全国掲載数 5,046 件 (01/28更新)

掲載をご希望の方へ

全国掲載数 5,046 件 (01月28日更新)

電気工事士に転職したい30代必見!具体的な仕事内容やポイントを解説

ガテン系の転職

電気工事士に転職したいと思っても、30代という年齢からなかなか一歩を踏み出せない人もいることでしょう。

「電気工事士」ときくと専門的な技術や知識が必要な印象がありますが、未経験の30代でも転職可能なのでしょうか?

この記事では電気工事士に転職したい30代に向けて、役立つ情報をさまざま解説していきます。

記事の終わりには年収や将来性についても解説するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

30代でも大工に転職できる?具体的な方法やポイントを解説します!

ガテン系の求人を見つけるなら「GATEN職」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
ガテン系の転職におすすめ!

30代未経験でも電気工事士に転職可能!

30代未経験でも電気工事士に転職可能

結論から言えば、30代未経験でも電気工事士への転職は十分に可能です!

確かに専門的な技術や知識が必要なお仕事ですが、転職のハードル自体はそこまで高くありません。

まずは、30代未経験でも電気工事士に転職できる理由から見ていきましょう。

以下の2つの理由を見てください。

30代でも電気工事士へ転職できる理由2選

  1. 人手不足により応募の間口が広い
  2. 電気工事士の高齢化が進んでいる

それぞれ解説します。

未経験者でも建築士に転職できる?方法やポイントなどを解説します

①人手不足により応募の間口が広い

電気工事士は、将来的な人材不足が懸念されています。

経済産業省が発表した調査では、第一種電気工事士は2045年に約2.4万人、第二種電気工事士は2040年に約2万人不足すると見られているのです。

出典:経済産業省 電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について

今や私たちの生活は電気なしには成り立ちません。

人材確保に向けて、転職の間口を広くしている企業も多いのです。

②電気工事士の高齢化が進んでいる

第一種電気工事士・第一種電気工事士ともに、保有者の高齢化も大きな問題です。

2015年度時点の第一種・第二種電気工事士の保有者は、多くが55歳前後という調査すらあります。

出典:経済産業省 電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について

30代という年齢は、まだまだ電気工事士のなかでは若い人材なのです。

電気工事士の仕事内容

次に、電気工事士の仕事内容をおさらいしてみましょう。

電気工事士は住宅や商業施設、工場にビル、さらには鉄道にいたるまでさまざまな電気設備の工事や保守・点検に携わるお仕事です。

あらゆる機械に囲まれている現代では、今や私たちの生活は電気なしには成り立たちません。

今当たり前のように使っている電気は、電気工事士が日々保守・点検に当たってくれているおかげなのです。

社会にとってなくてはならないお仕事の一つと言えますね!

鳶(とび)職と大工の違いとは?特徴や仕事内容の違いを分かりやすく解説!

電気工事士が活躍する現場4選

電気工事士が活躍する現場

そんな電気工事士ですが、どのような現場で活躍しているのでしょうか?

機械化が進んだ現代では、あらゆる現場で電気工事士が働いています。

ここではその一部をみてみましょう。

下に挙げるお仕事を見てください。

電気工事士が活躍する現場4選

  1. 建築電気工事
  2. 鉄道電気工事
  3. ビルメンテナンス
  4. サービスエンジニア

上から解説していきます。

舗装工事とはどんな工事?工事内容や費用の相場など詳しく解説します!

①建築電気工事

一般住宅やビル、工場などの室内配線に携わる現場です。

一般住宅の配線工事は、電源から各家庭の壁に専用のケーブルを取り付け、コンセントやスイッチといった機械に配線を施します。

ビルや工場の現場では設置はもちろん、配線の設計や加工、保守点検までを一貫しておこなうケースが大半です。

また、外線工事も重要なお仕事です。

街中で高所作業車をつかって電柱の配線作業をしている光景を見たことがある人もいることでしょう。

あれはまさに外線工事をしている最中で、電柱から各家庭や施設に配線を施し電気を使えるようにしているのです。

また、天災による電線トラブルが発生した際にも復旧作業に従事します。

さらに、エアコンなどの冷暖房設備の取り付けも主なお仕事の一つです。

エアコンの交換だけでなく、クリーニングもあわせておこないます。

②鉄道電気工事

毎日の通勤や旅行など、私たちの移動に欠かせない電車や鉄道も電気工事士の仕事が大きく関係しています。

「電車」の名前が示す通り、鉄道の運行には電気の力が欠かせません。

しかし、鉄道電気工事のお仕事は電車に関連する電力だけではなく、発電所や駅構内の作業にも携わります。

以下の4つの作業をみてみましょう。

発電・変電設備の電気工事・・・発電所や変電所の点検・運用をおこなう。大手鉄道会社は必要な電気の一部を自社発電しているケースもある。
架線工事・・・電車に装備されている「トロリ線」と呼ばれる装置に電気を流すための電気工事。あわせて、電車信号や指示灯の保守点検にも携わる。
通信設備工事・・・無線機やスピーカーといった通信機器の工事をおこなう。
駅構内の電気工事・・・駅構内の照明、冷暖房、切符販売機などさまざまな電気設備の設置や保守点検をおこなう。

普段何気なく利用している電車も、こうした多くの作業によって運行されているのです。

③ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは、その名の通りビルを安全・快適な利用環境を維持するための管理をおこなうお仕事です。

自動ドアやエレベーター、大型ボイラーなど、ビルが備えている設備は一般住宅と比較しても種類が多く大規模ですよね。

それらの設備を一貫して管理するのがビルメンテナンスです。

さまざまな機器の保守点検にあたるため、ボイラー技士や乙4(危険物取扱者乙種4類)など、電気工事関連以外の資格も活きてきます。

④サービスエンジニア

サービスエンジニアは、機械のトラブルが発生した時にクライアントの元へ出向き、修理や復旧などをおこなうお仕事です。

加えて、各種電気設備の導入・設置や配線などもおこないます。

電気設備に関する知識はもちろん、クライアントと円滑なやり取りをするためのコミュニケーションスキルも要求されるお仕事です。

さらにクライアント対応のお仕事のため、急な呼び出しや深夜の作業が発生しやすい側面もあります。

一方で、予期せぬ電気トラブルを解決してくれる非常に頼れる存在でもあります。

30代で電気工事士に転職する方法2選

30代で電気工事士に転職する方法

次に、30代で電気工事士に転職する具体的な方法を見ていきましょう。

おススメなのは、以下に挙げる2つのルートです。

30代で電気工事士に転職する方法2選

  1. ハローワークを利用する
  2. 転職エージェント・転職サイトを活用する

順番に解説します。

建築業界でホワイトな働き方をしたい方へ!〜オススメの職種や企業〜

①ハローワークを利用する

ハローワークのメリットは、「求職者支援制度」を利用できる点です。

「求職者支援制度」とは、転職や再就職、スキルアップを狙う人に向けた公的サービスの一つで、所定の条件を満たせば月10万円の給付金を受け取りつつ、無料の職業訓練や転職支援を受けられます。

電気工事士は無資格でも応募できる求人もありますが、転職後には「第二種電気工事士」の取得が必須です。

職業訓練を受講すれば転職前に第二種電気工事士の取得が可能なので、転職成功の確率も大きく上がります。

興味のある人は、お住まいの地域を管轄するハローワークに相談してみましょう。

②転職エージェント・転職サイトを活用する

転職エージェント・転職サイトを利用する大きなメリットは、時間や体力を大きく節約できる点です。

転職活動は働きながら進めるのがベストですが、忙しい合間を縫うのは難しいですよね。

転職サイトを利用すれば、自分の希望に合った求人を探しやすくスキマ時間を活用しやすいです。

また、転職エージェントであればプロの転職支援を受けられるので、より転職活動が効率的になりますよ!

電気工事士を目指す30代におススメの転職エージェント・転職サイト3選

上で解説した通り、30代で電気工事士に転職する上では転職支援サービスの活用が非常に有効です。
ここではぜひ活用したい転職サイト・転職エージェントを3つ紹介します。

ぜひ登録して、転職に役立ててください!

電気工事士を目指す30代におススメの転職エージェント・転職サイト3選

  1. GATEN職
  2. 建職バンク
  3. doda

また、転職支援サービスの活用法についてはこちらの記事でも詳しく解説しているので、初めて利用する人は目を通してみましょう。

転職の成功率を倍にする転職エージェント活用術

GATEN職

gaten職

  • GATEN職の特徴現場系のお仕事全般の求人を掲載している
  • 建築業界の求人だけで1,000件以上掲載されている
  • 正社員からアルバイトまで様々な雇用形態の求人を見つけられる
  • 希望条件を詳細まで絞って検索できる
  • 動画から求人を探すことができる

「GATEN職」は電気工事士をはじめ、俗にいう「ガテン系」のお仕事を専門にしている転職サイトです。

電気工事関連の求人だけでも500件以上のボリュームを誇り、詳細な条件設定での検索もできます。

加えて正社員以外にも、契約社員やアルバイトといった求人にも対応しているのでさまざまなライフスタイルに合ったお仕事をさがせますよ!

建職バンク

建職バンク

建職バンクの特徴は以下の通りです。

  • 建職バンクの特徴建設業界に特化した転職・求人サイト
  • 業界最大の求人数
  • 建設業のプロによるサポートがある
  • 履歴書作成や面接もサポートしてもらえる

経験者・未経験者問わずおススメなのが「建職バンク」です。

建築業界の求人に特化しており、なかでも電気工事関連の求人数が非常に充実しています。

建築業界を熟知した担当者から、心強いサポートを受けられるのも大きなメリットです。

未経験から電気工事士に転職する場合、こうしたプロのサポートは必須といえます。

手厚い支援を受けながら、電気工事士への転職を実現させましょう!

doda

dodaの特徴

  • 取り扱い求人数が約20万件
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

「doda」は転職支援サービスの大手として数々の転職支援実績を誇る転職エージェントです。

求人数も非常に豊富ですが、エージェントによる手厚いサポートにも定評があり、常に高い利用者満足度を維持しています。

専任のエージェントが丁寧にヒアリングをしてくれるので、自分にピッタリな電気工事士の求人を紹介してくれますよ!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

30代で電気工事士に転職するメリット3選

30代で電気工事士に転職するメリット3選

30代で電気工事士に転職するにあたっては、どういったメリットがあるのでしょうか?

転職しやすいことがわかっても、メリットが見えなければ転職する気は起きませんよね。

ここでは、30代が電気工事士に転職するメリットを3つに絞り、具体的に解説します。

30代で電気工事士に転職するメリット3選

  1. 学歴や経験に関係なく応募できる
  2. 需要が尽きない
  3. 多様な分野で活躍できる

転職を迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

30代高卒でも転職はできる!転職成功の方法とオススメの転職エージェント

①学歴や経験に関係なく応募できる

電気工事士への転職シーンでは、学歴や経験があまり重視されません。

厚生労働省が運営する職業情報サイトでは、高卒から電気工事士のキャリアをスタートした人が全体の半数以上を占めています。

出典:厚生労働省 job tag 電気工事士

医師や臨床心理士など大卒以上の学歴が必須な職業がある一方で、電気工事士は学歴が重視されることはありません。

中には中卒で電気工事士の道に進んだ人もいます。

学歴に自信がない場合でも、安心して転職できますよ!

②需要が尽きない

今や私たちは、電気なしの生活は考えられません。

スマートフォンの充電やテレビ、テーマパークのアトラクションや電車など、あらゆるものに電力が必要です。

当然、電気工事のプロフェッショナルである電気工事士の需要も非常に高いです。

さらに記事の冒頭でも解説した通り、電気工事士は将来深刻な人手不足に陥る懸念があります。

こうした背景から、たとえ未経験であっても成長性に期待して採用する企業も少なくありません。

③多様な分野で活躍できる

現在私たちはさまざまな機械に囲まれて生活しています。

したがって、電気工事士が活躍できる分野も多種多様です。

テーマパークのアトラクションやコンサートの電気設備といった娯楽から、病院の医療機器や電車といった生活に欠かせないものまで、ありとあらゆる設備に電力が使われています。

近年では防犯意識の高まりもあって、防犯カメラの設置も増えてきています。

また将来再生エネルギーの導入が進めば、関連する新たな現場作業も増えることでしょう。

このように、私たちが普段当たり前のように使っている電気の裏には、必ず電気工事士の活躍があるのです。

十分なキャリアを積めば、より待遇の良い電気工事会社への転職も夢ではありません。

30代で電気工事士に転職するデメリット4選

30代で電気工事士に転職するデメリット

上では30代で電気工事士に転職するメリットを解説しました。

次はデメリットにも目を向けてみましょう。

ここでは、主なデメリットを4つに絞って解説します。

30代で電気工事士に転職するデメリット4選

  1. 先輩が年下の可能性がある
  2. 作業を覚えるのが大変
  3. 収入が減る恐れがある
  4. 体力面でキツイ

メリットばかりではなくデメリットにも着目することは、転職活動の基本です。

しっかり確認してくださいね!

施工管理の転職理由に多いもの10選~転職先選びのポイントも解説します~

①先輩が年下の可能性がある

電気工事士は学歴格差が少ない分、早くからキャリアをスタートしている人も多いです。

先ほども解説した通り、電気工事士の多くは高卒からキャリアをスタートしています。

20代で既に一人前の電気工事士に成長している人も少なくありません。

そのため30代で転職した場合、年下の先輩社員から指導を受ける可能性もあるのです。

この記事を読んでいる人の中には、後輩や部下を持ったりプロジェクトリーダーを務めたりといった経験がある人もいることでしょう。

年下の先輩から作業を受けることに抵抗がある場合は注意が必要です。

応募にあたっては、職場の平均年齢を調べておくことをおススメします。

②作業を覚えるのが大変

未経験で電気工事士に転職した場合、専門的な技術や知識を身につけるには時間がかかるうえ、職場ごとにお仕事の内容は変わります。

また、仕事が立て込んでいる時期には、先輩から十分な指導を受けられない可能性も十分にあるのです。

専門性の高いお仕事である以上、未経験からの転職は作業の難解さに戸惑うケースも少なくありません。

さらに取得が義務付けられる「第二種電気工事士」の試験内容には、「オームの法則」や「合成抵抗」といった理数系の問題が多く出されます。

数学に抵抗がある場合は、資格勉強と作業の習得の並行がより難しくなることも…。

未経験の30代が電気工事士に転職した際には、自分なりの作業習得術を模索する必要があります。

③収入が減る恐れがある

30代にもなると、入社当時よりも年収が大幅にあがっているケースがほとんどです。

しかし、電気工事士への転職直後は見習い期間からの再スタートになります。

当然ベテランの電気工事士と同額の収入は得られません。

転職先の待遇はもちろん、当面の生活費などもしっかり計算しておきましょう!

④体力面でキツイ

電気工事士は知識はもちろん、体力も必要なお仕事です。

例えばエアコンの取り付け作業の場合、取付作業中にうっかりエアコンを落としてしまわないよう細心の注意をはらわなければなりません。

重いエアコンを慎重に取り扱うには、相応の体力が必要です。

エアコンの取り付けが立て込む真夏や真冬は何件もの作業をこなさなければならないため、より多くの体力を消費します。

鉄道電気工事の現場も楽なお仕事ではありません。

鉄道電気工事は電車が運航しない夜間に多くおこなわれますが、始発までに工事を完了させるために重い資材などを素早く処理する必要があるのです。

加えて、真夏の外作業も消耗が激しいです。

危険を伴う作業なので、たとえ猛暑日であっても薄着での作業は許されません。

熱中症対策も重要なお仕事の一つといえます。

体力面に自信がない人は、応募前に企業の業務内容をよく確認してください。

「第一種電気工事士」と「第二種電気工事士」

電気工事士の資格にはそれぞれ「第一種」と「第二種」があります。

30代で転職する上では、これらの違いをしっかりと理解しなければなりません。

以下に、「第一種電気工事士」と「第二種電気工事士」の主な違いをまとめました。

参考にしてください。

「電気工事士」第一種と二種の違い

電気工事士はまず第二種を取得してから第一種へ挑戦するのが一般的ですが、第二種取得直後に第一種の資格勉強を始めるのがおススメです。

第二種を取得してから時間が空くと、せっかく身につけた知識の記憶が薄れてしまいますよ!

また、こちらの記事では関連資格である「電気通信工事施工管理技士」について詳しく解説しています。

ぜひ参照してください。

電気通信工事施工管理技士の難易度は?資格取得のメリットも解説

30代で電気工事士を目指すうえで押さえたいQ&A4選

最後に、30代で電気工事士を目指すうえで押さえるべき点をQ&A形式で解説します。

まえもってしっかりと押さえておくことで、さらに電気工事士への理解を深めましょう!

30代で電気工事士を目指すうえで押さえたいQ&A4選

  • 電気工事士の年収は?
  • 電気工事士に向いている人は?
  • 電気工事士に求められるスキルは?
  • 電気工事士の面接を突破するコツは?

上から解説します。

土木施工管理技士とは?気になる仕事内容や年収・必要な資格を解説!

Q.電気工事士の年収は?

A.全体の平均年収は約511万円です。

出典:厚生労働省 job tag 電気工事士

経験や資格の有無によって収入は変わってくるので、より高年収を目指す場合は関連資格の取得を目指しましょう。

また鉄道電気工事は夜間の作業が多いため、夜勤手当による高年収が狙えるお仕事です。

こちらの記事では、電気主任技術者の年収を詳しく解説しています。

あわせて確認しましょう。

電気通信主任技術者の平均年収はいくら?仕事内容や資格の難易度を解説

Q.電気工事士に向いている人は?

A.細かな作業が得意な人や勉強が好きな人などが向いています。

電気工事は細かな配線作業や精密な道具の扱いが欠かせません。

そのため、手先が器用だったりのづくりが好きだったりする人は、ストレスを感じることも少ないでしょう。

また、電気工事士として働くうえでは資格の取得が大前提です。

資格勉強が苦でない場合は、より大きな活躍が期待できますよ!

また、現場監督経験も多くの企業で歓迎されます。

電気工事士の資格を持っていても、誰もが現場監督を務められるわけではありません。

現場監督として活躍した経験があれば、選考が非常に有利になります。

建築業界に向いている人についてはこちらの記事を参照してください。

建築業界に向いている人とは?建築業界でもとめられるスキルや仕事内容

Q.電気工事士に求められるスキルは?

A.コミュニケーションスキルや体力が求められます。

建築現場や鉄道工事のお仕事は、さまざまな業種の人間とのチームワークが欠かせません。

工事を滞りなく進めるためにも、高いコミュニケーション能力は必須といえます。

特に、サービスエンジニアのようにクライアントと直接やり取りするお仕事ではより重要な能力です。

さらに、ある程度の体力も欠かせません。

真夏の現場や時間に追われる鉄道電気工事の現場は多くの体力を消耗します。

作業中に何度もへばってしまうと周りとの連携が取れずに、結局足手まといになってしまうことも…。

アスリート並みの体力までは求められないものの、平均以上の体力は備えておきたいところです。

電気工事士の面接を突破するコツは?

A.事前の「第二種電気工事士」の取得がおススメです。

電気工事士は無資格・未経験でも応募できる求人が見つかりやすいお仕事です。

一方で、資格がある人が優遇される点も忘れてはいけません。

資格を取得しておけば即戦力としての活躍が期待されるだけでなく、30代を迎えてから電気工事士へ転職する意欲を汲み取ってもらいやすいです。

誰でも受験可能な資格なので、余裕がある人は転職前の取得をおススメします。

まとめ~30代でも十分電気工事士に転職できる!~

この記事では30代で電気工事士に転職したい人に向けて、具体的な転職方法やおススメの転職支援サービスの紹介など、役立つ情報をいろいろと解説してきました。

電気工事士の転職は、30代でも十分に可能です。

事前に「第二種電気工事士」を取得しておけば、転職成功の確立がさらにあがります。

一方で、体力が必要だったり収入が減る恐れがあったりと、注意すべき点があるのも事実です。

転職しやすい点だけに着目せず、注意点にもしっかりと目を向けてください。

また転職活動を有利に進めるには、転職サイト・転職エージェントの活用が非常に有効です。

この記事で紹介した転職支援サービスの利用も、ぜひ検討してください。

おすすめ転職エージェントの比較ランキング!【2023年最新版】

転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
求人数が多い転職エージェント! 初めての転職でも安心して利用できる!
20代に人気の転職エージェント「マイナビエージェント」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
20代に人気の転職エージェント! キャリアアドバイザーの丁寧なサポートを受けたい人向け。
年収600万以上の求人に転職するなら「ビズリーチ」
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
市場価値を高める転職ができる。 キャリアアップを目指したい方向けの転職エージェント!
タイトルとURLをコピーしました