくても問題とならないケースも多いのです。

免許取得には当然費用も発生するので、取得のサポートをしてくれるのは非常にありがたい点ですね!

③学歴や経歴が不問な場合がほとんど

運送ドライバーのお仕事は、専門的な知識や学歴などが重視されません。

運送ドライバーに必要なのは安全に対する意識やある程度の体力など、個人の素質が重要だからです。

実際に求人広告に目を通してみると、未経験者OKの求人がたくさん見つかります。

やる気や素質を評価されれば、それまでのキャリアに関係なく転職できますよ!

運送ドライバーの仕事内容

そんな運送ドライバーですが、具体的な仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

一口に運送ドライバーと言っても、運転する車両や距離などによってお仕事内容は変わってきます。

ここでは以下の2つの運送ドライバーのお仕事を見てみましょう。

  • 中・長距離ドライバー
  • 軽貨物ドライバー

転職する際は、これらのちがいをそれぞれ見比べて自分に適したものを選んでください。

軽貨物ドライバーの年収はいくら?月収100万円も夢じゃないって本当?

中・長距離ドライバー

中・長距離ドライバーは、主に中型トラックや大型トラックで遠方への配送をおこなう運送ドライバーです。

配送する荷物もさまざまで、鮮魚や野菜などの食品、宅配物、工業製品など多種多様です。

中・長距離ドライバーは配送先の土地での宿泊や車中泊などが頻繁に発生しますが、その分給料は高めです。

長時間の運転が得意な人や、遠くの土地へ足を運ぶことが好きな人にとっては向いているといえます。

また、渋滞に巻き込まれた場合でも可能な限り迅速に荷物を配達しなければならないため、ルート選びや時間配分などを考える計画性も重要です。

軽貨物ドライバー

軽貨物ドライバーは、軽バンや軽トラックなどの軽自動車を使って荷物を配送する運送ドライバーです。

遠方への配送は少なく、近隣地域への配送がメインとなります。

大型トラックドライバーと比べて荷物が小型・軽量であるケースが多いので、体力や腕力に自信のない人でも挑戦しやすいです。

また、終業後はきちんと家に帰れる場合がほとんどなので家庭を持っている方も働きやすいです。

運送ドライバーの求人に強い転職サイト・転職エージェント3選

運送ドライバーへ転職する際には、転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。

転職活動の効率が大きくアップするだけでなく、より良い条件の求人も見つかりやすいですよ。

この記事では、数ある転職サイト・転職エージェントのなかから以下の3社を紹介します。

運送ドライバーの求人に強い転職サイト・転職エージェント3選

  1. GATEN職
  2. リクナビNEXT
  3. doda

ぜひ活用して、運送ドライバーへの転職を実現させてください。

ドライバーが活用したい転職エージェント13選!活用術や成功のコツも

GATEN職

GATEN職

  • GATEN職の特徴現場系のお仕事全般の求人を掲載している
  • 正社員からアルバイトまで様々な雇用形態の求人を見つけられる
  • 希望条件を詳細まで絞って検索できる
  • 動画から求人を探すことができる
サイト名 GATEN職
利用料 無料
対応地域 全国
運送・運輸業の求人数 約460件

GATEN職は、いわゆるガテン系の求人に特化した転職サイトです。

ドライバーの求人数も豊富で、軽貨物ドライバーから大型トラックドライバーまでさまざまな種類の求人を掲載しています。
求人のなかには動画付きで紹介されているものもあり、職場やお仕事の雰囲気もつかみやすいです。
業務委託やアルバイトなど正社員以外の求人も豊富なので、自分のライフスタイルに合わせた求人が探しやすいですよ!

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 求人数が多い
  • 若年層向けの求人に強い
  • スカウトサービスがある
サイト名 リクナビNEXT
利用料 無料
対応地域 全国
「運送 ドライバー」を含む公開求人数 約630件

リクナビNEXTは、若年層向けの求人を得意としている転職サイトです。

転職支援業最大手の1つ「リクルート」が運営する転職サイトだけあり、求人数の豊富さや質の高さには定評があります。

企業からのオファーを受け取れる「スカウトサービス」も完備されているので、忙しくて転職活動に時間が割きづらい人にもおすすめです。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が約20万件
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富
サイト名 GATEN職
利用料 無料
対応地域 全国
「運送 ドライバー」を含む公開求人数 約520件

「1人で転職活動を進めるのは不安…」という人にはdodaがおすすめです。

専任のエージェントと二人三脚で内定獲得を目指すので、転職が初めての人も安心できます。

求人数が豊富なのはもちろん、エージェントのサポート体制が手厚い点も高評価です。

応募書類の作成や面接対策など、独力のみでは難しい作業を強力にサポートしてくれます。

プロによる支援を望む場合は、dodaを活用してください。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

運送ドライバーへの転職に役立つQ&A3選

運送ドライバーへの転職に役立つQ&A

最後に運送ドライバーへの転職に役立つ情報をQ&A形式で解説します。

以下の3項目を見てください。

運送ドライバーへの転職に役立つQ&A3選

  1. 運送ドライバーの平均年収は?
  2. 運送ドライバーの福利厚生は?
  3. 運送ドライバーに向いている人は?

運送ドライバーに興味を持った人は、それぞれしっかりチェックしてくださいね!

自分に合った仕事の見つけ方!仕事探しに役立つ12のアドバイス

Q.運送ドライバーの平均年収は?

A.約463万円です。

厚生労働省が運営する職業情報サイト「Jobtag」によると、運送ドライバーの平均年収は463万円と試算されています。

出典:jobtag トラック運転手

運送ドライバーは配送する荷物の数によって収入が増減するケースも多いため、努力や工夫次第では平均以上の年収も狙えます。

Q.運送ドライバーの福利厚生は?

A.充実しています。

先ほども解説した通り、運送ドライバーは深刻な人手不足に悩まされています。

そんななか、福利厚生を充実させて人員確保を狙っている企業も多いです。

たとえば独身寮が月1,0000円以下、もしくは無料で利用できたり結婚祝い金や出産一時金が支給されたりと、嬉しい福利厚生を揃えている企業も多くあります。

Q.運送ドライバーに向いている人は?

A.体力のある人、運転が好きな人、安全意識が高い人などが挙げられます。

運送ドライバーは、車の運転以外にも荷物の積み下ろしや受け渡しなど体力を必要とする作業も多いです。

また仕事の大半が車の運転であるため、運転が好きな人は向いているといえます。

加えて、安全運転に対する高い意識も欠かせません。

運送ドライバーの転職事情まとめ

この記事では、運送ドライバーの転職事情について解説ました。

運送業界はドライバーの人手不足に悩まされていることもあり、未経験者や免許のない人であっても転職しやすいお仕事です。

運送ドライバーには中・長距離ドライバーや軽貨物ドライバーなどさまざまな種類があるので、転職の際には自分にあった求人を探してください。

加えて、転職サイト・転職エージェントの活用も不可欠です。

記事で紹介した転職サイト・転職エージェントも活用しつつ、運送ドライバーへの転職を実現させてください。

おすすめ転職エージェントの比較ランキング!
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました